SANGOはユーザーフレンドリーなWordPress有料テーマ

SANGO はユーザーフレンドリーな有料テーマです。特に内部最適をした非常にデザイン性の高いユーザー主体のコンテンツを作り上げることができるテーマといえるでしょう。価格は11,000円(税込み)となっています。特長としては、見出し、ボタン、ボックス、箇条書きなど装飾パーツが準備されてます。SANGO はユーザーフレンドリーな有料テーマです。

SANGO の概要

SANGO は特に内部最適をした非常にデザイン性の高いユーザー主体のコンテンツを作り上げることができるテーマといえるでしょう。価格は11,000円(税込み)となっています。特長としては、見出し、ボタン、ボックス、箇条書きなど装飾パーツが準備されてます。

  • 名称は「SANGO」
  • アフィリエイトとSEOに最適化されたWordPressテーマ
  • 「SANGO」
  • 有料
  • 価格:11,000円(税込み)
  • 購入方法:1.BOOTHからダウンロードと2.ConoHa WINGからダウンロード(WINGパック利用で割引あり)
  • BOOTHで購入
  • ConoHa WINGで購入

「SANGO」はユーザーフレンドリーで内部SEO最適化済みの有料テーマです。「SANGO」は特に内部最適をした非常にデザイン性(Googleのマテリアルデザインを採用)の高いユーザー主体のコンテンツを作り上げることができるテーマといえるでしょう。

SANGO の特徴

  • Googleのマテリアルデザインを採用
  • ストレスにならないアニメーション
  • 内部SEO対策済
  • 簡単にサイトカラーを変更
  • 30種以上の見出し
  • 30種以上のボタン(ショートコード)
  • 30種以上のボックスデザイン(ショートコード)
  • 30種以上の箇条書き

「SANGO」はその他にも数々の特徴を持っています、気になる方は「SANGO」の特徴で確認してください。

有料テーマのメリット

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

SANGO に着せ替え

WordPressは比較的簡単にテーマ着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

「SANGO」はユーザーフレンドリーで内部SEO最適化済みの有料テーマです。「SANGO」は特に内部最適をした非常にデザイン性の高いユーザー主体のコンテンツを作り上げることができるテーマといえるでしょう。価格は11,000円(税込み)となっています。特長としては、見出し、ボタン、ボックス、箇条書きなど装飾パーツが準備されてます。

WordPress有料テーマのメリット

WordPressのテーマとは、Webサイト全体のテンプレートのことです。複数のファイルで構成さえれ、デザインなどの内容がセットになっています。そのため、変更すれば複雑な処理を行うことなく、Webサイトのデザインや構成、機能などを変えることができます。含まれる複数のファイルは「テンプレートファイル」と呼ばれます。ページごとにファイルが分かれていて、表示内容を決めることができます。WordPressの基本的なメインコンテンツは、「index.php(トップページ)」、「single.php(個別記事)」、「page.php(固定ページ)」、「search.php(検索結果)」、「archive.php(過去記事一覧)」などのテンプレートファイルを結合させることで構成されています。

変更したい場合、ファイル一式を丸ごと入れ替える方法以外に、このテンプレートファイルを組み合わせてカスタマイズすることもできます。インターネット上で無料ダウンロードできるものから、有料で販売されているものもあります。よりWebサイトの構成にこだわりたい場合は、自分で作成したテーマをアップロードして適用することも可能です。

WordPressテーマには、テーマディレクトリからダウンロードして利用できるものの他に、無料で公開されているもの、WEB制作会社等から販売されているものがあります。

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

WordPressは比較的簡単にテーマ着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

世界的にも高いシェアを持つCMSですが、注意したいこともあります。WordPressは、一定のスキルを持った人を対象にしており、初心者でも簡単に使えるようにするには、相応のカスタマイズが必要です。下記に表記していますが、セキュリティに注意が必要と言えます。

  • 静的サイトに比べ表示速度が遅い
  • セキュリティに弱い:シェアが大きいからこそハッカーの標的になりやすい
  • エラーが起きやすい:プラグインなどの互換性に注意が必要
  • サポートがない:無料で使えるためサポートデスクがない

大規模サイトを構築する場合はシステム構築のスキルやDBのメンテナンス知識が必要と考えてください。顧客管理情報を取り扱う場合も同様と言えます。何らかのトラブル時にはサイトが消滅してしまうリスクも覚えておいてください。

  • セキュリティが弱い点がある
  • ログイン画面からのハッキングに注意
  • プラグインからのハッキングに注意

SANGO と同じ有料テーマ