プラグイン

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

投稿日:2017年12月23日 更新日:

「Contact Form 7」はページに問い合わせフォームを設置できるプラグインです。問い合わせフォームは企業サイトには欠かせないもの、フリーサービスなどを利用すると広告が表示されたり、CGIを設置するのにはプログラムの知識が必要だったりします。「Contact Form 7」を利用すれば、簡単に問い合わせフォームをページに設置することが出来ます。問い合わせフォームを設置・運用するには、管理者としての基本的な知識が必要です。ここではページに表示したり、フォームやメールの内容をカスタマイズする方法について記述しています。

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

Contact Form 7の概要

問い合わせフォームを柔軟にデザインでき、サイト内に複数の問い合わせフォームを作ることが可能です。さらに、AJAX を使った送信、CAPTCHA,Akismet によるスパムフィルタリング、ファイルのアップロード、自動返信メールなどなど、豊富な機能をサポートしています。

  • Contact Form 7
  • ページに問い合わせフォオームをショートコードで埋め込む
  • http://wordpress.org/plugins/contact-form-7/
  • ライセンス → 無償
  • 管理画面の言語 → 日本語
  • 管理画面の場所 → ダッシュボード → お問い合わせ

Contact Form 7の使い方

問い合わせフォームを設置するには、プラグインを有効化し管理パネルにある ‘お問い合わせ’ → ‘編集’ のメニューを開きます。そこで複数の問い合わせページを管理することができます。

インストールしたばかりなら、”コンタクトフォーム 1″ という名前のデフォルトが用意されていて、そこに”contact-form-7・・・”で始まるコードが見られるはずです。

このコードをコピーします。そして、ページの編集メニュー (‘ページ’ → ‘編集’) を開いて、問い合わせフォームを配置したいページを開きます。”問い合わせ” という名前のページを問い合わせ用に作るのが一般的です。先ほどコピーしたコードをそのページの本文中にペーストします。

Contact Form 7のフォームのカスタマイズ

デフォルトの問い合わせフォームは簡素すぎるように思ったかもしれません。フォームに項目を追加してみましょう。テンプレートを編集して項目を追加するのも ‘問い合わせ’ → ‘編集’ のメニューから行います。

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

項目を追加するには、タグを作ってそのタグを ‘フォーム’ 欄に挿入します。

Contact Form 7のメールをカスタマイズする

メールのテンプレートの編集は、‘メール’ 欄でフォームに対して行ったのと同じ要領で行います。ここでも同様にタグが使えますが、メールで使うタグはフォームで使ったタグとは異なるので注意してください。

メールのテンプレートで使うタグはカッコのなかにひとつの単語だけを含み、例えば [your-name] のようになります。気付いたかと思いますが、この your-name は先ほどの例で使ったフォームのタグの名前と同じです。これらの2つのタグは同一の名前で結びついています。

Contact Form 7のインストール

Contact Form 7をインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Contact Form 7で検索 → インストールボタンをクリック → Contact Form 7の有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

ご利用の環境によってはContact Form 7をインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください


Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

WP-Optimize – Clean, Compress, Cache(WordPressプラグイン)はデータベースをクリーンアップ

WP-Optimizeは、データベースをクリーンアップし、画像を圧縮し、サイトをキャッシュする革新的なオールインワンプラグインで…

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

WordPressのダッシュボードを便利にしてくれるプラグイン

ダッシュボード

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

Wp-Insert(WordPressプラグイン)は記事に広告コードを挿入できる

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを…

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

Google Adsense Dashboard(WordPressプラグイン)はダッシュボードにAdsenseを表示

Google Adsense DashboardはダッシュボードにAdsenseを表示してくれるWordPressプラグインです…

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

Zen Menu Logic(WordPressプラグイン)でヘッダーやフッターメニューを切り替える

Zen Menu Logicはでヘッダーやフッターのメニューをページ毎に切り替えて表示することができます。注意点は利用中のテーマ…

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

サイトマップを作成してくれるプラグインのリスト

サイトマップ

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

Easy Google AdSense(WordPressプラグイン)は学習して広告が自動的に最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。このプラグイ…

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

検索エンジン最適化(SEO)に使えるプラグインのリスト

SEO

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

Shortcodes by Angie Makes(WordPressプラグイン)のポストリスト

Shortcodes by Angie Makes

Contact Form 7(WordPressプラグイン)は問い合わせフォームを設置する

アクセス解析ができるWordPressプラグインリスト

アクセス解析

-プラグイン

執筆者:

関連記事

Wp-Insert(WordPressプラグイン)は記事に広告コードを挿入できる

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。 Wp-Insertの概要 【名称】Wp …

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)のnoindexの設定方法

All in One SEO Packのnoindex設定で検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようすることができます。

CC Child Pages(WordPressプラグイン)は子ページを表示してくれる

「CC Child Pages」はWordPressの固定ページの子ページを一覧表示してくれるプラグインです。投稿ページはカテゴリーごと一覧表示をしてくれますが、固定ページはカテゴリー分けされていない …

Classic Editor(WordPressプラグイン)はGutenbergと旧エディタを切り替えることができる

WordPressプラグインClassic EditorはWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれるプラグインです。戻してくれるだけでなく、 …

Shortcodes by Angie Makes(WordPressプラグイン)のポストリスト

目次1 Shortcodes by Angie Makes1.1 Shortcodes by Angie Makes(WordPressプラグイン)は記事を装飾できる 1.2 Shortcodes b …