プラグイン

サイトのバックアップができるWordPressプラグイン

投稿日:2018年3月24日 更新日:

WordPressのサイトを運用する上でとても重要なことです。プラグインをインストールしている場合など更新時にエラーをおこしてしまうこともあります。何時、WEBサーバーやデーターベースサーバーが壊れてしまうかわかりません。また、操作を誤ってしまうことだって十分あります。定期的にWordPressのバックアップをするようにしましょう。

サイトのバックアップができるWordPressプラグイン

HTMLで記述しているWEBサイトでは一般的にローカルPCでページを作成しFTPソフトを使ってWEBサーバにアップロードするので自然とローカルPCにコンテンツが残っていますが、WordPressはWEBサーバ上で編集するためバックアップがありません。また、WordPressはWEBサーバ上に専用のフォルダが形成されテーマやプラグインが格納され、SQLデータベース連携されます。そのためフォルダとデータベースをバックアップすることが必要です。

バックアップをする方法としてはWordPressはプラグインを利用する、手動でデータベースやフォルダを操作するなどがあり、サイトのボリュームや更新頻度などで決めることが望ましいといえます。

「BackWPup」(プラグイン)

「BackWPup」は自動で定期的にWordPrssのバックアップを取ってくれるプラグインです。「BackWPup」をインストールすればサイトのバックアップをとることができます。そこで、自動で定期的にバックアップしてくれるプラグインでトラブルに備えておきましょう。バックアップの注意点は、容量が大きすぎると、処理に時間がかかり、制限に引っかかって、タイムアウトエラーになってしまう事があります。


「BackWPup」は自動で定期的にWordPrssのバックアップを取ってくれます。

  • BackWPup
  • 自動で定期的にWordPrssのバックアップを取ってくれる
  • http://wordpress.org/plugins/backwpup/ 【BackWPup / WordPress.org】
  • ライセンス → 無償、有償有り
  • インストールの方法は → ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → BackWPupで検索 → インストール → 有効化

BackWPupの使い方

「BackWPup」のバックアップは使用にあたって制限事項と注意点があります。

  • WordPress 3.2 以上
  • DBバックアップ機能を利用する場合:PHP 5.3.3 以上 + MySQLi が必須。(機能を利用しない場合は、PHP 5.2.6 以上)
  • レンタルサーバーのCPU占有率の制限や、PHPの最大実行時間の制限を考慮する
  • 容量が大きすぎると、処理に時間がかかり、制限に引っかかって、タイムアウトエラーになってしまう事を考慮する

バックアップの保存先

バックアップファイルの保存先は下記から選択することができます。

  • メール(バックアップファイルが大きなるとエラーになります)
  • FTPサーバ(WordPressインストールフォルダ内)にバックアップできる
  • クラウドサービスにバックアップできる

バックアップの復元

「BackWPup」には復元の機能は未だ実装されていません、手動で復元することになります。事前に「データベース」と「サーバ上のファイル」をダウンロードしておきます。あとは以下のステップで作業します。

  • サーバ上のファイルを復元(バックアップファイルを解凍後、FTPソフトを使ってアップロードします)
  • データベースの復元(データベースのインポート)

「WordPress Importer」(プラグイン)

「WordPress Importer」は、記事をXML形式でインポートすることができるプラグインです。サイトの移行時に利用するものですがバックアップなどにも利用できる便利なプラグインです。管理画面のツールにはこのプラグインへのリンクがあります。インポートすることができるのは記事のテキストデータですが、インポート添付ファイルオプションを設定することで、画像等の添付ファイルをインポートすることができます。プラグインやテーマなどは手動で移行することになります。

「WordPress Importer」をインストールすると、記事をXML形式でWordpressにインポートすることができるようになります。サイトの移行やバックアップなどに利用できる便利なプラグインです。管理画面のツールにはこのプラグインへのリンクがあります。インポートすることができるのは記事のテキストデータですが、インポート添付ファイルオプションを設定することで、画像等の添付ファイルをインポートすることができます。プラグインやテーマなどは手動で移行することになります。

  • WordPress Importer
  • エクスポートしたXMLファイルをインポートする
  • https://wordpress.org/plugins/wordpress-importer/
  • ライセンス → 無償
  • インストールの方法は → ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → WordPress Importerで検索 → インストール → 有効化

WordPress Importerの使い方

あらかじめエクスポートしておいたファイルをインポートするには、ダッシュボード → ツール → インポート とすすみ、ファイルを選択します。

WordPressエクスポートファイルからから以下のようなコンテンツをインポートすることができます。

  • 投稿・固定ページ・カスタム投稿
  • コメント
  • カスタムフィールドとポストメタ
  • カスタムタクソノミーからカテゴリー、タグ

その他のインポート

WordPressのデータ以外にも以下のデータをインポートすることができます。

  • Blogger → Blogger ブログから投稿やコメント、ユーザーをインポート
  • LiveJournal → LiveJournal から API を利用して投稿をインポート
  • Movable Type と TypePad → Movable Type または TypePad ブログから投稿とコメントをインポート
  • RSS → RSS フィードから投稿をインポート
  • Tumblr → Tumblr から API を利用して投稿とメディアファイルをインポート

