WordPressプラグイン

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

投稿日:2018年1月12日 更新日:

「External Links」は、発リンク(外部リンクに)自動でアイコンと rel=”nofollow” をつけてくれるプラグインです。発リンクは30%を超えるとGoogleから、リンクサイトと評価されてしまい品質の低いサイトと扱いをされてしまう可能性もあり、rel=”nofollow”をつけることが推奨されています。

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

External Linksの概要

  • External Links
  • https://ja.wordpress.org/plugins/sem-external-links/
  • ライセンスは無償
  • 発リンク(外部リンクに)自動でアイコンと rel=”nofollow”
  • インストールはダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → External Links

External Linksは以下の機能があります。

  • サイト内の外部リンクを自動で別ウインドウで開くようにしてくれる
  • リンクに自動でrel=”nofollow”をつけてくれる
  • リンクテキストの横にアイコンを追加できる

「External Links」発リンクの設定

設定はほとんどの項目がチェックを入れるだけ、ノーフォローを追加、アイコンを追加、新しい窓で開きますなどにチェックを入れます。除外したいドメインがあれば指定することもできます。

➡ Apply Globally

Apply these settings to all outbound links on the site except those in scripts, styles and the html head section.

スクリプト、スタイルHTMLヘッドセクション以外の全てのアウトバウンドリンク(自サイトから出ていくリンク)に適用

➡ Apply to text Widgets

Apply these settings to any text widgets in addition to post, page and comments content.

テキストウィジェットに適用

➡ Tret Subdomains Text Urls

Treat any subdomains for this site as a local link.
Example: If your site is at domain.com and you also have store.domain.com, any link to store.domain.com will be treated as local.

サブドメインをローカルリンクとして扱う

➡ Auto Covert Text Urls

Automatically converts text urls into clickable urls.
Note: If this option is enabled then if www.example.com is found in your text, it will be converted to an html link.
This conversion will occur first so external link treatment for nofollow, icon and target will be applied to this auto links.

テキストURLをクリック可能なURLに自動的に変換

➡ Add No Follow

Add a rel=”nofollow” attribute to outbound links.
Note: You can override this behavior by adding the attribute rel=”follow” to individual links.

外部リンクに「rel=”nofollow”」を追加する

➡ Open in New Windows

Open outbound links in new windows.
Note: Some usability experts discourage this, claiming that this can damage your visitors’ trust towards your site. Others highlight that computer-illiterate users do not always know how to use the back button, and encourage the practice for that reason.

外部リンクを新しい窓で開く

発リンクについて

Googleからは次のようにコメントされています。

ページのリンクを妥当な数に抑えます(最大で数千個)

※rel=”nofollow”についてはSearch Console ヘルプで詳しく説明されています。

発リンクは、コンテンツを発リンクによって補うとリンクを設置したページが関連性の強いページとして評価されSEOに有利な場合があるといえます。しかしリンク先が評価の良くないサイトの場合同様に評価されてしまうこともあるためrel=”nofollow”をつけることが推奨されています。

External Links:プラグインのインストール

External Linksをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → External Linksで検索 → インストールボタンをクリック → External Linksの有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

ご利用の環境によってはExternal Linksをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

※関連の記事

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

External Linksは発リンクに「nofollow」を自動で付ける

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン
-

執筆者:

関連記事

WP Custom Noindex Nofollowはnoindexとnofollowを設定できる

WP Custom Noindex Nofollowはnoindexとnofollowを設定できるWordPressのプラグインです。投稿・固定ページ、カテゴリー、タグ、カスタムソノミー、アーカイブ全体のnoidex化ができます。

Theme Checkはテーマをチェックする

Theme CheckはテーマをチェックしてくれるWordPressプラグインです。Theme CheckはWordPress.orgに登録を提出するときにチェックに使われるものと同じ自動テストツール …

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示してくれるプラグインです。WordPressデフォルトのカテゴリーやタグのウィジェット表示はテキスト表示だけのことも多く、CSSをカスタマイ …

Duplicatorはサイトを丸ごとコピーできる

Duplicatorは、WordPressのサイトを丸ごとコピーできるプラグインです。サイトを移行する場合などに、Duplicatorは、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOK

プラグインのエラーが発生した時の回復方法

WordPressプラグインはエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによっては更新中のプラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示され …