「Cocoon」は無料、SEO、高速化、モバイルフレンドリーなWordPressテーマ

更新日:

Cocoon(コクーン)はシンプルな100%GPLのテーマです。SEO、高速化、モバイルフレンドリーに最適化されています。Cocoon(コクーン)はアフェリエイトに適したテーマといえ、広告を貼ることに注力されているWordPress無料テーマです。Cocoon(コクーン)はシンプルなテーマになっています。

Cocoon

「Cocoon」は無料、SEO、高速化、モバイルフレンドリーなWordPressテーマ

Cocoon

  • Cocoon
  • レスポンシブデザイン
  • Cocoon【公式サイト】
  • SEO対策対応
  • ページ高速化対応
  • モバイルフレンドリー
  • AMP対応

「Cocoon」のカスタマイザー

カスタマイズできる項目は下記のようになっています。

サイト基本情報
  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
背景画像 背景画像を指定
メニュー MENU1と2がありメニューの位置を指定できます。
ホームページ設定 最新の投稿か固定ページを指定

「Cocoon」のウィジェット

ウィジェットは非常に細かく配置できるようになっています。

  • サイドバー
  • サイドバースクロール追従
  • メインカラムスクロール追従
  • 投稿タイトル上
  • 投稿タイトル下
  • 投稿本文上
  • 投稿本文中
  • 投稿本文下
  • 投稿関連記事下
  • 投稿コメントフォーム下
  • 固定ページ本文上
  • 固定ページ本文中
  • 固定ページ本文下
  • 固定ページSNSボタン上
  • 固定ページSNSボタン下
  • インデックスリストトップ
  • インデックスリストミドル
  • インデックスリストボトム
  • コンテンツ上部
  • コンテンツ下部
  • フッター左
  • フッター中
  • フッター右
  • フッター(モバイル用)
  • 404ページ

「Cocoon」の設定

スキン なし、アクア、グリーンなどからスキンを選択
表示スキン 全てのスキンを表示、親テーマのスキンのみ表示、子テーマのスキンのみ表示から選択できる

「Cocoon」投稿の編集ボタン

タグを使用するのと同じようにボタンをクリックして、文字を入力し終了タグボタンをクリックすると下図のような装飾が簡単にできてしまいます。

「Cocoon」のSEO設定

SEOにこだわる方にはSEO設定があります。「SEOタイトル」「メタディスクリプション」「メタキーワード」「メタキーワード」「noindexとnoffolow」を設定することができます。

  • 「SEOタイトル」は投稿タイトルと検索結果に表示されるタイトルを違うものにしたい時に利用します。
  • 「メタディスクリプション」はページの要約を入力します。入力しなくても問題ありません。Googleが適切に処理してくれます。
  • 「メタキーワード」はGoogleは無視しているので入力してもあまり効果はありません。こちらも入力しなくて問題ありません
  • 「noindexとnoffolow」は必要な場合は設定しましょう。

※今ではこのSEO設定にとらわれずコンテンツの内容にちからを注ぐ方が集客に効果的になっています。過去の情報に固執することなく今のSEOに取り組みましょう。

※テーマ利用時の留意点

無料テーマを利用すればコスト削減になることは大きなメリットかもしれません。しかしデザインレイアウトが過去のものだったり、編集操作やカスタマイズがしづらいこともあります。また、無料テーマの多くがサポートがありませんので、なにかあっても自力で解決する必要があります。利用を考える場合は、一度ダウンロードをして予定のコンテンツを

「Cocoon」のインストール

インストールするには事前にテーマ配布元サイトからZIP形式のテーマをダウンロードし、ダッシュボードより、外観 → テーマ → 新規追加 → テーマのアップロード → ファイルと進み、ZIP形式のテーマファイルを選択しインストールを開始します。

「Cocoon」で使いたいプラグイン

WordPressテーマの着せ替え

比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

有料テーマのメリット

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

WordPressのデメリット

WordPressは世界的にも高いシェアを持っていますが、やはりデメリットもあります。

  • 静的サイトに比べ表示速度が遅い
  • セキュリティに弱い:シェアが大きいからこそハッカーの標的になりやすい
  • エラーが起きやすい:プラグインなどの互換性に注意が必要
  • サポートがない:無料で使えるためサポートデスクがない

-テーマ
-, ,

Copyright© WordPreeの使い方 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.