WordPressテーマの選び方:公式ディレクトリと無料テーマ

更新日:

無料、有料と様々なテーマが数多く提供されているWordPressです。WordPress公式ディレクトリでは最新のテーマがアップロードされ、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。デザインにこだわりたいなら、有料で質の高いテーマを選ぶこともできます。

注意したいのは、海外サイトなどで配布されているものには、悪意のあるソースが含まれていることがあります、テーマの安全性には十分注意を払いましょう。また、導入事例などが公開されているかも確認するとよいでしょう。「テーマの名前 WordPressテーマ」などで検索すると事例を見つけることができます。

【PR】

1031754_1920-150x150 WordPressテーマの選び方:公式ディレクトリと無料テーマ

WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善

会社でWordPressのホームページを制作・管理しようとすると…

1433427_1920-1-150x150 WordPressテーマの選び方:公式ディレクトリと無料テーマ

製品やサービスページの問い合わせとアクセスを改善

製品やサービスの販売促進目的のページを検索エンジンの上位に表示さ…

WordPress公式ディレクトリ

日本語-WordPress内のテーマを扱ったカテゴリー、レイアウト・機能・題名で絞り込んで探しだすことができます。国内産のテーマが増えていますが、海外のテーマも数多く、日本語で使用するにはフォントなどのカスタマイズが必要なこともあります。テーマを適用するには、ダウンロードしてWordPressログイン後アップロードする形になります。

※ダッシュボードから直接テーマをインストール有効化する方法もあります。「ダッシュボード」→「外観」→「新しいテーマを追加」でテーマを追加することができます。

※テーマは気軽に変更できるように感じますが、ウィジェットやナビゲーションの設定が必要になることも多く注意が必要です。

WordPress公式ディレクトリの人気テーマ



無料テーマ

無料テーマはWordPress制作会社などから無料で配布されているテーマです。全て無料で使用できるものから、一部の機能に制限がつけられて、利用するには有料版へのバージョンアップが必要なものもあります。


BizVektorは企業サイトに利用できるWordPressの無料テーマです。「お知らせ」がカスタム投稿として最初から用意されているので、会社案内や製品やサービス案内ページに画像を張りつけて説明を入力すれば、デザインをしなくても企業のWEBサイトとしてすぐに通用する汎用性の高いテーマです。


STINGERはブログに適したレイアウトとSEOを考慮されたテーマです。アフェリエイトやビジネスブログには戦力になってくれるでしょう。特に編集画面の機能ボタンが用意されていること文章の装飾がボタンを利用することでCSSの知識を必要とせずに可能なります。

[insert page='cta' display='content']

関連の記事

-未分類

Copyright© WordPressプラグイン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.