WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

更新日:

WordPress公式テーマディレクトリでは無料、有料と様々なテーマが数多く提供されています。WordPress公式テーマディレクトリには最新のテーマがアップロードされ、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。デザインにこだわりたい、編集機能が豊富なものを選びたいならば、有料で質の高いテーマを選ぶことも選択肢の一つになります。

日本語-WordPress、公式テーマディレクトリではテーマを扱ったカテゴリー、レイアウト・機能・題名でテーマを絞り込んで探しだすことができます。国内産のテーマが増えていますが、デザイン性の優れた海外のテーマも数多く揃っています。

【PR】

1031754_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

WordPress(企業サイト)の問い合わせとアクセスを改善

会社でWordPressのホームページを制作・管理しようとすると…

1433427_1920-1-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

製品やサービスページの問い合わせとアクセスを改善

製品やサービスの販売促進目的のページを検索エンジンの上位に表示さ…

WordPress公式テーマディレクトリ

WordPress公式テーマディレクトリには豊富なテーマが揃っています。ブログに適したテーマはもちろん、企業サイトやショップ系などに利用できるものまで多種多様に揃っています。

テーマ選び方のポイントは、メニューの位置や数、ウィジェット、フッターウィジェットの位置やサイズ(文字数)、テーマカスタマイザーの内容などを確認することです。メインコンテンツにマッチしたデザイン、レイアウトであるかもチェックしましょう。日本語で使用するにはフォントなどのカスタマイズが必要なこともあります。

テーマディレクトリからテーマをインストールするには、ダウンロードしてWordPressログイン後アップロードすることになります。ダッシュボードからも同様に検索しインストールすることもできます。

Twenty Seventeen【WordPress公式テーマ】

Twenty Seventeen は、没入感のあるアイキャッチ画像と繊細なアニメーションを用いて、サイトに命を吹き込みます。ビジネスサイトにフォーカスをあて、ウィジェット、ナビゲーション、ソーシャルメニュー、ロゴ等はもちろんフロントページの複数のセクションを目立たせます。カスタム配色で非対称のグリッドの個性を出し、投稿フォーマットでマルチメディアコンテンツを際立たせます。2017年のデフォルトテーマは、多くの言語において、どんな才能に対しても、どのようなデバイスでも、うまく動作します。
WordPress公式テーマディレクトリより引用

Unwind【WordPress公式テーマ】

【翻訳】
アンワインドはクリエイターのためのモダンなテーマです。素晴らしい統合された投稿のスライダ、きれいなラインと鮮明なタイポグラフィは、それをブロガーのための完璧なキャンバスにします。通常、プレミアムテーマでしか見つからない完全なWooCommerceの統合により、Unwindは販売に理想的です。私たちは群衆から立っていることが重要であることを知っています。Unwindは4つのヘッダーレイアウトと5つのブログレイアウトを提供し、ブランドに合ったユニークなルック&フィールを簡単に作成できます。アンワインドは完全に反応し、モバイル対応可能です。また、大胆な全画面検索、スムーズなトップ・ボタン、およびSiteOriginによるJetpack Infinite ScrollやPage Builderのようなお気に入りのプラグインの統合を備えています。
WordPress公式テーマディレクトリより引用

Fukasawa【WordPress公式テーマ】

【翻訳】
Fukasawaは写真家やコレクターのための最小限の石積みスタイルのブログテーマです。画像、ギャラリー、ビデオポストフォーマット、5つのカスタムウィジェット、アーカイブページテンプレート、ギャラリースライドショー、カスタムアクセントカラーサポート、カスタムロゴサポート、エディタスタイル、翻訳準備完了コードをサポートしています。
WordPress公式テーマディレクトリより引用

Oblique【WordPress公式テーマ】

オブリーク (Oblique) は創造的なレンガ積みレイアウトのテーマで、ファッションまたは全般的なブロガーにぴったりです。パララックス効果のヘッダー画像、フルカラーの配色設定による無限のカラーバリエーション、Google フォントの簡単な追加、レスポンシブデザインなどを備えています。
WordPress公式テーマディレクトリより引用

Yuuta【WordPress公式テーマ】

Yuutaは、きれいで無料のWordPressテーマで、ビジュアル日記として機能するように設計されています。すべてのポストフォーマットのサポートにより、かなり多様化したブログを作成することができます。
WordPress公式テーマディレクトリより引用

ZIllah【WordPress公式テーマ】

ZIllah (ジラ) は ThemeIsle (テーマアイル) の無料のミニマムなブログ用 WordPress テーマです。レスポンシブで幅広いプラグインと互換性があります
WordPress公式テーマディレクトリより引用

