WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善

会社でWordPressのホームページを制作・管理しようとするとプラグインの各種設定が必要になり戸惑うものです。また、運用を開始するとシステムの更新にも気を配る必要があります。会社概要や事業概要など必要最小限の企業情報を掲載したホームページです。既存の印刷物等を使って画像や文章を再利用し、5~10ページ程度でテンプレートを利用して制作されることも多いようでした。テンプレートを利用した制作は費用を抑えることができるのですがページの更新を業者に依頼することが多くなり時間もかかってしまいます。

ミニマムな会社のホームページで得られる効果

目的 自社に興味や関心を持つ関係者に対して企業の概要や所在地、簡単な事業内容を伝えること
全体のページ数 5~10ページ
予算 十万円~数十万円
得られる結果 集客・販売促進という部分ではあまり効果は得られません。企業名で検索した時に表示されずに、企業の存在自体を疑われることがない程度になります。
SEO 5~10ページの小規模サイトにSEOやマーケティングが施策されることはほとんどありません。ページのボリュームが不足しているためキーワードの絶対数が少なく、検索エンジンからの評価も低くなってしまいます。上位表示されるキーワードは会社名などで検索エンジンからの訪問者数も少ないといえます。ネット広告等を使って訪問者を増やしても、広告コストを無駄使いするだけになりがちです。「WEBサイトはあればいい。集客・販売促進は他の方法を」という企業向けになります。

ネットを使った集客に力をいれない業種に見かけられます。しかし、企業サイトは集客するだけではありません。顧客は製品やサービスのことで何か問題点を抱えたとき最初にとる行動は企業サイトで確認することです。貴社の既存の有料顧客見込み客の一人でもあります。新商品などのお知らせを見てくれる可能性は随分と高いのではないでしょうか。

WordPressのホームページを改善し集客数と問い合わせ数を増やすためにコンテンツSEOによるホームページの改善をご提案致しています。集客数が伸びない、問い合わせがこないのには原因があります。例えば、ホームページで取り扱う製品やサービスの内容を顧客のニーズにマッチさせていないことがあります。また、ホームページのターゲットや目的が明確になっておらず、サイト全体やページがブレてしまって検索エンジンに上位表示できていないなどです。このブレを修正することでホームページを検索エンジンに上位表示できるようになり、集客数を伸ばしたり、問い合わせ数を増やすことができるようになります。

ホームページの集客数が伸びないのは見込み客が必要としている情報を発信していないことが多いといえるようです。ページ数が少なかったり、製品やサービスの案内だけになっている場合には集客数の伸びは、あまり期待できないでしょう。この場合求められる情報のページ数を増やし、検索エンジン対策を考慮することによって集客数を伸ばすことが可能になります。

集客数や問い合わせを増大させるには、ホームページの目的を明確にし、製品やサービスをどんな人にどのように提供するかをできる限り具体的にすることです。製品を購入したり、サービスを利用してくれる人は様々な悩みや問題をもっています。この人たちの問題を解決する情報を発信することで顧客を引き付けるることが可能になります。

WordPressホームページの集客数を改善

1433427_1920-1024x683 WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善
ホームページ内を検索エンジンが評価するコンテンツに改善します。「検索エンジンが評価するページ」とは、ユーザーにとって有益な情報(検索ユーザが求めているそのものの情報)が書かれているものです。有益な情報だとユーザーに認められれば、ページの滞在時間も伸び、SNSやブログ等でリンクをされるようになり、自然と被リンク数が増加してくるようになります。このことで検索エンジンの評価が上がり検索結果の順位上昇・訪問者数の増加に繋がるわけです。

サイトの構造やキーワードの分析、ソースの最適化まで内部対策全般の最適化をご提供しています。内部対策を施策することで、競合が非常に強いキーワードでなければ10位~30位の範囲に表示することが可能、その他組み合わせキーワードは1~10位までに表示することができます。

キーワードをターゲットになる人が問題解決のために利用するキーワードにします。キーワードを調査し、ランキングや訪問数、滞在時間、直帰率などをチェックし、問題点や修正点を導き出します。問題点が競合が強くて上位表示できない場合はキーワードを組み合わせたものから改善することもあります。直帰率が高かったり、滞在時間が短い場合はコンテンツを書き直すことで、検索の意図とマッチするものに修正します。

※検索エンジンからの集客数を伸ばせるサイト

ホームページを改善することで集客数を伸ばせるサイトとそうでないものがあります。日本国内の検索利用率でもわかるようにGoogleで検索されるキーワード(商材やサービス)は集客数を伸ばすことができます。

Google 約68%
Yahoo 約28%
その他 -

広告などを利用していない検索エンジンからの流入を狙ったホームページの流入率もほぼ同じような割合になっています。(弊社調査によるものです。)

