有料テーマ

WordPressテーマには、テーマディレクトリからダウンロードして利用できるものの他に、無料で公開されているもの、WEB制作会社等から販売されている有料テーマがあります。有料テーマにはテーマーディレクトリや無料テーマに比較するとデザイン性が高かったり、記事の装飾機能が充実しているため、カスタマイズをすることなく使える等のメリットがあります。

>>続きを読む

無料テーマ

WordPress無料テーマを利用すればコスト削減になることは大きなメリットかもしれません。しかしデザインレイアウトが過去のものだったり、編集操作やカスタマイズがしづらいこともあります。また、無料テーマの多くがサポートがありませんので、なにかあっても自力で解決する必要があります。利用を考える場合は、一度ダウンロードをして予定のコンテンツを展開できるか確認しておきましょう。

>>続きを読む

ネットショップ向きテーマ

WordPressにはネットショップを運営するためのテーマとショップの機能を拡張するプラグインが揃っています。WordPressを構築するための知識とスキルを備えている方には低コストでショップを運営できる強力なツールになることでしょう。商品を迅速に入れ替えたり、シーズンのリアルタイムなお知らせなど素早く対応することが可能になります。

>>続きを読む

高速化プラグイン

WordPressを高速化するにはまずプラグインの見直しからしましょう。そして、キャッシュ化などをしてくれるプラグインの利用も検討しておきましょう。デフォルトでは速度が遅い上に、そのまま色々なプラグインを追加していくとサイトの表示速度が低下していく傾向があります。サイトの表示速度が遅ければユーザビリティが下がり離脱率の増加や検索順位の低下などの問題が起こります。

>>続きを読む

バックアッププラグイン

HTMLで記述しているWEBサイトでは一般的にローカルPCでページを作成しFTPソフトを使ってWEBサーバにアップロードするので自然とローカルPCにコンテンツが残っていますが、WordPressはWEBサーバ上で編集するためバックアップがありません。また、WordPressはWEBサーバ上に専用のフォルダが形成されテーマやプラグインが格納され、SQLデータベース連携されます。そのためフォルダとデータベースをバックアップすることが必要です。

>>続きを読む

SEO系プラグイン

SEOに使えるプラグインには、All in One SEO Packのように総合的に設定をできるものから、部分的に設定してゆくものなどがあり、状況に応じて使い分けると良いでしょう。どれを使うかではなく、どれが適切か、どの機能が必要なのか、正しく設定することができるのかで選ぶと良いようです。ページタイトルを変更できたり、noindexの設定ができる機能は最低限必要ではないでしょうか。

>>続きを読む

Gutenberg

Gutenberg(グーテンベルク)とはWordPress 5.0から採用された新しいエディターで、ブロックエディターとも呼ばれます。2018年12月6日、WordPress 5.0へのバージョンアップから採用された新しいエディターです。投稿を構成する各コンテンツ(テキストや画像など)を「ブロック」という単位で作成していくのが特徴です。

>>続きを読む

カスタマイズ

WordPressでカスタマイズを行う場合、できるだけテーマカスタマイザー等のメニュー操作だけで完結させるのが基本と言えますが、それでも足りない場合は、WordPressには、テーマをカスタマイズする方法がたくさんあります。この点からも、カスタマイズしやすいテーマを選ぶのが理想でしょう。BizVektor、Lightning、Simplicity 2、Stinger、賢威 7、ストーク、アフィンガーなどが有名です。

>>続きを読む

レンタルサーバー

WordPressでブログを運用するときには、レンタルサーバーが必要です。ただ、レンタル業者がたくさんあり、どれを選べばよいか迷ってしまうことも少なくありません。できるだけコストをかけずにおきたいところですが、アクセスボリュームが多い場合には高速サーバーを選択しておきましょう。いざとなって移行すると結構面倒な作業が必要になります。

>>続きを読む

紐付け

ネットショップ (6)高速 (8)