プラグイン

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

投稿日:2017年12月28日 更新日:

「Custom Permlinks」は、ページのパーマリンクを自由に変更することができます。このプラグインは記事1ページごとにパーマリンクを個別に設定できるようになるのです。パーマリンクの設定はデフォルトでも可能なのですが、カテゴリーに統一されたり、固定ページでは子ページが統一されてしまったりで都合の悪いこともあります。また、投稿を公開後パーマリンクの変更はできますが、URLが変更されてしまうのでお勧めできません。Googleにインデックスされているページが、「ページが見つかりません」になってしまうからです。

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。 パーマリンクは、他のブロガーが投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。 個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。 そういう訳で、「perma」リンクといいます。

Custom Permlinksの概要

  • Custom Permalinks
  • https://wordpress.org/plugins/custom-permalinks/
  • ライセンスは無償
  • パーマリンクをページごとに設定することができる
  • インストールはダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → Custom Permlinksで検索 → インストール

Custom Permlinksの使い方

「Custom Permalinks」をインストールすると投稿編集画面のページタイトル下のパーマリンクのドメイン以下が入力できるようになります。サブフォルダで管理している場合は記入抜かりにご注意ください。

例)
https://ドメイン/パーマリンク/

https://ドメイン/サブフォルダ/パーマリンク/
(サブフォルダ以下を編集することができる)

サイト内の一部のページを設定したパーマリンクと異なるものにしたい時もあります。そんな時このプラグインを使用するとページごとにパーマリンクを設定することができます。投稿はカテゴリーに属するように構成されるようになっています。このときカテゴリーはフォルダとしてURLに付加されているのでカテゴリーを変更するとURLも自動的に変更されてしまいます。運用中に変更する必要が予想される場合はCustom Permalinksを使ってルート直下などのURLにしておくとリンク切れを防ぐことができるようになります。

Custom Permlinksの注意点

「Custom Permlinks」はパーマリンクを編集することができますが、「スラッグ」の書き換えは行っていません。プラグインの利用を停止すると「スラッグ」がパーマリンクに採用され、思いがけないものなっていることがあります。面倒でも「スラッグ」を書き換えておくことをお勧めします。

➡ URLの構造はシンプルに

GoogleはURL構造をできる限りシンプルな構造にすることを推奨しています。また、人間が見てもわかりやすいのがなおよいとしています。これは上位表示としてではなくユーザービリティとしての視点で、IDのように数字を並べたURLが上位表示に不利と言い切れるわけではありません。

URLについて、Search Console ヘルプ「シンプルな URL 構造を維持する」で説明されています。

Custom Permlinksのインストール

Custom Permlinksをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → WP-Optimizeで検索 → インストールボタンをクリック → Custom Permlinksの有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

ご利用の環境によってはCustom Permlinksをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

コラム

エス・ティ・セブン有限会社
サイトをご覧頂きありがとうございます。WordPressのプラグインとテーマをメインに情報をご提供しています。

〒780-0060
高知県南国市蛍ケ丘1-1
TEL:088-855-3531


Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

WP-Optimize – Clean, Compress, Cache(WordPressプラグイン)はデータベースをクリーンアップ

WP-Optimizeは、データベースをクリーンアップし、画像を圧縮し、サイトをキャッシュする革新的なオールインワンプラグインで…

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

WordPressのダッシュボードを便利にしてくれるプラグイン

ダッシュボード

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

Wp-Insert(WordPressプラグイン)は記事に広告コードを挿入できる

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを…

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

Google Adsense Dashboard(WordPressプラグイン)はダッシュボードにAdsenseを表示

Google Adsense DashboardはダッシュボードにAdsenseを表示してくれるWordPressプラグインです…

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

Zen Menu Logic(WordPressプラグイン)でヘッダーやフッターメニューを切り替える

Zen Menu Logicはでヘッダーやフッターのメニューをページ毎に切り替えて表示することができます。注意点は利用中のテーマ…

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

サイトマップを作成してくれるプラグインのリスト

サイトマップ

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

Easy Google AdSense(WordPressプラグイン)は学習して広告が自動的に最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。このプラグイ…

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

検索エンジン最適化(SEO)に使えるプラグインのリスト

SEO

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

Shortcodes by Angie Makes(WordPressプラグイン)のポストリスト

Shortcodes by Angie Makes

Custom Permlinks(WordPressプラグイン)はURLを自由に変更できる

アクセス解析ができるWordPressプラグインリスト

アクセス解析

-プラグイン

執筆者:

関連記事

WP Custom Noindex Nofollow(WordPressプラグイン)はnoindexとnofollowを設定できる

WP Custom Noindex Nofollowはnoindexとnofollowを設定できるWordPressのプラグインです。投稿・固定ページ、カテゴリー、タグ、カスタムソノミー、アーカイブ全体のnoidex化ができます。

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)はショートコードで記事を装飾できる

「Shotcodes Ultimate」は記事を装飾できるようにしてくれるプラグインです。インストールして有効化すれば、編集画面に「ショートコードを挿入」ボタンがビジュアル・テキスト両編集モードに示さ …

Attachment Taxonomies(WordPressプラグイン)はメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労しま …

Cool Tag Cloud(WordPressプラグイン)はカテゴリーやタグを見やすく表示する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示してくれるプラグインです。WordPressデフォルトのカテゴリーやタグのウィジェット表示はテキスト表示だけのことも多く、CSSをカスタマイ …

All in One SEO Pack(WordPressプラグイン)のnoindexの設定方法

All in One SEO Packのnoindex設定で検索エンジンから低品質サイトの評価をされないようすることができます。