SANGOはユーザーフレンドリーな有料テーマ

「SANGO」はユーザーフレンドリーな有料テーマです。「SANGO」は特に内部最適をした非常にデザイン性の高いユーザー主体のコンテンツを作り上げることができるテーマといえるでしょう。価格は11,000円(税込み)となっています。特長としては、見出し、ボタン、ボックス、箇条書きなど装飾パーツが準備されてます。

「SANGO」の概要

「SANGO」はユーザーフレンドリーで内部SEO最適化済みの有料テーマです。「SANGO」は特に内部最適をした非常にデザイン性(Googleのマテリアルデザインを採用)の高いユーザー主体のコンテンツを作り上げることができるテーマといえるでしょう。

  • 名称は「SANGO」
  • アフィリエイトとSEOに最適化されたWordPressテーマ
  • 「SANGO」
  • 有料
  • 価格:11,000円(税込み)
  • 購入方法:1.BOOTHからダウンロードと2.ConoHa WINGからダウンロード(WINGパック利用で割引あり)
  • BOOTHで購入
  • ConoHa WINGで購入

「SANGO」の特徴

  • Googleのマテリアルデザインを採用
  • ストレスにならないアニメーション
  • 内部SEO対策済
  • 簡単にサイトカラーを変更
  • 30種以上の見出し
  • 30種以上のボタン(ショートコード)
  • 30種以上のボックスデザイン(ショートコード)
  • 30種以上の箇条書き

「SANGO」はその他にも数々の特徴を持っています、気になる方は「SANGO」の特徴で確認してください。

有料テーマのメリット

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

「SANGO」に着せ替え

WordPressは比較的簡単にテーマ着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

「SANGO」のまとめ

「SANGO」はユーザーフレンドリーで内部SEO最適化済みの有料テーマです。「SANGO」は特に内部最適をした非常にデザイン性の高いユーザー主体のコンテンツを作り上げることができるテーマといえるでしょう。価格は11,000円(税込み)となっています。特長としては、見出し、ボタン、ボックス、箇条書きなど装飾パーツが準備されてます。

「SANGO」の他に使いたいテーマ【Luxeritas】
Luxeritas

「Luxeritas」は、SEO 最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料のテーマです。「Luxeritas」の特にカスタマイズは高機能で細かいところまでカスタマイズでき、プラグインの追加なしでサイトを構成できます。

「SANGO」の他に使いたいテーマ【Cocoon】
Cocoon

Cocoon(コクーン)はシンプルな100%GPLのテーマです。SEO、高速化、モバイルフレンドリーに最適化されています。Cocoon(コクーン)はアフェリエイトに適したテーマといえ、広告を貼ることに注力されているます。

「SANGO」の他に使いたいテーマ【Simplicity】
Simplicity

「Simplicity2」はその名のとおりシンプルなデザインになっています。文字情報でユーザーを引き付けることができることができます。「Simplicity2」のようなシンプルなデザインは文字数が多くなる傾向がありSEOにも効果的なことが挙げられますが、シンプルなだけにセンスが必要だとも言えます。

「SANGO」の他に使いたいテーマ【LION BLOG】
LION BLOG

「LION BLOG」は無料で利用することができます。SEO最適化済み、レスポンシブ、高いカスタマイズ性を備えた無料のテーマです。「LION BLOG」はカスタマイズが容易で、誰でも「使いやすく美しいデザインのサイト」を作ることができます。