【サブライムストア】の広告をWordPressに掲載

サブライムストア

株式会社サブライムが運営する商品の販売者とアフィリエイター(紹介者)、購入者に市場を提供するASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)です。

Screenshot of www.sublimestore.jp

サブライムストア

サブライムストア は、株式会社サブライムが運営する商品の販売者とアフィリエイター(紹介者)、購入者に市場を提供するASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)です。

ASP名称サブライムストア
特徴株式会社サブライム
「サブライムストア」のメリットは、報酬の支払いは、月末締め翌月25日と、業界最速です
「サブライムストア」詳しく知るにはサブライムストアとはで知ることができます。
「サブライムストア」に登録するにはアフィリエイター登録から行います。
サブライムストア の概要

アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)はアフィリエイト広告において、広告主とメディア(媒体・アフィリエイター)を仲介するサービスを提供する事業者です。ASPが、いわばアフィリエイト案件のマーケットとしての役割を担うことで、広告主はメディアとの提携を容易にし、メディアは豊富な案件から選択することが可能になります。

サブライムストアのパートナー登録に必要なもの

  • ユーザー情報
  • サイト情報
  • 報酬振り込み先

WordPressにサブライムストアの広告を貼り付ける

WordPressにアフィリエイト広告を貼り付けるには、記事のどこかに「カスタムHTML」ブロックを使ってアフェリエイトプロバイダーが用意している、画像バナーやテキスト広告をコピー&ペーストします。このとき注意しないといけないのは、ソースコードを改変しないこと、せっかくクリックされてもコードが改変されたり、正しくコピーされていないとカウントされないといったことが発生します。(その他広告商品ごとに注意点があるのでよく確認すること。)

サイト内に同じ広告バナーを貼り付ける場合、作業に時間がかかること、広告の管理が困難になること、広告によっては途中でスポンサーが広告の掲載を中止してしまうことがあります。この場合サイト内にある広告を削除しなければならないので、サイト内のページが多いと、結構大変な作業になります。

バナーには画像のものとテキストのものがあります、どちらもクリックされることでスポンサーサイトに移動するものです。画像は目につきやすいのでクリックされやすいと捉えがちですが、昨今は広告ブロック搭載のブラウザ(特にスマートフォンなど)が利用され、バナーが表示されないことも多くなってきました。テキストバナーは情報系のコンテンツでは、文章の中に溶け込ますことが可能なので、意外と思う方もいるかもしれませんがクリックされることが多くなります。(テキストは表示されているが、クリックされても移動がブロックされるケースもあります。)

※この記事はプロモーションが含まれています。

Screenshot of thor-demo01.fit-theme.com
【THE THOR(ザ・トール)】 は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。