ネットショップにおすすめなWordPressテーマ【E-Commerce】

この記事はプロモーションが含まれています。

WordPressテーマ【E-Commerce】はキャッチテーマによるシンプルでクリーンで応答性の高いネットショップ向けテーマです。特に人気のあるeコマースプラグイン「WooCommerce」で動作するように設計されています。「E-Commerce」はレスポンシブWebデザインに基づいており、すべてのデバイスとプラットフォームで完全に表示されるように各要素が慎重に構成されています。E-Commerceは、ミニマルでモダンな外観を提供し、あなたのeコマースストアを際立たせます。美しく、しかもプロフェッショナルなeコマースストアをすぐに作成しましょう!

ネットショップにおすすめなWordPressテーマ【E-Commerce】

E-Commerce

E-Commerceは、ミニマルでモダンな外観を提供し、あなたのeコマースストアを際立たせます。美しく、しかもプロフェッショナルなeコマースWordPressストアをすぐに作成しましょう!

E-Commerce(WordPressテーマでネットショップ)

WordPress.orgE-Commerce
バージョン1.71
最終更新2022年8月15日
有効インストール500+
WordPressバージョン5.6
PHPバージョン5.6
E-Commerce の概要 2023年11月

E-Commerce をインストールするにはダッシュボードから外観 → テーマ → 新規追加 → テーマ名で検索しインストールを開始します。

※最新の情報を E-Commerce で確認のうえご利用ください。

E-Commerce のテーマカスタマイザー

E-Commerce のカスタマイズ内容は以下の表のようになっています。

サイト基本情報サイトのタイトル
キャッチフレーズ
色を指定できる
ヘッダー画像画像を指定できる(1440×618推奨)
背景画像画像を選択
メニュー2ケ所
追加cssスタイルシートを追加
E-Commerce のテーマカスタマイザー

E-Commerce で使いたいショッピングカート

WELCARTはWordPress専用のショッピングカートで、Welcartプラグインを追加するだけで無料で簡単にネットショップを始められます。ログインや管理画面がWordPressと共通なので、運営者の負担も少なく管理が可能です。

「E-Commerce」は、キャッチテーマによるシンプルでクリーンで応答性の高いネットショップ向けテーマです。「E-Commerce」は特に人気のあるeコマースプラグイン「WooCommerce」で動作するように設計されています。

※ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。

メリットデメリット
販売エリアが広がる集客が難しい
開店するためのコストが低い価格競争になることがある
24時間営業できる顧客の固定化が難しい
ネットショップのメリットとデメリット

ネットショップに利用したいWordPressテーマ

WordPressでネットショップ(ECサイト)を構築する場合、WordPressテーマにカート機能を組み込むためのカスタマイズや、決済システムの導入など、作業時間や費用についての問題が生じます。そのため、まずは手軽に物販を始めたいという場合は、BASE (無料でネットショップを開設できるサービスです。)などの無料ネットショップを紐付ける方法がおすすめです。

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。

  • ランキングサイト・口コミサイトなどが簡単に作れる、おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  • ブロガー、メディア、オウンドメディア
  • 開発・販売は、フィット株式会社

ネットショップを安全に運用するレンタルサーバ選び

商品の人気によっては、途端にアクセスが増えたりする可能性もあります。少ない転送量のレンタルサーバだとユーザーがサイトにアクセスできなかったり、決済時にエラーが起きてしまったりなどの問題が起きてしまうかもしれません。ECサイトやネットショッピングはあくまでもビジネスとして運営するものであるため、その規模や収益などによってかけられる予算や必要な機能が大きく変わってきます。そのため、目的に合ったサービスがどれで、どのような状況になったら別のサービスに乗りかえるかといった中長期的な視点を持ちながら、利用するサービスを決めていく必要があるでしょう。

レンタルサーバー【ロリポップ】のWordPressが利用できるのはライトプランからになります。ハイスピードプランを36ケ月契約で利用すると月額が割安で利用できるのでこちらがお勧めかもしれません。

  • ハイスピード以上のプランではLiteSpeedのサーバーを使用しており、WordPress高速化プラグイン「LiteSpeed Cache」を標準装備。
    プラグインを有効にしたハイスピードプランと国内レンタルサーバーサービスのWordPressで速度比較しても圧倒的な速さ。※(「LiteSpeed Cache」はLiteSpeedのWebサーバーで利用できるキャッシュ機能で、WordPressプラグインを有効化することでサイトを高速化できます。)
  • ハイスピードプラン・エンタープライズプラン限定で利用できる無料の自動バックアップ作成機能になっています。

ネットショップの悩みを解決するサービス

ネットショップのカスタマイズやデザインがむつかしいようなら専門家に依頼しましょう。オンラインサービス【ココナラ】には、専門知識をもった企業やクリエイターがいてオンランインでいろいろな作業を依頼することができます。

《Webサイト制作・Webデザイン》

ココナラは クリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる、スキルのオンラインマーケットです。

《Webサイト制作・Webデザイン》 ホームページ制作/ECサイト制作/LP制作/WordPressカスタマイズ

《デザイン》 ロゴデザイン/チラシデザイン/図面・CAD/名刺デザイン

《動画・アニメーション・撮影》 動画広告/結婚式ムービー/YouTubeOP作成/アニメ制作

《イラスト・漫画》 SNSやTwitterのアイコン/キャラクター作成/2D・3Dモデリング

>> 詳細を読む