WordPressプラグイン

Theme Checkはテーマをチェックする

投稿日:2017年12月13日 更新日:

Theme CheckはテーマをチェックしてくれるWordPressプラグインです。Theme CheckはWordPress.orgに登録を提出するときにチェックに使われるものと同じ自動テストツールです。公式テーマを利用する場合にはチェックの必要はありませんが、自作テーマや無料配布サイトなどからのダウンロード版を利用する場合や、自社でカスタマイズをする場合などにはこのTheme Checkを利用してチェックすることをお勧めします。

Theme Checkはテーマをチェックする

Theme Checkの概要

  • 【プラグイン名称】 → Theme Check
  • 【機能】 → WordPressのテーマをチェックしてくれる
  • 【ライセンス】 → 無償
  • 【必須WordPressバージョン】 → 3.7
  • 【検証済みバージョン】 → 4.5.12
  • 【言語】 → 日本語含む11ケ国語
  • 【アクティブインストール】 → 100,0000+
  • 【最終更新】 → ※常に変化しますので公式ページでご確認ください

Theme Checkの使い方

Theme Checkを利用するには、「Theme Check」をインストール後、ダッシュボードから 外観 → Theme Check と進み「テスト実行」ボタンをクリックします。このときデバッグモードになっていることが必要です。

Theme Checkはテーマをチェックする

公式テーマをチェック

Theme Checkを使ってWordPress公式テーマをチェックしてみました。当たり前ですがテストは通ります。

Theme Checkはテーマをチェックする

自作テーマをチェック

Theme Checkを使って自作テーマをチェックしてみました。エラーが表示されています。Theme Checkはエラーについて参照すべきドキュメントが表示させることもあるので参考にして修正することになります。

Theme Checkはテーマをチェックする

Theme Checkでエラーにされたからといって使えないわけではありません。また、エラー内容によっては問題にならない場合もあります。無料で配布されているテーマを利用する場合はTheme Checkを使って確認しておくのもいいかもしれません。

※Theme Checkの設定は特に必要ありません。テスト実行ボタンをクリックするだけです。

Theme Checkのインストール

Theme Checkをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Theme Checkで検索 → インストールボタンをクリック → Theme Check有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Theme Checkはテーマをチェックする

ご利用の環境によってはTheme Checkをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

プラグインに関連する記事

Theme Checkはテーマをチェックする

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Theme Checkはテーマをチェックする

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

Theme Checkはテーマをチェックする

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

Theme Checkはテーマをチェックする

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Revision Controlはリビジョン数を管理する

Revision Controlは、WordPressのリビジョンの最大保存数を制限してデータ容量を減らすことができるプラグインです。リビジョンは更新した内容を保存してくれる機能で、過去に保存された内 …

XML Sitemap & Google News feedsはXMLサイトマップを送信してくれる

XML Sitemap & Google News feedsは xml サイトマップとNEWS フィードを自動で作成してくれるWordPressプラグインです。Google XML Site …

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替え …

プラグインのエラーが発生した時の回復方法

WordPressプラグインはエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによっては更新中のプラグインが利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示され …

Add Quick Tagにショートコードやタグを登録してクイック編集

Add Quick Tagはショートコードやタグ、定型的な文章を登録してクイック編集ができるようにしてくれるプラグインです。Add Quick TagはWordPress編集画面(ビジュアルモードやH …