WordPressテーマには、テーマディレクトリからダウンロードして利用できるものの他に、無料で公開されているもの、WEB制作会社等から販売されている有料テーマがあります。有料テーマにはテーマーディレクトリや無料テーマに比較するとデザイン性が高かったり、記事の装飾機能が充実しているため、カスタマイズをすることなく使える等のメリットがあります。

WordPressテーマ【THE THOR(ザ・トール)】

有料WordPressテーマ
ザ・トール 公式サイト

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。

  • ランキングサイト・口コミサイトなどが簡単に作れる、おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  • ブロガー、メディア、オウンドメディア
  • 開発・販売は、フィット株式会社

>> 詳細を見る

WordPressテーマ【Emanon・エマノン】

有料WordPressテーマ
Emanon 公式サイト

EmanonはWeb集客に必要な機能を搭載したビジネス用WordPressテーマです。企業サイトやビジネス用メディアブログなどの利用に適しています。

  • 【用途】企業サイト・個人事業主ビジネスサイトやメディアブログなど
  • 【利用ユーザー】中小企業・士業・コンサルタント・個人事業主など
  • 【機能】
    → ファーストビュー(フロントページに設定・6種類・静止画像やスライダー)
    → レイアウト設定機能(フッター等のレイアウト構成)
    → CATやランディングページweb集客に必要な機能を搭載
  • 【専用プラグイン】
    → ブロックエディタ拡張プラグイン
    → コピーライト編集
  • 株式会社イノ・コードよりダウンロード販売

>> 詳細を見る

WordPressテーマ【賢威(ケンイ)】

有料WordPressテーマ
賢威 公式サイト

SEOは経験によるノウハウも大きな要因になります。SEO向けに設計されたテーマの利用も効果を生むことがあります。「賢威(ケンイ)」は、SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、そのノウハウを余すことなく詰め込んだ、SEOテンプレートパックです。

  • 開発・販売は、株式会社ウエブライダー
  • 利用ユーザーは、上場企業・中小企業・個人企業家・アフィリエイター・ブロガー
  • 200ページ以上のSEOマニュアル、コンテンツマーケティング・セールスページ、最新バージョンアップは原則無料が特徴です
  • 検索エンジン上位表示・アフィリエイトの増収などの用途

WordPressテーマ【STORK19・OPENCAGE】

有料WordPressテーマ
STORK19 公式サイト

WordPressを利用したブログマーケティングをされている方やアフィリエイト、企業サイトにおすすめの有料WordPressテーマです。 最新のテーマSTORK19ではブロックエディタ(Gutenberg)にも最適化され、 マニュアルなしでも利用可能なほどシンプルで使いやすいテーマになっています。

  • 【用途】ブログマーケティング・オウンドメディア・コーポレートサイト
    → ブログマーケティングは読者に有益な情報を与える記事で紹介した商品やサービスを購入させ収益を得るマーケティング手法
  • 【特徴】ブロックエディタ(Gutenberg)に最適化、初心者でもマニュアルなしで利用可能なほどシンプル
  • 【機能】広告用ショートコード
    → アドセンスやアフィリエイトの広告をショートコードで貼り付けれる
  • 開発・販売は、OPENCAGE

>> 詳細を見る

WordPressテーマ【LIQUID PRESS・リキッドプレス】

有料WordPressテーマ
リキッドプレス 公式サイト
  • 国産WordPress公式テーマで、安心のメールサポート
  • SEO対策済、レスポンシブ、モバイルフレンドリー対応
  • 最新のブロックエディター対応、ノーコードでデザイン
  • リキッドデザイン株式会社より販売
  • 大企業・メディアに利用されています
  • WordPress公式テーマとプレミアムテーマが提供されていることが特徴
  • 企業サイト・ブロガー・美しいデザインでサイトを作りたいなどの用途に

WordPressのテーマとは、サイト全体のテンプレートのことです。テーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。そのため、テーマを変更すれば複雑な処理を行うことなく、デザインや構成、機能などを変えることができます。テーマは、インターネット上で無料ダウンロードできるものから、有料で販売されているものもあります。自分で作成したテーマをアップロードして使用することも可能です。