共起語を意識したWordPressのコンテンツ作りに使いたいSEOツール

この記事はプロモーションが含まれています。

共起語分析ツール(SEOツール)

共起語を意識したWordPressのコンテンツ作りに使いたいSEOツール

共起語分析ツール

共起語とは、検索クエリに合わせて頻繁に出現するワードのことをいいます。この共起語は、記事作成において重要視されていて、ユーザーの検索意図を盛り込んだ記事を作る際に活用するワードといわれています。では、なぜ共起語を意識したコンテンツ作りの必要があるのでしょうか。過去の検索エンジンはキーワードの出現率からどんなコンテンツなのかを判断していました。これにはキーワード詰め込みをしたページが上位に表示されてしまうという問題が発生しました。そこでページの内容や意味を理解しながら情報を収集するシステムが開発されることになりました。このシステムに対応させるには、共起語によりページ内の関連性を強め、キーワードの方向性を示す必要が出たのです。

ツールの名称共起語分析ツール
運営者CINC Corp
利用形態無料
共起語について共起語とは?で詳しく説明されています。
SEOツール

共起語(読み方:「きょうきご」)とは、あるキーワードが含まれた文章コンテンツの中に、そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語のことです。 たとえば、「たらこスパゲティ」というキーワードなら、「レシピ」「簡単」「作り方」が同じ文章の中に出てくる可能性が高い単語として位置づけられます。それが共起語です。共起語は、Googleが特定のWebコンテンツの専門性や情報網羅性を判断する際の1つの要素になっていると見られ、共起語を適切に使用することでコンテンツを上位表示させることに役立ちます。

共起語を多く含めたたからといって上位に表示できるというわけではありませんが、注意しながら記事を書いてゆくにしたがってサイトの方向性が検索エンジンに伝わるようになり、順位が上昇することがあります。

共起語分析ツールの使い方

共起語分析ツールにアクセスしたら、キーワードを入力し、共起語を抽出するをクリックします。関連キーワード分析として、ワードクラウド、品質別出現キーワードが表示されます。関連するワードが表示されているのでこの中から記事にマッチしたワードを使って文章を作ればよいでしょう。無理にワードを詰め込んでも効果はありません、自然な文脈になるように注意してください。

共起語はキーワード選定と関連している

キーワードを選定する場合の注意点はユーザーが利用しないものばかりを選ばないこと、検索結果に表示される機会は極端に少なくなってしまいます。また、思いついたものを選んでも上位表示される可能性は低くなります。

キーワードの選定の仕方としてオンラインツールなどを使って、利用されているものを優先されていると思います。利用されているキーワードでコンテンツを作っただけでは上位表示に至りません。ここでもうひと手間かけて、選定したキーワードを使って実際に検索してみてください。結果に表示されているページはこれから公開しようとしているページと内容が似ていますか?検索エンジンはキーワードとコンテンツの関連性を重視して表示しています。キーワードの傾向に合わせたコンテンツにすると、ぐっと上位表示の可能性が高くなってきます。

キーワード選定を確認

Search Consoleで選定したキーワードの状況を確認します。例えば、クエリごとに「表示された回数」の状況を確認できます。また「クエリ数」の増減でロングテールキーワードの状況を測ることもできます。「クエリ数」が増えれば、対象キーワードが増えているので、直接効果をはかる指標になります。サイトに修正を加えることで表示回数や掲載順位が変化するため、SEOが正しく行われているか確認することもできます。

訪問者が、いったいどんなキーワードでアクセスしてきたのか。それは、とても重要な情報です。次に行うべきSEOを推測することができるからです。どんなキーワードでアクセスしているか確認することでキーワード選定が正しいのか、追加すべきキーワードはなんであるかなどを知ることができます。Search Consoleではクエリ(検索キーワード)に対するクリック数はサイトの上位状況を知ることができ、自然検索エリアでの表示回数からはこれから追加すべきコンテンツのヒントを教えてくれます。

SEOを強くするサイトの構造

コンテンツSEOのメインはページ内をキーワードにマッチさせた文章にすることですが、同時にサイトの構造も整える必要があります。メインキーワードとサブキーワードを選定し構造化することで関連性が検索エンジンに伝わりやすくなり順位が改善されます。

低品質判断

SEOでは、コンテンツの品質が重要であることはSEOに関わる方なら意識されていることでしょう。しかし、何を判断基準にして低品質コンテンツを見つけ出せばよいのか困ってしまいます。そこで、Search Console を使って判断する方法をご紹介したいと思います。

1.検索クエリがない

ページに検索クエリ(キーワード)がない。これは、ページ内の検索クエリが検索エンジンに最適化されていない場合と検索に利用されていない場合が想定されます。自サイトが検索クエリがどうなっているかは Search Console の検索パフォーマンスで知ることができます。

Googleで利用された検索クエリで表示された回数やクリックされた回数、平均掲載順位などを知ることができるようになっています。狙ったキーワードの表示回数やクリックがすくない場合はページタイトルやコンテンツのインテントを再考した方がいいかもしれないです。

公開後数か月経過しても表示回数とクリック数値が伸びないページは低品質コンテンツと評価されている可能性が高いと想定されます。書き直すか削除を検討すべきかもしれません。

2.情報の需要がない

SEOを理解し対策もされていて、なおかつ検索エンジン上位にも表示されているが、訪問者がないページなどは情報の需要がないと考えるべきです。公開すべきページと捉えている場合や他の方法を使ってアクセスを狙うのなら問題ないと思いますが、検索エンジンからの流入が目的ならば低品質と考えることも必要です。理由は、検索エンジンはユーザーが求める情報を優先して検索結果に表示することを基本に考えるからです。

コンテンツSEOで製品やサービスのページを検索エンジンに上位表示させて露出を多くするためには、ユーザーがー本当に欲しがっている、製品やサービスの情報にすることです。検索エンジンは製品やサービスが書かれたページが、ユーザーが必要としているかどうかを判断し順位を決めています。ユーザーが本当に必要としている情報をサイト全体に配置し、ユーザーからの信頼を獲得するようにしてこそ、ビジネスに繋がる可能性が高くなるのです。