価格表を表示するShortcodes by Angie Makesの「Content・Pricing table」

更新日:

Shortcodes by Angie Makesの「Content・Pricing table」は、しゃれた価格表を作成して表示することができるプラグインです。表示できる内容は、商品名・価格・商品詳細・注文ページ等へのリンクボタンとなってしまいます。ページ内に複数の価格表をレスポンシブ表示できるので、スマホサイトにも対応できます。

Shortcodes by Angie Makes

Screenshot of ja.wordpress.org

Shortcodes by Angie Makes プラグイン・ディレクトリ

  • このプラグインでできることは、レイアウトや見た目をHTMLやCSSの知識がなくてもショートコードで充実させることができる。
  • このプラグインの名称は「Shortcodes by Angie Makes」
  • プラグインディレクトリのページ
  • ライセンスは無償
  • 必須WordPressバージョンは3.7
  • 検証済みバージョンは4.7.7
  • 管理画面の言語は英語
  • アクティブインストールは40,000+
  • インストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名で検索 → インストール → 有効(プラグインのエラーが発生した時の回復方法

Shortcodes by Angie Makesの「Content・Pricing table」の使い方

Pricing tableはページ内の任意の場所に価格表を表示させることが可能になります。表示できる内容は、商品名・価格・商品詳細・注文ページ等へのリンクボタンとなってしまいます。ページ内に複数の価格表をレスポンシブ表示できるので、スマホサイトにも対応できます。

ビジュアルモードから [ ] ボタンをクリックしContent → Pricing tableと進みます。設定入力の窓が表示されるので以下の内容を指定していきます。Insert Shortcode ボタンでショートコードが追加されるので商品詳細(スペック)等を修正します。

  • Plan → 商品名やサービス名
  • Cost → 価格
  • Button URL → リンクURL 「注文や申し込みページのURL」
  • Button Text → ボタンに表示させる文字
  • URL Target → Same Windows or New Tab

SEOの設定ができるプラグイン

WordPressにはSEO(検索エンジン最適化)をヘルプしてくれるプラグインが揃っています。

サイトをバックアップするプラグイン

バックアップはWordPressのサイトを運用する上でとても重要なことです。何時、WEBサーバーやデーターベースサーバーが壊れてしまうかわかりません。

-プラグイン

Copyright© WordPressの使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.