WordPressプラグイン

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

投稿日:2017年12月18日 更新日:

BackWPupは自動でバックアップできるプラグインです。WordPressでサイトを運用する上で、BackWPupを使ったバックアップはとても重要なことです。プラグインをインストールしている場合など更新時にエラーをおこしてしまうこともあります。何時、WEBサーバーやデーターベースサーバーが壊れてしまうかわかりません。また、操作を誤ってしまうことだって十分あります。そこで、自動で定期的にバックアップしてくれるプラグインBackWPupで備えましょう。

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

BackWPupの概要


BackWPupは自動で定期的にWordPrssのバックアップを取ってくれるプラグインです。

  • BackWPup
  • 自動で定期的にWordPrssのバックアップをしてくれる
  • http://wordpress.org/plugins/backwpup/
  • ライセンス → 無償、有償有り
  • インストール → ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → BackWPupで検索 → インストール

BackWPupの使い方

「BackWPup」は使用にあたって制限事項と注意点があります。

  • WordPress 3.2 以上
  • BackWPupのDBバックアップ機能を利用する場合:PHP 5.3.3 以上 + MySQLi が必須。(機能を利用しない場合は、PHP 5.2.6 以上)
  • レンタルサーバーのCPU占有率の制限や、PHPの最大実行時間の制限を考慮する
  • 容量が大きすぎると、処理に時間がかかり、制限に引っかかって、タイムアウトエラーになってしまう事を考慮する

BackWPupのバックアップの保存先

BackWPupのバックアップファイルの保存先は下記から選択することができます。

  • メール(ファイルが大きなるとエラーになります)
  • FTPサーバ(WordPressインストールフォルダ内)
  • クラウドサービス

BackWPupのバックアップの復元

事前に「データベース」と「サーバ上のファイル」をダウンロードしておきます。あとは以下のステップで作業します。

  • サーバ上のファイルを復元(バックアップファイルを解凍ごFTPソフトを使ってアップロードします)
  • データベースの復元(データベースのインポート)

BackWPupはデータベースとファイルのバックアップを取ってサーバに保存してくれるほかに、ファイル同期サービスのDropboxSugarSync(シュガーシンク)と連携したり、FTPでバックアップファイルを送信する機能などがありとても柔軟です。

BackWPupの設定

メニューより”Add New job”をクリックします。

  • General:「一般」タブ、一般的な設定を行います。
  • Schedule:「スケジュール」タブ、予定を設定します。
  • その他

General

Job Tasks:何をバックアップするかチェックをつけます。

  • Database Backup:データベース(必須)
  • File backup:バックアップファイル(必須)
  • WordPress XML export:投稿内容
  • Installed plugin List:インストール済みプラグイン一覧 DorpBoxを使用する場合は300Mbyte以内になるようにします。

Backup File Creation(保存するときのファイル名)Archive nameそのままで、Archive FormatをZipにします。

【job Destination(バックアップ先)】

Backup to Folder:フォルダーにバックアップします。

Backup sent via email:指定のメールに送信します。

Bckup to Dropbox:Doropboxを使うならBakup to DropBoxにチェックをつけます。(Doropboxのアカウントは事前に用意します。)

LogFile(ログの連絡):そのままで

Schedule(スケジュール)

  • Start job:With WordPress Cron(自動的にバックアップする)をチェック
  • Schedule execution time:そのままで
  • Scheduler:お好みで

DB Backup(データベースバックアップ)

初期値のままでOK

【Files(ファイルの選択)】

下記をチェックします。

  • Backup root folder
  • Backup Content folder
  • Backup themes
  • Backup uploads folder

XML export(投稿内容のバックアップ)とPlugins(プラグインリスト)は初期値のままで

BackWPupの必要性

WordPressはサーバにログインして直接編集したり、DBの操作を扱うため、従来のようなバックアップが出来ません。そのためプラグインなどを利用することになります。

  • データべースのバックアップ
  • 画像ファイルなど関連ファイルのバックアップ

不測の事態に備えることは企業サイトを運用する場合は当然のことと言えます。WordPressは複雑なシステムがWEBサーバー上で稼働しています。またプラグインやテーマなど頻繁にアップデートが行われています。安定したサイト運用のためにもこまめにしておきましょう。

BackWPupのインストール

BackWPupをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → BackWPupで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

ご利用の環境によってはBackWPupをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

プラグインに関連する記事

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示してくれるプラグインです。WordPressデフォルトのカテゴリーやタグのウィジェット表示はテキスト表示だけのことも多く、CSSをカスタマイズをするには敷居が高いこともあります。プラグインCool…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替えることができるのですが、投稿にはこの機能が残念ながらあり…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれる

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれるプラグインです。Ultimate Category Excluderの使い方は簡単で除外したいカテゴリを選択するだけで、すべての作業を自動的に行います。 Ul…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Add Quick Tagにショートコードやタグを登録してクイック編集

Add Quick Tagはショートコードやタグ、定型的な文章を登録してクイック編集ができるようにしてくれるプラグインです。Add Quick TagはWordPress編集画面(ビジュアルモードやHTML)でよく使うタグやショートコード追加することができ…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

VK All in one Expansion UnitはLightning以外でも使える

VK All in one Expansion Unitは株式会社ベクトルが提供するプラグインです。VK All in one Expansion UnitはWordPressのテーマLightningから機能を分離されたもので、他のテーマでも利用すること…

BackWPupは自動でバックアップしてくれる

Enjoy Instagramはインスタグラムを自動で貼り付けてくれる

Enjoy Instagramはインスタグラムで撮った画像を自動で記事に貼り付けることができます。インスタグラムで撮った画像を見てもらうには記事に貼りつければいいのですが、1つ1つEmbed Codeを貼り付けるのは面倒なものです。Enjoy Instag…

-WordPressプラグイン
-

執筆者:

関連記事

Shortcodes by Angie MakesのColumns(カラム・列)の使い方

Shortcodes by Angie MakesのColumns(カラム・列)を利用すればCSS(スタイルシート)を使わなくてもページを2や3列に分割するレイアウトをデザインすることができます。もち …

Tag Widgetはタグをサイドバーにリスト表示する

「Tag Widget」は、タグをサイドバーにリスト表示してくれるプラグインです。WordPressには標準でタグクラウドが装備されていますが、フラット表示されてしまいすっきりしません。Tag Wid …

Shortcodes by Angie Makes Elementsの使い方

Shortcodes by Angie Makesの「Elements」にはButton、Font Awesome Icon、Heading、Highlight、Spacing、Clear Float …

Related Postsは関連する記事を表示してくれる

Related Postsは、関連した記事をページにリスト表示してくれるプラグインです。Related Postsの特徴としては、手動で関連する記事を追加できる。関連する記事の見出しとタグを編集可能、表示する記事数を指定できるなどがあります。

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

Duplicatorは、WordPressのサイトを丸ごとコピーできるプラグインです。サイトを移行する場合などに、Duplicatorは、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOK