「Ultimate Category Excluder」は記事一覧を非表示にする

「Ultimate Category Excluder」は記事一覧を非表示にする

「Ultimate Category Excluder」は任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれるプラグインです。「Ultimate Category Excluder」の使い方は簡単で除外したいカテゴリを選択するだけで、すべての作業を自動的に行います

「Ultimate Category Excluder」の概要

「Ultimate Category Excluder」は任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれるプラグインです。Ultimate Category Excluderの使い方は簡単で除外したいカテゴリを選択するだけで、すべての作業を自動的に行います。

「Ultimate Category Excluder」の概要

  • Ultimate Category Excluder【プラグイン・ディレクトリ】
  • 任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれる
  • ライセンス無償
  • 必須WordPressバージョン4.0以上
  • 検証済みバージョン5.1.1
  • 全6言語

「Ultimate Category Excluder」の使い方

ダッシュボードから 設定 → Category Excluder と進みます。あとは、表示させたくないカテゴリーにチェックを入れるだけです。

「Ultimate Category Excluder」の使い方

「Ultimate Category Excluder」に関連する記事

「Ultimate Category Excluder」に関連する記事

「mypace Custom Title Tag」は、WordPressのページ(投稿、固定ページ、カスタム投稿タイプの投稿)のタイトルタグを変更してくれるとてもシンプルなプラグインです。タイトルtagを変更してくれるプラグインにはAll in one SEO Packなどが有名どころですが、mypace Custom Title Tagはタイトルタグを書き換えるだけのシンプルなものです。

続きを読む

「Ultimate Category Excluder」のインストールや更新時エラーの対処

「Ultimate Category Excluder」をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名で検索 → インストール → 有効


「Ultimate Category Excluder」はインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、ログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

エラーが発生した時の回復方法

更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

「Ultimate Category Excluder」のまとめ

「Ultimate Category Excluder」は任意のカテゴリー記事一覧を非表示にしてくれるプラグインです。Ultimate Category Excluderの使い方は簡単で除外したいカテゴリを選択するだけで、すべての作業を自動的に行います。

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

導入には次のような注意点もあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある