WordPressプラグイン

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

投稿日:2018年1月15日 更新日:

「KB Robots.txt」は検索エンジン用のrobots.txtを作成するプラグインです。robots.txtは検索エンジンのクローラーのページへのアクセスを制限(アクセスを許可/許可しない)するもです。WordPressに何故robots.txtxが必要なのかというと、WordPressではカテゴリー、アーカイブ、タグ、などで同じような内容のページが表示されてしまうからです。Googleは同じような内容のページをインデックスから削除することを公表しています。削除といってもペナルティではなく、同じ内容のものを表示しないといったフィルターのようなものです。しかしこの重複する内容のページがたくさんある場合はそのサイトの評価を下げてしまうことがあるので、robots.txtを使って重複ページを作ってしまうのは避けたほうが無難なのです。

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

KB Robots.txtの概要

robots.txtは検索エンジンのクローラにアクセスされたくないサイトのコンテンツ(重複コンテンツなど)を指定できます。Search Console ヘルプセンターなどを参考にすることをお勧めします。

  • 【プラグイン名称】
    KB Robots.txt
  • 【公式サイト】
    https://wordpress.org/plugins/kb-robotstxt/
  • 【ライセンス】
    無償
  • 【注意事項】
    robots.txtの設定・記述については知識を必要とすることがあります。例えば間違ってインデックスしてもらうべきURLを拒否してしまうなどです。十分理解したうえでご利用ください。
  • 【robots.txtの確認】
    robots.txtの確認は、ブラウザで行います。ブラウザのアドレスに http://○○○.com/robots.txt で内容が表示されます。WordPressの場合FTPでサーバーに接続しても実ファイルは存在していません。Wordpressが仮想のrobots.txtを出力しているためです。
  • 【インストール】
    ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → KB Robots.txtで検索 → インストール

「KB Robots.txt」でrobots.txtを編集

「KB Robots.txt」を有効化するとダッシュボードの設定に追加されるKB Robots.txtを利用して編集することができます。robots.txtの設定・記述については知識を必要とすることがあります。例えば間違ってインデックスしてもらうべきURLを拒否してしまうなどです。十分理解したうえでご利用ください。

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

※robots.txtはGoogleなどのロボット型検索エンジンに対して、自サイトのページを検索エンジンのデータベースに登録されないように指示するテキストファイルのことです。robots.txtにインデックスしてほしくないURLを記述しておくことで指定のURLをnoindexに指定することができ、SEO上不利な重複コンテンツの解消をすることができます。

※関連の記事

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示する

Cool Tag Cloudはカテゴリーやタグを見やすく表示してくれるプラグインです。WordPressデフォルトのカテゴリーやタグのウィジェット表示はテキスト表示だけのことも多く、CSSをカスタマイズをするには敷居が高いこともあります。プラグインCool…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替えることができるのですが、投稿にはこの機能が残念ながらあり…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれる

Ultimate Category Excluderは任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれるプラグインです。Ultimate Category Excluderの使い方は簡単で除外したいカテゴリを選択するだけで、すべての作業を自動的に行います。 Ul…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Add Quick Tagにショートコードやタグを登録してクイック編集

Add Quick Tagはショートコードやタグ、定型的な文章を登録してクイック編集ができるようにしてくれるプラグインです。Add Quick TagはWordPress編集画面(ビジュアルモードやHTML)でよく使うタグやショートコード追加することができ…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

VK All in one Expansion UnitはLightning以外でも使える

VK All in one Expansion Unitは株式会社ベクトルが提供するプラグインです。VK All in one Expansion UnitはWordPressのテーマLightningから機能を分離されたもので、他のテーマでも利用すること…

KB Robots.txtはrobots.txtを編集できる

Enjoy Instagramはインスタグラムを自動で貼り付けてくれる

Enjoy Instagramはインスタグラムで撮った画像を自動で記事に貼り付けることができます。インスタグラムで撮った画像を見てもらうには記事に貼りつければいいのですが、1つ1つEmbed Codeを貼り付けるのは面倒なものです。Enjoy Instag…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Shotcodes Ultimateはショートコードで記事を装飾できる

「Shotcodes Ultimate」は記事を装飾できるようにしてくれるプラグインです。インストールして有効化すれば、編集画面に「ショートコードを挿入」ボタンがビジュアル・テキスト両編集モードに示さ …

VK All in one Expansion UnitはLightning以外でも使える

VK All in one Expansion Unitは株式会社ベクトルが提供するプラグインです。VK All in one Expansion UnitはWordPressのテーマLightnin …

Add Quick Tagにショートコードやタグを登録してクイック編集

Add Quick Tagはショートコードやタグ、定型的な文章を登録してクイック編集ができるようにしてくれるプラグインです。Add Quick TagはWordPress編集画面(ビジュアルモードやH …

Contact Form 7は問い合わせフォームを設置する

「Contact Form 7」はページに問い合わせフォームを設置できるプラグインです。問い合わせフォームは企業サイトには欠かせないもの、CGIを設置するのにはプログラムの知識が必要だったりします。「Contact Form 7」を利用すれば、簡単に問い合わせフォームをページに設置することが出来ます。

RedirectionはURLをリダイレクトしてくれる

RedirectionはURLをリダイレクトしてくれるプラグインです。リンク切れがあると訪問者に対しても、クローラーに対しても(SEOにも)悪影響を与えます。