Ascendant【WordPress公式テーマ】

Ascendant は、代理店や専門家に最適な無料の多目的 WordPress テーマです。
WordPress公式テーマディレクトリより引用

Marlin Lite【WordPress公式テーマ】

マーリンLiteは、エレガントで清潔で現代的なWordPressのテーマです。ブートストラップフレームワークで構築されています。コンテンツは簡単な機能でデザインにフォーカスし、より柔軟で使いやすいサイトを提供します。それは、創造的なブロガー、個人、また写真家、ビジネス、企業、その他の専門家のウェブサイトにも適しています。Marlin Liteは、AboutとLatest Postsの2つのカスタムウィジェットを提供しています。テーマのオプションは、カスタマイザによって実行されます。
WordPress公式テーマディレクトリより引用


08e23b55a0048-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマWordPressテーマディレクトリのテーマは審査に適合しないと登録できないのでその点では安心して利用することができます。しかし、公式ゆえに拡張機能が組み込まれていないなどの物足りなさもあります。また、海外での開発のため参考になるドキュメントが少ないテーマも存在します。なにかあっても自力で解決することが求められます。

※関連の記事

blogger-336371_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Crayon Syntax Highlighter:記事にHTMLソース等を表示するWordPressプラグイン

Crayon Syntax Highlighterは、記事にHTMLソースなどを表示するWordPressプラグインです。一般的にはあまり利用されることは少ないかもしれませんが、WordPressのカスタム情報やWEサイトの情報を発信している場合は便利かも…

3368242_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Easy Table of Contents:目次を自動で作るWordPressプラグイン

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれるWordPressプラグインです。目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプに挿入することが出来ます。使いやすく、機能…

849804_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Classic Editor:Gutenbergと旧エディタを切り替え:WordPressプラグイン

WordPressプラグインClassic EditorはWordPress 5.0から採用された新しいエディタ Gutenberg を旧エディタに戻してくれるプラグインです。戻してくれるだけでなく、エディタを切り替えて使えるようにもしてくれます。

791049_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Breadcrumb NavXT:パンクズリストを設置【WordPressプラグイン】

Breadcrumb NavXTはパンクズリストを設置できるWordPressプラグインです。有料テーマや無料テーマによっては標準でパンクズリストが設置されていることも多いのですが、公式テーマなどでは採用されていないこともあります。PHPスキルを持たれてい…

849804_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Post Type Switcher:投稿タイプを変更できるWordPressプラグイン

WordPressのプラグインPost Type Switcherは、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。WordPressのページの種別は投稿(Post)と固定ページ(Page)に分けられています。投稿のページとして公開してし…

woman-731894_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Food and Drink Menu:飲食店のメニューを作るWordPressプラグイン

「Food and Drink Menu」はレストランやカフェなどの飲食店のフードやドリンクのメニューを作るのに特化しているWordPressプラグインです。「Food and Drink Menu」は自由度はあまり高くありませんが使い方は非常に簡単です。

startup-593327_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Admin Columns:ダッシュボードのカラムを並び替えるWordPressプラグイン

Admin Columnsは記事の一覧表示をカスタマイズできるプラグインです。Admin ColumnsはWordPressの固定ページや投稿の一覧表示画面でカラムの幅を変更したり、デフォルト以外の項目を表示したりすることができるようしてくれるプラグインで…

woman-3190829_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

XML Sitemap & Google News feeds:XMLサイトマップを送信するWordPressプラグイン

XML Sitemap & Google News feedsは xml サイトマップとNEWS フィードを自動で作成してくれるWordPressプラグインです。Google XML Sitemapsを利用される方が多いかもしれませんが、XML S…

laptop-2838921_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Simple Post Notes:ダッシュボードにノート機能を追加するWordPressプラグイン

Simple Post Notesはダッシュボードにのノート機能をつけてくれるWordPressプラグインです。投稿や固定ページに記録したノートの内容を表示してくれるので複数の人で記事を書くときメモをしておけば伝わり易くなります。Simple Post N…

sadness-3421489_1920-150x150 WordPress公式テーマディレクトリでのテーマの選び方:WordPressテーマ

Scroll Back To Top Button:スクロールボタンを表示するWordPressプラグイン

Scroll Back To Top Buttonはページトップへ戻るボタンを表示してくれるWordPressプラグインです。モバイル端末では縦に長く表示されページのトップに戻りたいとき面倒です。Scroll Back To Top Buttonをインスト…

関連の記事

-テーマ

Copyright© WordPressプラグイン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.