WordPressのレンタルサーバーは何処を選択すると良いのでしょうか?価格や表示速度はもちろん重要なのですが、WordPressのレンタルサーバーはセキュリティやプランの変更(容量が足りなくなったとき)がしやすいことにも目を向けておくべきではないでしょうか。

WordPress対応レンタルサーバー「ConoHa」は東証一部上場企業のGMOインターネット社が運営するレンタルサーバーサービスです。WordPress対応レンタルサーバーの他にVPSやWindows Serverなどのサービスも提供されています。おすすめは、「WordPress簡単セットアップ」独自ドメイン、WordPressテーマ、SSLをまとめて一括で申し込み、自動的に設定される機能です。「WordPressかんたんセットアップ」を利用するだけでサイトの運用に必要なすべてをすぐにセットアップできます。

WordPress対応レンタルサーバーロリポップ(LOLIPOP!)でWordPressが利用できるのはライトプラン(月額250円)からになります。ハイスピードプランを36ケ月契約で利用すると月額500円で利用できるのでこちらがお勧めかもしれません。ドメインや有料SSLも提供されているので一括で管理したい場合にはおすすめです。

「さくらレンタルサーバー」でWordPressが利用できるのはスタンダードプランからです。レンタルサーバー・ライトプラン(131円/月額換算)では利用できないので注意が必要です。ドメインや有料SSLも提供されているので一括で管理したい場合にはおすすめです。

「WordPress.com」は無料レンタルサーバーというより無料ブログサービスとしての認知度が高いのではないでしょうか。無料プランはブログサービスになっていて広告も表示されます。しかし、「WordPress.com」にはレンタルサーバープランやドメインの取得ができるプランもちゃんと揃っています。特にサポートについて本家ですので安心と言えます。多くの低料金レンタルサーバーではサポートが対象外になっている場合もあり、初心者にはおすすめといえるでしょう。