E-Commerce(WordPressテーマ)でネットショップ

E-Commerceは、Eコマースは、キャッチテーマによるシンプルでクリーンで応答性の高いeコマースWordPressテーマです。特に人気のあるeコマースプラグイン「WooCommerce」で動作するように設計されています。レスポンシブWebデザインに基づいており、すべてのデバイスとプラットフォームで完全に表示されるように各要素が慎重に構成されています。

E-Commerce

テーマは、ミニマルでモダンな外観を提供し、あなたのeコマースストアを際立たせます。美しく、しかもプロフェッショナルなeコマースWordPressストアをすぐに作成しましょう!

カスタマイズ

カスタマイズ内容は以下の表のようになっています。

サイト基本情報
  1. サイトのタイトル
  2. キャッチフレーズ
色を指定できる
ヘッダー画像 画像を指定できる(1440×618推奨)。
背景画像 画像を選択
メニュー 2ケ所
ホームページ設定 トップページを最新の投稿か固定ページにする

カスタマイズの手順

カスタマイズするには下記の手順で行います。

  1. WEBサイトの構成を考える (※注1)
  2. 不要な機能を削除する
  3. 必要な拡張機能(プラグイン)を追加する
  4. グローバルナビゲーションやサイドメニューを作る
  5. TOPページを作る
  6. 会社案内ページを作る
  7. 事業内容ページを作る
  8. お知らせや、ブログ(製品やサービスをカテゴリーに構成する)を設置する

※ 注1)固定ページ・投稿ページのコンテンツを書き出す。そしてカテゴリーやタグを振り分ける。などの設計書・制作ガイドラインを作成しておくと作業をスムースに進めることができ、修正が発生しても最小限の工程で完結できるようになります。

インストール

インストールするにはダッシュボードから外観 → テーマ → 新規追加 → テーマ名で検索しインストールを開始します。

テーマの着せ替え

WordPressのテーマは比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。テーマを変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

テーマ最近の記事

Wellington(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット

Wellington (ウエリントン) はきれいでシンプルなマガジン WordPress テーマで、美しいタイポグラフィーと微妙な色合いが特徴です。テーマには、2つの異なる投稿レイアウト、おすすめ投稿スライダー、およびカスタマイズツールの思いやりのあるテー…

Twenty Sixteen(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット

Twenty Sixteenは、ブログとウェブサイト用に完全に動作するWordPressテーマです。美しいデフォルトカラースキームのカラーオプション、モバイルファーストのアプローチによる調和した柔軟なグリッド、細部にまで非の打ち所がない上品さを備えています…

Godios(WordPressテーマ) Settingを解説

Godios は、高速表示を重視したWordPressテーマです。「非同期画面遷移で体感ページ遷移速度を限りなく0秒に近づける」とコメントされています。2019年4月29日より有料化されています。この記事は有料化される前のバージョン1.2.0をもとに書いた…

Blossom Speaker(WordPressテーマ)のカスタマイズとウィジェット

Blossom Speakerは、Blossom Coachの無料のWordPressテーマの無料の子テーマで、やる気を起こさせるスピーカー、ライフコーチ、ヘルスコーチ、メンター、インフルエンサー、セラピスト向けのWebサイトを作成するためのものです。コー…


【スポンサードリンク】

格安ドメイン名取得サービス【エックスドメイン】

NTTグループの軽くて速い次世代セキュリティソフト【マイセキュア】

月額料金初月無料!最大23,000円キャッシュバック!【楽天ひかり】

格安SIM/スマホ【BIGLOBEモバイル】


関連記事