ネットショップはインターネット上にお店をかまえ商品を販売するものです。ネットショップは実店舗と比較すると格段にローコストで展開することができます。

ネットショップとは

ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。ネットショップを開業するには大雑把にいって次のステップになります。1.インターネット接続環境を整える。2.レンタルサーバーを準備する。3.ネットショップのデザインや会計システムを構築。4.集客をする。

【メリット】

  1. 販売エリアが広がる
  2. 開店するためのコストが低い
  3. 24時間営業できる

【デメリット】

  1. 集客が難しい
  2. 価格競争になることがある
  3. 顧客の固定化が難しい

ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。ネットショップを開業するには大雑把にいって次のステップになります。1.インターネット接続環境を整える。2.レンタルサーバーを準備する。3.ネットショップのデザインや会計システムを構築。4.集客をする。

ネットショップで使いたいショッピングカート

WELCARTはWordPress専用のショッピングカートで、プラグインを追加するだけで無料で簡単にネットショップを始められます。ログインや管理画面がWordPressと共通なので、運営者の負担も少なく管理が可能です。

注意点は、顧客データの管理ができないため、新規顧客獲得 / 既存顧客育成(CRM)の施策を打つのは非常に難しいです。また、セキュリティ面における脆弱性にも懸念があり、個人情報や決済情報などを扱うEC事業者にとっては大きなリスクといえます。もし長期的な運用や売上拡大を狙うのであれば、採用するかは慎重に検討することをおすすめします。