WordPressテーマ

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

投稿日:2017年12月14日 更新日:

BizVektorは企業サイトにも無償で利用できるWordPressの無料テーマです。BizVektorは「お知らせ」がカスタム投稿として最初から用意されているので、会社案内や製品やサービス案内ページに画像を張りつけて説明を入力すれば、デザインをしなくても企業のホームページとしてすぐに通用する汎用性の高いテーマです。

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

BizVektor配布元の企業からも、ビジネス用途の企業のホームページに必要な要素・仕様・構成に徹底的に最適化していることが述べられていて、BizVektorが企業用として力をいれられたことが伺えます。製品やサービスのボリュームが多くなければ、固定ページに製品案内を配置し、ブログを使って製品に関心のあるユーザーを集客することが可能です。製品のボリュームが多かったり、製品サイクルが早い、シーズンごとの売れ筋があるなども同様で、ブログ機能のカテゴリーやタグを活用するとユーザーにわかり易く素早いアプローチがとれるようになります。また、BizVektorは企業に必要な企業情報のお知らせをカスタム投稿として標準で構成されているのでカスタマイズのスキルを必要とすることなく運用できます。

BizVektorの概要

  • BizVektor
  • https://www.vektor-inc.co.jp/
  • 公認と非公認版がある
  • レスポンシブデザイン(スマートフォン対応)

BizVektorを企業サイトにカスタマイズ

BizVektorは無料で提供されているとは思えないほどカスタマイズをすることができます。PHPのスキルがなくてもかなり細かな変更ができるようになっているので企業のWEB担当者にうれしい仕様です。「ダッシュボード → 外観 → カスタマイズ」とすすみカスタマイズするか、「ダッシュボード → 外観 → BizVektorテーマオプション」でカスタマイズする方法があります。

サイト基本情報 一般設定:サイトのタイトル、一般設定:キャッチフレーズ
カラーピッカーで選択
ヘッダー画像 950 × 250 px ランダム表示可
背景画像・画像を指定 ヘッダー画像 950 × 250 推奨 おすすめヘッダーをランダム表示
メニュー Heder Navigation・Footer Navigation・Footer SiteMap
デザイン設定 ヘッダーロゴ画像等の設定
連絡先の設定 サイトに表示する自社連絡先
トップページ3PRエリアの設定 3PRエリアの設定ができる
ウィジェット サイドバー(トップページ) / サイドバー(共通・上) / サイドバー(共通・下) / コンテンツエリア(トップページ)
Rebuildカラー設定 選択式(プレビューで確認しながら設定できる)

その他にも、ナビゲーションメニューをヘッダー、サイド、フッターとカスタムメニューで対応できる。Facebokk,twitterなどのSNS連携がURLを設定することで可能。問い合わせページのURLを設定することで問い合わせバナーを全ページに表示できます。

BizVektorには「Rebuild」、「Calmily」、「プレーン」、「Defauly」の4種類のスキンが用意されています。企業サイトとしてシンプルな「プレーン」などを選べば製品の画像などが引き立って訴求効果が出ます。

BizVektorをカスタマイズする手順

BizVektorで企業サイトをカスタマイズするには下記の手順で行います。

  • WEBサイトの構成を考える (※注1)
  • 企業サイトに不要な機能を削除する
  • 必要な拡張機能(プラグイン)を追加する
  • グローバルナビゲーションやサイドメニューを作る
  • TOPページを作る
  • 会社案内ページを作る
  • 事業内容ページを作る
  • お知らせや、ブログ(製品やサービスをカテゴリーに構成する)を設置する

※ 注1)固定ページ・投稿ページのコンテンツを書き出す。そしてカテゴリーやタグを振り分ける。などの設計書・制作ガイドラインを作成しておくと作業をスムースに進めることができ、修正が発生しても最小限の工程で完結できるようになります。

*子テーマでカスタマイズしている方はご注意ください。(BizVektor 1.7.0)CSSの継承を軽くするために id=content と記述してあるdivタグに class=”content” を追加しています。子テーマに複製したファイルにも同様に class=”content” を追加しないと、デザインスキンによっては表示が崩れる事があります。

BizVektorを企業サイト向きにコピーライトを非表示にする

BizVektorを企業サイトとして利用する時、著作権表示のコピーライトを非表示にするにはtheme-options.phpを編集します。Bizvektorは企業でも無償で商用利用できるのですが、フッターに「Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.」とコピーライトが表示されます。企業サイトとして利用するときは非表示にしたいこともあると思います。有料で非表示用プラグインFooterPoweredDeleteが用意されているのですが、編集で非表示にすることもできます。

BizVektorのコピーライトを非表示にするには直接テンプレートファイルを編集する方法もありますが、ここではダッシュボードから編集してみたいと思います。ダッシュボードから「外観」→ テーマ編集 → 「theme-options.php」と進みます。

800行ぐらいに「// **** Don’t change id name!」というコメントがありますので削除かコメントアウトします。

あとはブラウザで確認をしてください。注意点はテーマのアップデートによってファイルが書き換えられるので再度作業しなければならないことです。

BizVektorの表示スピード

テーマを選ぶ際には表示スピードにも配慮しておきたいところです。表示スピードはサーバーやプラグインによって大きく影響されるものです。下記の表は、プラグインを使用しない状態で、同じコンテンツを同じサーバーでPageSpeed Insightsで計測したものです。

