WordPressをバックアップするとき使うプラグイン

HTMLで記述しているWEBサイトでは一般的にローカルPCでページを作成しFTPソフトを使ってWEBサーバにアップロードするので自然とローカルPCにコンテンツが残っていますが、WordPressはWEBサーバ上で編集するためバックアップがありません。また、WordPressはWEBサーバ上に専用のフォルダが形成されテーマやプラグインが格納され、SQLデータベース連携されます。そのためフォルダとデータベースをバックアップすることが必要です。バックアップをする方法としてはWordPressはプラグインを利用する、手動でデータベースやフォルダを操作するなどがあり、サイトのボリュームや更新頻度などで決めることが望ましいといえます。

バックアップ用プラグイン

BackWPup

BackWPup は自動で定期的にWordPrssのバックアップを取ってくれるプラグインです。このプラグインをインストールすればサイトのバックアップをとることができます。HTMLで記述しているWEBサイトでは一般的にローカルPCでページを作成しFTPソフトを使ってWEBサーバにアップロードするので自然とローカルPCにコンテンツが残っていますが、WordPressはWEBサーバ上で編集するためバックアップがありません。

>>続きを読む

UpdraftPlus

UpdraftPlus はワンクリックでバックアップや復元ができます。バックアップの保存先として自サーバーの他に、Dropbox、Google ドライブ、Amazon S3 、UpdraftVault、FTP、メールなどのクラウドに保存できます。

バックアッププラグインには、「BackWPup」や「Duplicator」等がありますが、「UpdraftPlusは」ワンクリックでバックアップや復元ができるので特にお勧めしたいです。

>>続きを読む

Duplicator

Duplicator は、WordPressのサイトを丸ごとコピーしてバックアップできます。サイトを移行する場合などに、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOKです。Duplicator は、サイトを丸ごとコピーしてバックアップできます。サイトを移行する場合などに、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOKです。

>>続きを読む