「Duplicator」(プラグイン)

「Duplicator」は、WordPressのサイトを丸ごとコピーできるプラグインです。サイトを移行する場合などに、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOK、移行元サイトのファイルやデータをひとまとめにして丸ごと新しい環境にコピーしてくれます。プラグインを使用しないで手作業で移行を行うとすると、WEBサーバやSQLに関するスキルを必要とし大変なのですが、このプラグインで作業負担を軽減することができます。

「Duplicator」は、サイトのすべてのプラグイン、テーマ、コンテンツ、データベース、WordPressファイルをパッケージと呼ばれる簡単なzipファイルにまとめたパッケージを作成します。

Duplicator – WordPress Migration Plugin

  • Duplicator
  • サイトを丸ごとコピーして移転する
  • ダッシュボード → 英語表記
  • 公式サイト → https://wordpress.org/plugins/duplicator/
  • ライセンス → 無償
  • 必須WordPressバージョン → 4.0
  • 検証済みバージョン → 4.8.3
  • 言語 → 15ケ国語
  • アクティブダウンロード数 → 1億
  • ドメインやホスト間でWordPressサイトを移行できる
  • バックアップとしても利用できる
  • インストールの方法は → ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → Duplicatorで検索 → インストール → 有効化

Duplicatorの使い方

Duplicatorを有効化した後、パッケージを作成します。パッケージは「インストーラ」と「アーカイブ」がパックになっています。インストーラは新たな環境にWordPressをインストールするために使います。

Duplicatorのパッケージの作成は以下の3ステップ

  • Setup
  • Scan
  • Build

All Packegesをクリックしてダウンロード画面進み、Installer,Archiveをダウンロードします。

ダウンロードしたinstaller.phpとXXXX.zipをFTP等で移転先のサーバにアップロードして、ブラウザから「htpp://ドメイン/install.php」でインストーラを起動します。

[su_box title=”Duplicatorの注意点”]

  • Duplicatorは小規模サイトのデータ移転向き、大規模サイトの場合エラーが発生する場合があります。
  • Duplicatorはサーバ負荷が大きくなるため、レンタルサーバによっては動作しない場合もあります

※Duplicatorはサイト移転時には便利なプラグインですが、少し不安定な面もあります。ご利用時はバックアップなどで備えてから作業することを忘れないでください。
[/su_box]

コラム

エス・ティ・セブン有限会社
サイトをご覧頂きありがとうございます。WordPressのプラグインとテーマをメインに情報をご提供しています。

〒780-0060
高知県南国市蛍ケ丘1-1
TEL:088-855-3531


サイトのバックアップができるWordPressプラグイン

WordPress Importer(WordPressプラグイン)はデータをインポートできる

プラグイン「WordPress Importer」は、記事をXML形式でインポートすることができます。サイトの移行やバックアップ…

サイトのバックアップができるWordPressプラグイン

BackWPup(WordPressプラグイン)は自動でバックアップしてくれる

BackWPupは自動でバックアップできるプラグインです。WordPressでサイトを運用する上で、BackWPupを使ったバックアップはとても重要なことです。

サイトのバックアップができるWordPressプラグイン

Duplicator(WordPressプラグイン)はサイトを丸ごとコピーできる

Duplicatorは、WordPressのサイトを丸ごとコピーできるプラグインです。サイトを移行する場合などに、Duplicatorは、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOK

-プラグイン

執筆者:

関連記事

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)のGoogle設定方法

All in One SEO Packプラグインの「Google設定」ではGoogle+デフォルトプロフィールやその他Googleとの連携に関連することを設定をすることができます。 All in On …

Heatmap UserHeat(WordPressプラグイン)はユーザーのマウスの動きを可視化する

Heatmap UserHeatは、ユーザーのマウスの動を色の濃さで表現することにより、ユーザー心理をサイト上に可視化できるようにしたものです。Heatmap UserHeatによるWeb解析の特徴は …

Admin Columns(WordPressプラグイン)はダッシュボードのカラムを並び替える

Admin Columnsは記事の一覧表示をカスタマイズできるプラグインです。Admin ColumnsはWordPressの固定ページや投稿の一覧表示画面でカラムの幅を変更したり、デフォルト以外の項 …

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)のコンテンツ(ショートコード)の使い方

「Shotcodes Ultimate」のコンテンツグループには、見出し、仕切り、スペーサー、ハイライト、ラベル、DropCap、フレーム、テーブル、パーマリンク、Rss Feed、ダミーテキスト、ダ …

KB Robots.txt(WordPressプラグイン)はrobots.txtを編集できる

「KB Robots.txt」は検索エンジン用のrobots.txtを作成するプラグインです。robots.txtは検索エンジンのクローラーのページへのアクセスを制限(アクセスを許可/許可しない)する …