WordPressテーマ「Stinger 8」 の編集ボタンを解説

更新日:

WordPressテーマ「Stinger 8」 の編集ボタンを解説

「Stinger 8 」はテキストモードのデフォルトでは数多くのボタンが装備されています。一般的な記事を書くには十分な装飾ができると思います。もっとボタンを追加したい場合は、プラグインAdd Quick Tagを利用されるとよいでしょう。

Stinger 8

  • Stinger 8
  • ENJI
  • ワードプレス非公認
  • レイアウトレスポンシブデザイン(スマートフォン対応)
  • WordPress 4.3.1以上
  • PHP 5.3以上

「Stinger 8」の編集ボタン

ボタン 表示例
太字 強調表示する
太字(赤) 赤色で強調表示する
大文字 大文字表示する
小文字 小文字表示する
ドット線 ドット線を表示する
黄マーカー 黄マーカーを表示する
赤マーカー 赤マーカーを表示する
参考 参考
写真に枠線 タグで囲むと写真に枠線を引けます
記事タイトルデザイン 記事タイトルデザイン
cood cood
アドセンス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

回り込み解除 回り込み解除できます
センター寄せ センター寄せ
黄色ボックス 黄色ボックス divタグで囲む
薄赤ボックス 薄赤ボックス divタグで囲む
グレーボックス グレーボックス divタグで囲む
引用風 引用風 divタグで囲む
装飾なしテーブル 装飾をしないテーブルを作れる

Stinger 8で使いたいプラグイン

WordPressの公式テーマは審査後公認され無料で利用できるようになります。公式テーマは基本部のみの配信のため拡張機能を利用したい場合はプラグインを導入することになります。

テーマの着せ替え

比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

有料テーマのメリット

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

WordPressのデメリット

WordPressは世界的にも高いシェアを持っていますが、やはりデメリットもあります。

  • 静的サイトに比べ表示速度が遅い
  • セキュリティに弱い:シェアが大きいからこそハッカーの標的になりやすい
  • エラーが起きやすい:プラグインなどの互換性に注意が必要
  • サポートがない:無料で使えるためサポートデスクがない

-テーマ
-,

Copyright© WordPreeの使い方 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.