集客数を改善するため行う内容はホームページのの状況により様々ですが、主に以下のような内容になります。

キーワードの方向性を確認

ホームページを改善するためにキーワードの方向性を確認します。Search Console の検索結果のクエリ(キーワード)ごとに「表示された回数」の状況を確認、「クエリ数」の増減でロングテールキーワードの状況を測ります。「クエリ数」が増えれば、対象キーワードが増えているので、直接効果をはかる指標になります。サイトに修正を加えることで表示回数や掲載順位が変化するため、SEOが正しく行われているか確認することができます。

アルゴリズムアップデートによって大幅に減少したアクセス数の減少を改善します。違反行為はしていないのに順位が降下したり、アクセス数が減少してしまうことは良くあります。この場合、多くが検索クエリの評価判定の変化やページを追加することによって重複コンテンツによる低品質評価が考えられます。

アクセス数改善のために以下のようなことをGoogleアナリティクスとGoogle Search Console(サーチコンソール)を使って原因を絞り込みます。

  • どこからのアクセスが減少したのか確認する
  • どのページが減少しているのか確認する
  • サイト全体が同時に減少したのか確認する

重複コンテンツ

サイト内に同じキーワード、同じ内容のコンテンツがあると重複コンテンツと判断され一定のボリュームになると低品質なサイトとされ順位降下や時には圏外まで降格されてしまいます。

重複コンテンツを作らないことがSEOの鉄則になりますが、製品ページなどでは型名などが違うだけで同じ内容になっているケースが見受けられます。これも重複コンテンツとして判断されることがあります。注意しないといけないのは販売を主とするサイトではメーカーなどのページを同じように自サイトに公開している場合があります。

このような場合はオリジナルの文章を追加することなどで改善させることができます。

キーワードの詰め込み

過去にはページ内のキーワード出現率が4~5%だと上位に表示されることから出現率の調整が行われました、しかしAIを使った判定に変わった現在キーワードを重視しすぎると逆効果になります。キーワードはサイトやページのキーワードの方向性を示しているかが重要になっています。

キーワードの詰め込みすぎと判定されないようにするには文章を修正しなければなりません。自然な文脈でページ内とサイト内を最適化することで改善することができます。

ホームページの問い合わせ数を改善

contact_us-1024x682 WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善

検索エンジンからの流入を確保できているのに反応(問い合わせ)がないことがあります。詳しく調査すると訪問者のキーワードにはページの情報と異なる内容が含まれていることがあります。キーワードによってたどり着いたのに求めている情報ではないので立ち去ってしまうケースです。キーワードを変更するかページの内容を変更することが必要になります。

「問い合わせがこない」を改善するなら、なぜ問い合わせがこないのか原因を探します。訪問者数はそれなりなのに問い合わせがない、といったことも割と見かけられます。担当者はそれなりに数値がでているので安心することもありますが、なぜ問い合わせにならないのか困惑されいることもあります。

大きな原因の一つとして未だ顧客(製品やサービスを利用する人達ではない)にならない人ばかりを集めてしまっていることや購入や導入への導線が不足していることがあります。アクセスログを分析すると、ページの滞在時間が短い、他のページを見ないで去ってしまっている場合が多いなどで判断することができます。

問い合わせページへの導線が定まっていない

問い合わせページを作りフォームを設置しただけに留まっていませんか?サイト内のナビゲーションやCTA(コールツーアクション)を最適化することで改善されることがあります。特にユーザーに役立つ情報を発信して集客をしている場合、ユーザーの目的は情報を得ることで、商品を買ったり、サービスを利用したいとは考えていないことが多く、問い合わせの欲求度は低いといえます。

このようなユーザーはナビゲーションから問い合わせボタンを探して問い合わせフォームに移動するなどの行動はあまりとりません。しかし、「情報をもう少し知りたい」などの欲求が出れば行動起こす可能性が高まります。問い合わせ数を伸ばすには「知りたい」と思ってもらう文章に改善していくことになります。

WordPressホームページ改善料金

サービス料金はお客様のご要望と内容によって異なってまいります。例えば既存のページを修正する場合と新しくページを追加しなければならない場合では大幅に工数が異なります。

料金はサイトを調査し改善点を導きだすために、初期調査・基本設定費を初回にお支払い頂き、その後、コンテンツ修正・作成料として月次更新管理費と月次契約期間をお客様のご予算に合わせて調整させて頂きます。

初期調査・基本設定費(初回月)
100,000円~
コンテンツ更新管理費(月次)
30,000円~

※料金は税別

料金はご要望や、サイトの状況により異なります。
お打合せは、電子メールとお電話にて対応させて頂きます。

1031754_1920-150x150 WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善

WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善

会社でWordPressのホームページを制作・管理しようとするとプラグインの各種設定が必要になり戸惑うものです。また、運用を開始…

1433427_1920-1-150x150 WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善

製品やサービスページの問い合わせとアクセスを改善

製品やサービスの販売促進目的のページを検索エンジンの上位に表示させ、アクセスアップさせます。ページを検索エンジンの評価に合わせた…

更新日:

Copyright© WordPressプラグイン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.