WordPressプラグイン

Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

更新日:

「Custom Permlinks」は、ページのパーマリンクを自由に変更することができます。このプラグインは記事1ページごとにパーマリンクを個別に設定できるようになるのです。パーマリンクの設定はデフォルトでも可能なのですが、カテゴリーに統一されたり、固定ページでは子ページが統一されてしまったりで都合の悪いこともあります。また、投稿を公開後パーマリンクの変更はできますが、URLが変更されてしまうのでお勧めできません。Googleにインデックスされているページが、「ページが見つかりません」になってしまうからです。

1900x1200-1024x647 Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。 パーマリンクは、他のブロガーが投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。 個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。 そういう訳で、「perma」リンクといいます。

Custom Permlinksの概要

  • Custom Permalinks
  • https://wordpress.org/plugins/custom-permalinks/
  • ライセンスは無償
  • パーマリンクをページごとに設定することができる
  • インストールはダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → Custom Permlinksで検索 → インストール

Custom Permlinksの使い方

「Custom Permalinks」をインストールすると投稿編集画面のページタイトル下のパーマリンクのドメイン以下が入力できるようになります。サブフォルダで管理している場合は記入抜かりにご注意ください。

例)
https://ドメイン/パーマリンク/

https://ドメイン/サブフォルダ/パーマリンク/
(サブフォルダ以下を編集することができる)

サイト内の一部のページを設定したパーマリンクと異なるものにしたい時もあります。そんな時このプラグインを使用するとページごとにパーマリンクを設定することができます。投稿はカテゴリーに属するように構成されるようになっています。このときカテゴリーはフォルダとしてURLに付加されているのでカテゴリーを変更するとURLも自動的に変更されてしまいます。運用中に変更する必要が予想される場合はCustom Permalinksを使ってルート直下などのURLにしておくとリンク切れを防ぐことができるようになります。

Custom Permlinksの注意点

「Custom Permlinks」はパーマリンクを編集することができますが、「スラッグ」の書き換えは行っていません。プラグインの利用を停止すると「スラッグ」がパーマリンクに採用され、思いがけないものなっていることがあります。面倒でも「スラッグ」を書き換えておくことをお勧めします。

➡ URLの構造はシンプルに

GoogleはURL構造をできる限りシンプルな構造にすることを推奨しています。また、人間が見てもわかりやすいのがなおよいとしています。これは上位表示としてではなくユーザービリティとしての視点で、IDのように数字を並べたURLが上位表示に不利と言い切れるわけではありません。

URLについて、Search Console ヘルプ「シンプルな URL 構造を維持する」で説明されています。

Custom Permlinksのインストール

Custom Permlinksをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → WP-Optimizeで検索 → インストールボタンをクリック → Custom Permlinksの有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

plugins Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

ご利用の環境によってはCustom Permlinksをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連の記事

2099465_1920-150x150 Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル一覧表示

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル付きで一覧表示してくれるWordPressプラグインです。標準の最近の投稿などは細かくカスタマイズできなかったりするのでRecent Posts Widget Extendedで…

adult-3408111_1920-150x150 Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

Search Excludeは任意ページを検索結果から除外できる

Search ExcludeはWordPressの検索結果(サイト内検索)に表示したくないページを除外してくれるプラグインです。商品ページなどが数多く構成されている場合には検索機能を使うユーザーも多いので余分なページを表示することを避けたいこともあります。…

blogger-336371_1920-150x150 Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

Crayon Syntax Highlighter:記事にHTMLソース等を表示する

Crayon Syntax Highlighterは、記事にHTMLソースなどを綺麗に表示することができます。企業のサイトでは、Crayon Syntax Highlighterはあまり利用されることは少ないかもしれませんが、WordPressのカスタム情…

3368242_1920-150x150 Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

Easy Table of Contents:目次を自動で作る

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれます。Easy Table of Contentsは目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプにも挿入することが出来ます。

849804_1920-150x150 Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替える

WordPressプラグインClassic EditorはWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれるプラグインです。戻してくれるだけでなく、エディタを切り替えて使えるようにもしてくれます。 Cla…

791049_1920-150x150 Custom Permlinks:URLを自由に変更できる

Breadcrumb NavXT:パンクズリストを設置できる

Breadcrumb NavXTはパンクズリストを設置できるWordPressプラグインです。有料テーマや無料テーマによっては標準でパンクズリストが設置されていることも多いのですが、公式テーマなどでは採用されていないこともあります。PHPスキルを持たれてい…

-WordPressプラグイン

Copyright© WordPress テーマとプラグイン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.