Pz-LinkCardはブログカードを生成できる

「Pz-LinkCard」はショートコードでURLを指定することでリンクをブログカード形式で表示してくれるプラグインです。Pz-LinkCardは外部リンクと内部リンクでカードの色や新しくウインドウを開くか細かく設定することができます。カード内にはリンク先のサムネルが表示されユーザービリティの点でも優れているといえます。

Pz-LinkCard


WordPressにも標準で内部リンク(自サイトのみ)に対応するブログカード機能がありますが、Pz-LinkCardのように細かく設定をすることはできません。

  • Pz-LinkCard
  • リンクをブログカード形式で表示してくれる
  • 公式サイト → https://ja.wordpress.org/plugins/pz-linkcard/
  • ライセンス → 無償
  • インストール手順 → ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → プラグイン名で検索 → インストール
  • 管理画面の言語 → 日本語

WordPressデフォルトリンクカードです。上部のPzリンクカードと比較してみてください。

Pz-LinkCard


WordPressデフォルトリンクカードは原則サイト内部のリンクになっています。そのためブラウザの新規タブでリンクを開くことはできません。

使い方

※リンクカードは作者さんのページです。


Pz-LinkCardのインストールが完了するとダッシュボードの設定に「Pz カードの設定」が追加されます。カードの書式を選択方式で選ぶのとショートコードについての設定ができるようになっています。
Pzリンクカードを投稿や固定ページに表示するには、編集画面に「リンクカード」ボタンが追加されるのでカードを埋め込みたい場所でボタンをクリックします。ショートコードの先頭部が表示され、後はURLを貼りつけショートコード閉じるボタンをクリックすれば完了です。
Pz-LinkCardを使うための設定は以下の項目が1画面で設定できるようになっています。

  • 簡単書式設定
  • ショートコード
  • 表示設定
  • 文字設定
  • 外部リンク
  • 内部リンク
  • 同ページへのリンク
  • 画像取得API
  • リンク先のチェック
  • 詳しい人用
  • 初期化

設定

Pz-LinkCardの設定を行うには、ダッシュボードから設定 → Pzカード設定と進めます。

設定項目 内容
簡単書式設定 カードの書式を選択することができます。Pzリンクカード標準書式、シンプル、スクエア、他で全17種類のなかからテーマに合ったものを選ぶことができます。
ショートコード Pzリンクカードを表示するために使用するショートコードを設定することができます。
表示設定 「Blockquoteタグを使用する」にチェックをするとカードがBlockquoteタグで囲まれます。
「カード全体をクリック」にチェックをするとカードのどこをクリックしてもリンクを開くようになります。

インストール

Pz-LinkCardをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Pz-LinkCardで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

ご利用の環境によってはPz-LinkCardをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

関連記事

Easy Table of Contentsはページの目次を自動で作ってくれる

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれます。Easy Table of Contentsは目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプにも挿入することが出来ます。

Redirection(WordPressプラグイン)はURLをリダイレクトしてくれる

RedirectionはURLをリダイレクトしてくれるプラグインです。リンク切れがあると訪問者に対しても、クローラーに対しても(SEOにも)悪影響を与えます。

Broken Link Checkerはリンク切れをチェックしてくれる

「Broken Link Checker」は、リンク切れをチェックし知らせしてくれたり、修正してくれたりしてくれるWordPressのプラグインです。Broken Link Checkerを導入することでリンク切れを一括してチェックしてくれるようになります。