Coffeeisle(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット

Coffeeisleはオンラインショップやブログのための上品なWordPressテーマです。斜めのポスト形状、およびスライドアウトメニューを提供する美しく、ユニークなインターフェースを持っています。店舗セクションは同じデザインライン、各商品は見栄えの良い斜めの形で表示されます。eコマース(WooCommerce)を念頭に置い構築されているため、デフォルトのテンプレートよりも気に入った場合に備えて、サイトで使用できる代替のショップページが付属しています。機能に関しては、CoffeeIsleはレスポンシブ、WPML対応、SEOフレンドリー、そしてカスタマイズが簡単です。ソーシャルアイコン、カスタムフォント、ビデオ投稿フォーマット、そして複数の配色もあります。3つの異なる色を同時に使用して美しいコントラストを作成できます。

Coffeeisle

カスタマイズ

一般
  • 自動レスポンシブ動画の埋め込みを無効化
  • ヘッダーの検索フォームを切り替える
  • メニュー開閉ボタンを指定した文字に置き換える
ヘッダー
  • パディングをpxで指定
  • ※PRO版はスライダーが可能
ブログ設定
  • 抜粋の長さ(文字数で指定)
  • トップページの日付 / 著者 / アーカイブを非表示にする
  • 個別投稿ページの日付 / 著者 / アーカイブを非表示にする
  • 続きを読むボタンを非表示にする
  • ヘッダー画像をトップページ・アーカイブページで非表示にする
  • ヘッダー画像を個別ページで非表示にする
フォント
  • 全体のフォント(フォント名で指定)
  • 見出しフォント(フォント名で指定)
  • フォントサイズ(H1 ~ h6,全体サイズ)
サイト基本情報 サイトのタイトルとキャッチフレーズを設定+ロゴのスタイル、サイトアイコン
色を選択
  • メインカラー
  • サイトのタイトル
  • サイトの説明
  • 全体のテキスト
  • 記事のタイトル
  • 投稿メタデータ
  • サイドバーの背景色
  • フッター
  • SNSカラー

カスタマイズの手順

カスタマイズするには下記の手順で行います。

  1. WEBサイトの構成を考える (※注1)
  2. 不要な機能を削除する
  3. 必要な拡張機能(プラグイン)を追加する
  4. グローバルナビゲーションやサイドメニューを作る
  5. TOPページを作る
  6. 会社案内ページを作る
  7. 事業内容ページを作る
  8. お知らせや、ブログ(製品やサービスをカテゴリーに構成する)を設置する

※ 注1)固定ページ・投稿ページのコンテンツを書き出す。そしてカテゴリーやタグを振り分ける。などの設計書・制作ガイドラインを作成しておくと作業をスムースに進めることができ、修正が発生しても最小限の工程で完結できるようになります。

ウィジェット

Coffeeisleのウイジェットエリアは以下のようになっています。

  • Single Sidebar
  • サイドバー

ウィジェットとは記事一覧やコンテンツなどの機能を持ったプログラムのこと。ヘッダーやサイドバー、フッターなどのウィジェットエリアと呼ばれる場所に配置されます。検索ボックスやメニュー、カテゴリやタグ、最新の記事、カレンダーなどの機能をドラッグ&ドロップで簡単に実現できます。

インストール

インストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → プラグイン名で検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。ご利用の環境によってはインストールできないことやエラーになることもあります。

テーマ最近の記事

Wellington(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット

Wellington (ウエリントン) はきれいでシンプルなマガジン WordPress テーマで、美しいタイポグラフィーと微妙な色合いが特徴です。テーマには、2つの異なる投稿レイアウト、おすすめ投稿スライダー、およびカスタマイズツールの思いやりのあるテー…

Twenty Sixteen(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット

Twenty Sixteenは、ブログとウェブサイト用に完全に動作するWordPressテーマです。美しいデフォルトカラースキームのカラーオプション、モバイルファーストのアプローチによる調和した柔軟なグリッド、細部にまで非の打ち所がない上品さを備えています…

