Gutenbergで編集する

Gutenberg(グーテンベルク)とはWordPress 5.0から採用された新しいエディターで、ブロックエディターとも呼ばれます。2018年12月6日、WordPress 5.0へのバージョンアップから採用された新しいエディターです。投稿を構成する各コンテンツ(テキストや画像など)を「ブロック」という単位で作成していくのが特徴です。

Gutenberg の使い方

Gutenbergは何時から使用?

Gutenberg はWordPress Ver.5.0以上からのビジュアルエディターになりました。Gutenberg は、ブロックを利用して見出しや本文、画像等を作成し組み合わせていきます。ブロックや文章を入力するエリア以外は基本的に従来と同じ使い方ができます。Gutenberg は WordPress サイトの構築および発行におけるまったく新しいパラダイムのコードネームです。サポート終了が近くなっていますが、「Gutenberg」への移行率が低くしばらくは「Classic Editor」も利用できそうです。

Classic EditorはGutenbergと旧エディタを切り替える

Classic Editor はWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれます。戻してくれるだけでなく、エディタを切り替えて使えるようにもしてくれます。Classic Editor はWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれます。戻してくれるだけでなく、エディタを切り替えて使えるようにもしてくれます。

関連サイト

関連のサイトでは、WordPressを使ってアドセンスやアフィリエイトで収益化をする方法、また、集客に重要なSEOのやり方や手法等もご案内しています。

WordPressの収益化

Gutenbergで編集する

アドセンスやアフィリエイトをするときに、便利なWordPressのプラグインやテーマ(無料・有料・公式)などの導入方法や更新情報、エラーの対処などWordPressの収益化についてご案内しています。

>>続きを読む

WordPressのSEO

Gutenbergで編集する

アフィリエイトやアドセンスで収益を得ようとする方にWordPressのSEO情報をご案内しています。検索アルゴリズムの進化によってSEOは複雑に、かつWEBサイトの増加により難易度は高くなっています。

>>続きを読む