WordPressプラグイン

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

投稿日:2019年1月29日 更新日:

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれます。目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプにも挿入することが出来ます。使いやすく、機能に特化したWordPressプラグインです。長文が検索エンジンに上位表示されることがあるといったことからもページのボリュームが増加する傾向にあります。長文の場合、Easy Table of Contentsで目次を作成しておくと訪問者がそのページを素早く把握することになり、ユーザーの手助けにもなります。

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

Easy Table of Contentsの概要

Easy Table of Contentsは目次を任意の位置に表示してくれます。目次はページ内へのリンクにもなっているのでユーザーが目的の情報にアクセスしやすくなります。ページが長文で構成され、文書構造が体系化されている場合には効果的です。

  • 【名称】Easy Table of Contents
  • 【機能】見出しタグからページの目次を作成してくれる
  • 【URL】https://ja.wordpress.org/plugins/easy-table-of-contents/
  • 【ライセンス】無償
  • 【必須WordPressバージョン】4.4以上
  • 【検証済みバージョン】4.9.9
  • 【言語】5ケ国語
  • 【アクティブインストール】50,000 +
  • 【最終更新】常に変化しますので公式ページでご確認ください

Easy Table of Contentsの使い方

Easy Table of Contentsの使い方の使い方はインストール後設定をするればあとはEasy Table of Contentsが自動で目次を作成してくれます。目次は、一般的にページの先頭に配置されることが多く、ユーザーに素早くページの概要を伝えることができるようになり、ユーザービリティの点からも効果的です。

  • 目次を表示する位置を上下、最初の前後にできる
  • 表示する条件を見出しの数で2以上からにできる
  • 自動で挿入できるコンテンツタイプを選べる

Easy Table of Contentsの設定

Easy Table of Contentsの設定は基本設定タブで以下の内容を設定できます。

  • 位置(表示する)【最初の見出しの前、最初の見出しの後、上、下から選択】
  • 表示条件【見出しの数によって目次を表示するかを指定】
  • コンテンツタイプを自動挿入【post,page等表示するコンテンツのタイプを指定】
  • 見出しテキスト【目次のタイトルを変更】
  • 階層表示【階層表示をするかしないか】
  • スムーススクロール効果を有効化【スクロール効果を有効にするかしないか】
  • 外観(横幅、回り込み、文字サイズ、プレゼンテーション)【横幅や目次のデザインを選択】

Easy Table of Contentsのインストール

ダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Easy Table of Contentsで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックしEasy Table of Contentsの必要な設定を行います。

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

ご利用の環境によってはインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

プラグインに関連する記事

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグイ…

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡…

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディア…

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content A…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

WP HTTP Compressionはgzip圧縮して高速表示する

「WP HTTP Compression」は、ページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませて表示速度を速くしてくれるプラグインです。gzipを使用して圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト …

SEO Optimized Imagesはaltに自動でタイトルを上書きする

SEO Optimized Imagesは、画像のalt属性に自動で自動でタイトルを上書きしてくれるプラグインです。SEOでは画像のalt属性を記入するのは定番になっています。SEO Optimize …

Theme Checkはテーマをチェックする

Theme CheckはテーマをチェックしてくれるWordPressプラグインです。Theme CheckはWordPress.orgに登録を提出するときにチェックに使われるものと同じ自動テストツール …

WordPressのプラグインで「抜粋」を編集する

WordPressの「抜粋」には何を書けばいいのでしょう。「抜粋」に書かれた文章はディスクリプションとしてページに反映されます。その為、ディスクリプションは、60文字~120文字前後でわかりやすく記述 …

Easy FancyBoxは画像を拡大ポップアップすることができる

Easy FancyBoxは記事の中の画像をポップアップしてくれるWordPressプラグインです。製品などの画像を拡大表示して表示したいことがあります。JavaScriptなどを利用する方法もありま …