使い方

WordPress対応無料レンタルサーバー「WordPress.com」

更新日:

「WordPress.com」は無料レンタルサーバーというより無料ブログサービスとしての認知度が高いのではないでしょうか。無料プランはブログサービスになっていて広告も表示されます。しかし、「WordPress.com」にはレンタルサーバープランやドメインの取得ができるプランもちゃんと揃っています。特にサポートについて本家ですので安心と言えます。多くの低料金レンタルサーバーではサポートが対象外になっている場合もあり、初心者にはおすすめといえるでしょう。

「WordPress.com」(WordPress対応無料レンタルサーバー)

WordPress対応無料レンタルサーバー「WordPress.com」

「WordPress.com」

ここでご紹介する「WordPress.com」の金額や仕様は変更されますので利用ご検討の際は公式サイトにてご確認ください。

無料 パーソナル プレミアム ビジネス eコマース
Jetpack の基本機能
事前にインストールされる SSL 証明書
独自ドメイン初年度料金無料
無制限のメールサポート
ベーシックなライブチャットサポート
常時稼働の優先ライブチャットサポート
カスタマイズされた専門家とのサポートセッション
保存スペース 3GB 6GB 13GB 200GB 200GB

利用料は月額で下記のようになります。支払いは年額一括支払いになるので注意してください。

  • パーソナル【500円 / 月額】
  • プレミアム【900円 / 月額】
  • ビジネス【2900円 / 月額】
  • eコマース【5220円 / 月額】

WordPressレンタルサーバーの移行

レンタルサーバーの業者を変更する場合は新しいレンタルサーバーに移行ツールなどがない場合以下のような手順で行うことになります。移行したいデータのボリュームなどによって時間も異なってきますが少し多めに時間をとっておいた方が良いでしょう。

  1. 移行元のWordPressツールからエクスポートを使ってxmlファイルをダウンロードする
  2. 移行先のWordPressツールからインポートを使ってxmlファイルを読み込む
  3. 画像やページ内のURLを新しい環境に合わせてプラグイン等を使って修正する。

移行に使えるプラグイン

WordPressを移行する場合、デフォルトのツール・エクスポートとインポートでは画像やメディア(記事に使用しているアイキャッチ画像、メディアファイル)反映されません。FTPを使ってフォルダをダウンロード&アップロードしてもデータべースを書き換えないとダメです。しかし、Attachment Importerを使えば移行先に画像ファイルの転送とurlの書き換えをしてくれます。

All-in-One WP Migrationは、はサイトの移行に使えます。データベース、メディアファイル、プラグイン、テーマを含む WordPress Web サイトを技術的な知識なしでエクスポートし移行してくれます。

レンタルサーバーの種類

専用サーバー 1契約者が1台のサーバーを使用
共有サーバー 1契約者が1台のサーバーを使用
VPSサーバー(仮想専用) 共用でありながら、専用サーバー感覚で使用できる
クラウドサーバー 共用でありながら専用サーバー感覚で使用できる

-使い方
-

Copyright© WordPreeの使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.