テーマ モバイル パソコン
BizVektor 73 / 100 87 / 100
Twenty Seventeen 82 / 100 87 / 100

【表示スピードを遅くする要因】
表示スピードを遅くする要因としてプラグインが上げられますがサーバーのPHPのバージョンなどとの相性もあります。バージョンを変更することで表示スピードが改善された例もありますので確認をしておきましょう。またプラグインの設定が適切でない場合など特に影響が出ることがあります。

関連する記事

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Stinger PLUS(WordPressテーマ)とStinger8の編集ボタンの違いを比較

ブロガーやアフィリエイター達に愛用されているStinger(WordPressテーマ)ですが、編集ボタンは配布されているVer.によって相違があります。ここではStinger PLUSとStinger8の編集ボタンの違いを比較しています。機能が 豊富なのは…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Stinger 8のカスタマイズとウィジェット

「Stinger(スティンガー)」はブロガーやアフィリエイターから幅広く支持されているWordPressの無料テーマです。シンプルなデザインはブログとして利用でき、編集画面も便利なボタンが数多く実装されています。情報コンテンツ(文章)主力でいくなら、日本生…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

管理画面のタグ(紐付け)操作を楽にするWordPressのカスタマイズ

WordPressの管理画面をカスタマイズしてタグの操作を楽にする方法です。タグを過度に使用するとキーワードの詰め込みとされることから使用されていないサイトも多いようですが、わかり易い構造にすることで利便性の向上が望めます。しかし、WordPressのダグ…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Stinger PLUS2の管理から「サイト全体の設定」を解説

Stinger PLUS2の管理を利用するには、ダッシュボード → STEINGER+2 管理 と進みます。設定できるのは以下のような内容になっています。 ■サイト全体の設定 カスタマイザー(基本色)設定 サイト全体のレイアウト一括設定 ヘッダー設定 サム…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Stinger PLUS2の管理機能を解説

Stinger PLUS2の管理機能を解説しています。デフォルトでは、ダッシュボード → 外観 → カスタマイズ で設定する以外にもSTEINGER+2 管理があります。設定できるのは、サイト全体の設定、トップページの設定、投稿・固定記事設定、ヘッダー画像…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Simplicity2のカスタマイズとウィジェット

Simplicity2はその名のとおりシンプルなデザインになっているテーマです。文字情報でユーザーを引き付けることができることができます。シンプルなデザインは文字数が多くなる傾向がありSEOにも効果的なことが挙げられますが、シンプルなだけにセンスが必要だと…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Food Expressのカスタマイズとウィジェット

Food Expressフードプレスは無料の飲食店向きWordPressテーマ(テンプレート)です。Food Express無料版と有料版のPROバージョンが配布されています。海外のテーマなのでダッシュボードは英語になっています。 Food Express…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Lightningのカスタマイズとウィジェット

Lightningの特徴はテーマと同時開発されている無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」、今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイ…

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Stinger PLUS2のカスタマイズとウィジェット

Stinger PLUS2は幅広く支持されているWordPressの無料テーマです。Stinger PLUS2はシンプルなデザインはビジネスブログとして利用でき、編集画面も便利なボタンが数多く実装されています。

BizVektorは企業サイト向き(無料で利用できる)

Cocoonのカスタマイズとウィジェット

Cocoon(コクーン)はシンプルな100%GPLのWordPressテーマです。SEO、高速化、モバイルフレンドリーに最適化されています。Cocoon(コクーン)はアフェリエイトに適したテーマといえ、広告を貼ることに注力されているWordPress無料テ…

-WordPressテーマ
-

執筆者:

関連記事

Stinger PLUS(WordPressテーマ)とStinger8の編集ボタンの違いを比較

ブロガーやアフィリエイター達に愛用されているStinger(WordPressテーマ)ですが、編集ボタンは配布されているVer.によって相違があります。ここではStinger PLUSとStinger …

Simplicity2のカスタマイズとウィジェット

Simplicity2はその名のとおりシンプルなデザインになっているテーマです。文字情報でユーザーを引き付けることができることができます。シンプルなデザインは文字数が多くなる傾向がありSEOにも効果的 …

管理画面のタグ(紐付け)操作を楽にするWordPressのカスタマイズ

WordPressの管理画面をカスタマイズしてタグの操作を楽にする方法です。タグを過度に使用するとキーワードの詰め込みとされることから使用されていないサイトも多いようですが、わかり易い構造にすることで …

Stinger のカスタマイズとウィジェット

「Stinger(スティンガー)」はブロガーからアフィリエイターまで幅広く支持されているWordPressの無料テーマです。作者のコメントからもSEOに力をいれていることが伺えるものが感じられます。「 …

Stinger PLUS2の管理から「サイト全体の設定」を解説

Stinger PLUS2の管理を利用するには、ダッシュボード → STEINGER+2 管理 と進みます。設定できるのは以下のような内容になっています。 ■サイト全体の設定 カスタマイザー(基本色) …