プラグイン

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)のコンテンツ(ショートコード)の使い方

投稿日:2018年3月27日 更新日:

「Shotcodes Ultimate」のコンテンツグループには、見出し、仕切り、スペーサー、ハイライト、ラベル、DropCap、フレーム、テーブル、パーマリンク、Rss Feed、ダミーテキスト、ダミー画像等のショートコードを埋め込むことができるWordPressプラグインです。

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)のコンテンツ(ショートコード)の使い方

Shotcodes Ultimate:コンテンツの使い方

コンテンツグループにはページを装飾するショートコードが多く含まれています。HTMLタグやスタイルーシートの知識を必要とすることなく編集できるのでお勧めかもしれません。

内容
見出し [su_heading]見出しテキスト[/su_heading]・・・見出しをショートコードで囲む
仕切り 実線、点線、破線、二重線の仕切りを埋め込むことができます。またページのトップに戻るリンクを付けることもできます。
[su_divider style=”dotted” margin=”25″]
スペーサー 余白をサイズを指定して挿入することができます。
ハイライト [su_highlight]強調表示するテキストの背景色と文字の色を指定できます。[/su_highlight]
ラベル ラベルを埋め込むことができます
DropCap デフォルト、フラット、ライト、シンプルを埋め込むことができます。
フレーム 画像にフレームを付けることができます。
テーブル テーブルを埋め込むことができます。
パーマリンク パーマリンクを埋め込むことができます。リンク先はページIDで指定、新しい窓で開くなども指定できます。
Rss Feed Rss FeedのURLを指定します

Shotcodes Ultimateの装飾機能

コンテンツ ボックス
  • 見出し
  • 仕切り
  • スペーサー
  • ハイライト
  • ラベル
  • DropCap
  • フレーム
  • テーブル
  • パーマリンク
  • Rss Feed
  • ダミーテキスト
  • ダミー画像
  • タグ
  • スポイラー
  • アコーディオン
  • Pullquote
  • Columuns
  • カラム
  • サービス
  • ボックス
  • ノート
メディア ギャラリー
  • YouTube
  • YouTube advanced
  • Vimeo
  • Screenr
  • ディリーモーション
  • オーディオ
  • 動画
  • 文章
  • Google map
  • Lightbox
  • Lightboxのコンテンツ
  • スライダー
  • カルーセル
  • ギャラリー
データ メディア
  • Meta data
  • ユーザーデータ
  • 投稿データ
  • スペーサー
  • ツールチップ
  • プライベート
  • パーマリンク
  • メンバー
  • ゲスト
  • Rss Feed
  • メニュー
  • サブページ
  • 投稿
  • アニメーション
  • テンプレート
  • スケジューラー

Shotcodes Ultimateの概要

「Shotcodes Ultimate」は投稿記事の編集、テキストウィジェット、テンプレートでも使用できるショートコードになっています。

  • Shotcodes Ultimate
  • https://ja.wordpress.org/plugins/shortcodes-ultimate/
  • 無償
  • 管理画面の言語は、日本語含む9ケ国語
  • 管理画面の位置は、ダッシュボード → プラグイン → 設定
  • 必須WordPressバージョンは、3.5
  • 検証済みバージョンは、4.9.4
  • アクティブなインストール数は、700,000
  • インストールは、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → プラグインの検索 → プラグインの名前 → インストール

Shotcodes Ultimateのインストール

ダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → プラグインの名称で検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)のコンテンツ(ショートコード)の使い方

ご利用の環境によってはインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください


Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)のコンテンツ(ショートコード)の使い方

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)のコンテンツ(ショートコード)の使い方

「Shotcodes Ultimate」のコンテンツグループには、見出し、仕切り、スペーサー、ハイライト、ラベル、DropCap…

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)のコンテンツ(ショートコード)の使い方

Shotcodes Ultimate(WordPressプラグイン)はショートコードで記事を装飾できる

「Shotcodes Ultimate」は記事を装飾できるようにしてくれるプラグインです。インストールして有効化すれば、編集画面…

-プラグイン
-

執筆者:

関連記事

Categories to Tages Converter(WordPressプラグイン)はタグとカテゴリーを変換する

Categories to Tages Converterは、カテゴリーとタグを一括してタグとカテゴリーに変換してくれるプラグインです。Categories to Tages Converterは選択したカテゴリーをタグに変換したり、タグをカテゴリーに変換することができます。

Easy Google AdSense(WordPressプラグイン)は学習して広告が自動的に最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。このプラグインを使用すると、AdSenseの広告やコードをサイトのさまざまな部分に手 …

サイトマップを作成してくれるプラグインのリスト

目次1 サイトマップ1.1 Google XML Sitemaps(WordPressプラグイン)はサイトマップをGoogleに送信する 1.2 PS Auto Sitemap(WordPressプラ …

Autoptimize(WordPressプラグイン)はスクリプトを集約し高速表示してくれる

「Autoptimize」はWordPressのプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれるプラグインです。WordPressはシステム的にページを掃き出すため、プラグインのイ …

Pixabay Images(WordPressプラグイン)は編集画面から無料の画像を追加できる

「Pixabay Images」はWordPressの編集画面から無料の画像を追加できるプラグインです。通常はメディア追加ボタンをクリックして画像を追加するのですが、「Pixabay Images」は …