WordPressページのキーワード出現率をチェックするオンラインSEOツール

この記事はプロモーションが含まれています。
WordPressページのキーワード出現率をチェックするオンラインSEOツール

キーワード出現率をチェック

記事内のキーワード出現率を調整して検索エンジンの上位表示を狙うテクニカルSEO、この手法は過去において注目された手法です。記事内の単語数の調整すれば上位表示に繋がっていましたが、AIによる文章解析能力が向上した現在この調整は上位表示に大きな影響は与えないものになっています。しかし、無視していいかというとそうではなく、詰め込みスパムなどは悪影響を与えますので気を配りましょう。

キーワードの出現率をチェック

キーワードはSEO施策を行う上で最も重要なものの一つでしょう。検索結果のランキングや集客率など様々ものに影響を与え、頭を悩ませるものです。

チェックする主な目的はキーワードを過剰に記述していないかという点です。ページ内にキーワードを過剰に詰め込むとユーザーの利便性を低下させ、サイトのランキングの低下を招くことがあります。有用なコンテンツを提供するためには文脈にあった適切な記述が必要です。

過剰とは次のような内容で、ランキングアップを目的として作為的に行われる記述方法をいいます。

  • 詰め込み過ぎは、繰り返し単語を記述したりして、文法的におかしな日本語になっていることを示します。
  • フッターやサイドバーに地域名などを羅列すると詰め込みと判断されます。
  • 見出しタグ、H1やH2を過剰に使う。

過剰な出現率にしないためには、文脈を意識した文章に、適切にキーワードを含ませ見出しを配置していきます。詰め込みや出現率が重要視されたのは検索エンジン初期のもので、現在ではAIによる評価が主になったため文脈の構造を意識することが効果がでる場合があります。

ファンキーレイティング

WordPressページのキーワード出現率をチェックするオンラインSEOツール

ファンキーレイティング

ファンキーレイティングはページ内の単語の数を知ることができる無料オンラインツールです。

できることページ内の単語数の確認ができる
サイト名ファンキーレイティング
運営会社アンドバリュー株式会社[And Value Co. Ltd.]
ファンキーレイティングの概要

ツールの使い方

ファンキーレイティング を開いたら確認したいサイトのURLを入力し、チェックしたい単語を入力します(同時に3つまで指定可能)。%を指定したい場合は右横で指定できます。ターゲットキーワードを空白にしてチェックボタンをクリックしてもページ内の出現数、出現率を表示してくれます。指定が終了したら「チェック」ボタンをクリックします。

ファンキーレイティングは結果に、title,discription,keywords,H1の内容を表示してくれます。不自然な点がないか確認しておきましょう。下部には出現率の高いものから一覧が表示されています。ターゲットは上位3つに位置している方が上位表示の可能性は高くなります。注意点は出現率を無理に調整しようとすると不自然な文章になってしまい逆効果になる場合があるということです。

  • URLによる記事の直接確認とテキストによる出現率の確認ができるようになっています。
  • 詰め込みを回避できる

ツール利用の注意点

SEOツールを利用したら上位表示できるわけではありません。データをどのように理解するかが最も重要です。どのように利用するのかが明確になっていなければ、SEOツールを導入してもほとんど効果は無いと考えても良いぐらいです。SEOツールには、一部の目的に特化したツールから、総合的なSEO対策に必要な情報収集ツールなど幅広くあり、目的に沿ったツールを利用することが重要です。

2022年Googleは、AI を使って検索ユーザーのニーズにあうサイトを上位に表示させようとしています。このため検索ユーザーの意図(何かをしようと考えている事柄)や目的を考えて SEO を進めることが重要で、それは常に変化し続けます。

  1. 専門性(特定の分野についてのみ深く関わっているさま。高度な知識や経験を要求されること。)を重視したコンテンツが上位表示の可能性が高くなっています。ユーザー検索の意図を考慮し、オリジナルのコンテンツを作ること。
  2. 質の高い被リンク(リンク元のサイトの品質や関連性などで評価される)を獲得する。企業サイトでは取引先等のサイトも関連性は高いとみなされているので有効性はあります。しかし、関連性があったとしても SNS からの被リンクは原則効果はありません(Google公表)。
  3. 変化に応じたサイトの運用をする。コンテンツの評価や被リンクの関連性は変更が加えられる場合もあります。変化に対応するサイトの運用に配慮も必要です。

チェックする主な目的はキーワードを過剰に記述していないかという点です。ページ内にキーワードを過剰に詰め込むとユーザーの利便性を低下させ、サイトのランキングの低下を招くことがあります。有用なコンテンツを提供するためには文脈にあった適切な記述が必要です。

SEOを強くするサイトの構造

コンテンツSEOのメインはページ内をキーワードにマッチさせた文章にすることですが、同時にサイトの構造も整える必要があります。メインキーワードとサブキーワードを選定し構造化することで関連性が検索エンジンに伝わりやすくなり順位が改善されます。

低品質判断

SEOでは、コンテンツの品質が重要であることはSEOに関わる方なら意識されていることでしょう。しかし、何を判断基準にして低品質コンテンツを見つけ出せばよいのか困ってしまいます。そこで、Search Console を使って判断する方法をご紹介したいと思います。

1.検索クエリがない

ページに検索クエリ(キーワード)がない。これは、ページ内の検索クエリが検索エンジンに最適化されていない場合と検索に利用されていない場合が想定されます。自サイトが検索クエリがどうなっているかは Search Console の検索パフォーマンスで知ることができます。

Googleで利用された検索クエリで表示された回数やクリックされた回数、平均掲載順位などを知ることができるようになっています。狙ったキーワードの表示回数やクリックがすくない場合はページタイトルやコンテンツのインテントを再考した方がいいかもしれないです。

公開後数か月経過しても表示回数とクリック数値が伸びないページは低品質コンテンツと評価されている可能性が高いと想定されます。書き直すか削除を検討すべきかもしれません。

2.情報の需要がない

SEOを理解し対策もされていて、なおかつ検索エンジン上位にも表示されているが、訪問者がないページなどは情報の需要がないと考えるべきです。公開すべきページと捉えている場合や他の方法を使ってアクセスを狙うのなら問題ないと思いますが、検索エンジンからの流入が目的ならば低品質と考えることも必要です。理由は、検索エンジンはユーザーが求める情報を優先して検索結果に表示することを基本に考えるからです。

コンテンツSEOで製品やサービスのページを検索エンジンに上位表示させて露出を多くするためには、ユーザーがー本当に欲しがっている、製品やサービスの情報にすることです。検索エンジンは製品やサービスが書かれたページが、ユーザーが必要としているかどうかを判断し順位を決めています。ユーザーが本当に必要としている情報をサイト全体に配置し、ユーザーからの信頼を獲得するようにしてこそ、ビジネスに繋がる可能性が高くなるのです。