Godios(WordPressテーマ) Settingを解説

Godios は、高速表示を重視したWordPressテーマです。「非同期画面遷移で体感ページ遷移速度を限りなく0秒に近づける」とコメントされています。2019年4月29日より有料化されています。この記事は有料化される前のバージョン1.2.0をもとに書いた…

Blossom Speaker(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット

Blossom Speakerは、Blossom Coachの無料のWordPressテーマの無料の子テーマで、やる気を起こさせるスピーカー、ライフコーチ、ヘルスコーチ、メンター、インフルエンサー、セラピスト向けのWebサイトを作成するためのものです。コー…


【スポンサードリンク】

格安ドメイン名取得サービス【エックスドメイン】

NTTグループの軽くて速い次世代セキュリティソフト【マイセキュア】

月額料金初月無料!最大23,000円キャッシュバック!【楽天ひかり】

格安SIM/スマホ【BIGLOBEモバイル】


関連記事

  • 2017年12月14日 BizVektor(WordPressテーマ)は企業サイト向き(無料で利用できる) BizVektorは企業サイトにも無償で利用できるWordPressの無料テーマです。BizVektorは「お知らせ」がカスタム投稿として最初から用意されているので、会社案内や製品やサービス案内ページに画像を張りつけて説明を入力すれば、デザインをしなくても企業のホームページとしてすぐに通用する汎用性の高いテーマです。 BizVektor BizVektor […] Posted in テーマ, WordPress
  • 2019年7月6日 Stinger 8 (WordPressテーマ)の編集ボタン(テキストモード)を解説 Stinger 8 テキストモードのデフォルトでは数多くのボタンが装備されています。一般的な記事を書くには十分な装飾ができると思います。もっとボタンを追加したい場合は、プラグインAdd Quick Tagを利用されるとよいでしょう。 Stinger 8 Stinger 8 ENJI ワードプレス非公認 […] Posted in テーマ, WordPress
  • 2019年6月26日 BizVektor Global Edition(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット BizVektor Global Editionは無料テーマとして配布されているBizVektorの公式バージョンです。公式テーマ登録のためにダウンロード版の機能がカットされていますが、通常のサイトなら十分です。 BizVektor Global Edition BizVektor Global Edition […] Posted in テーマ, WordPress
  • 2019年6月12日 Stinger 8(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット 「Stinger(スティンガー)」はブロガーやアフィリエイターから幅広く支持されているWordPressの無料テーマです。シンプルなデザインはブログとして利用でき、編集画面も便利なボタンが数多く実装されています。情報コンテンツ(文章)主力でいくなら、日本生まれなので日本語表示もしっくりとマッチしていることでお勧めです、また、企業のブログでも大いに力を発揮してくれるテーマと言え […] Posted in テーマ, WordPress
  • 2019年5月27日 Stinger PLUS2(WordPressテーマ)の管理から「サイト全体の設定」を解説 Stinger PLUS2の管理を利用するには、ダッシュボード → STEINGER+2 管理 と進みます。設定できるのは以下のような内容になっています。 Stinger PLUS2 Stinger ENJI ワードプレス非公認 レイアウトレスポンシブデザイン(スマートフォン対応) WordPress 4.3.1以上 […] Posted in テーマ, WordPress
  • 2019年5月27日 Stinger PLUS2(WordPressテーマ)の管理機能を解説 Stinger PLUS2の管理機能を解説しています。デフォルトでは、ダッシュボード → 外観 → カスタマイズ で設定する以外にもSTEINGER+2 管理があります。設定できるのは、サイト全体の設定、トップページの設定、投稿・固定記事設定、ヘッダー画像、メニュー設定他と多機能な設定が可能になっています。 Stinger PLUS2 […] Posted in テーマ, WordPress
  • 2019年4月26日 Simplicity2(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット Simplicity2はその名のとおりシンプルなデザインになっているテーマです。文字情報でユーザーを引き付けることができることができます。シンプルなデザインは文字数が多くなる傾向がありSEOにも効果的なことが挙げられますが、シンプルなだけにセンスが必要だとも言えます。Simplicity2はSEOをしたい方に便利なSEO設定が編集時に行えるようになっています。SEOはAll […] Posted in テーマ, WordPress