WordPressの検索順位(SEO)を調べるオンラインツール

この記事はプロモーションが含まれています。

「検索順位」と呼ばれるものは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを検索した際に、検索結果に表示されるサイトの表示順のこと を指します。上位10位内を上位表示サイト”と定義するSEO業者もいますが、1位に表示されるサイトと、5位に表示されるサイトではクリック率に大きな違いがあります。

検索順位チェック 300

WordPressの検索順位(SEO)を調べるオンラインツール

検索順位チェック 300

チェックするサイトのURLと検索クエリを入力後Checkボタンをクリックすると検索順位が表示されます。Google、Yahoo、Bingをチェックすることができます。チェックするサイトのURLと検索クエリを入力後Checkボタンをクリックすると検索順位が表示されます。

SEOツール名順位チェック 300(検索順位チェックツール)
ツール提供ディーボ
機能順位チェック 300とは、キーワードに対しての検索順位(Google、Yahoo!、Bing)を300位までチェックする無料のSEOツールのひとつです。
利用形態無料で利用できる
使い方チェックするサイトのURLとキーワード(同時に3つまで可)を入力して「チェックする」ボタンをクリックする。Yahoo!,Google,Bingの順位を返してくれます。

検索順位チェッカー

WordPressの検索順位(SEO)を調べるオンラインツール

検索順位チェッカー

検索順位チェッカーはSEOツールで検索順位をチェックしてくれ、Google,Yahoo,Bingの順位を100位までチェックしてくれます。調査したいページのURLを入力後キーワードを指定してチェックボタンクリックで順位を確認することができます。「スマホ版もチェックするにチェックで同にモバイル順位も取得してくれます。

ツールの名称検索順位チェッカー
運営者株式会社ディーボ
できることGoogle,Yahoo,Bingの順位を100位までチェックしてくれる
SEOツール

SEO分析・調査ツール

WordPressの検索順位(SEO)を調べるオンラインツール

SEO分析・調査ツール

SEO分析・調査ツール は、ドメイン名を入力することで、サイト流入分析・リスティング広告キーワードやクリエイティブの出稿状況を一括で確認できます。分析結果によってサイトの様々な状況を把握することができます。例えば、コアアップデートによる影響を受けてしまったとか、サイトのコンテンツつくりにおいて失敗してしまっているとか。しかし、基本はユーザーにとって必要とされている情報になっているかが最も重要なことに変わりはありません。

ツールSEO分析・調査ツール
機能 SEO分析・調査ツール は、ドメイン名を入力することで、サイト流入分析・リスティング広告キーワードやクリエイティブの出稿状況を一括で確認できる。
ツール提供株式会社CINC
有料ツール KeywordMap SEO を提供されています。

SEO対策を無料ツールで診断

WordPressの検索順位(SEO)を調べるオンラインツール

SEOツール・SEOTOOLS

SEOツール・SEOTOOLS – SEO対策を無料ツールで診断! はGoogleで1位のサイトと検索順位、インディックス数、被リンク数、キーワード率などを比較してくれるSEOツールです。診断したいURLとキーワードを入力することで確認できるのでサイトに何をすべきか見えてくるツールです。

ツールの名称SEOTOOLS – SEO対策を無料ツールで診断!
運営者ブラストホールディングス株式会社
SEOツール

SEOを強くするサイトの構造

コンテンツSEOのメインはページ内をキーワードにマッチさせた文章にすることですが、同時にサイトの構造も整える必要があります。メインキーワードとサブキーワードを選定し構造化することで関連性が検索エンジンに伝わりやすくなり順位が改善されます。

低品質判断

SEOでは、コンテンツの品質が重要であることはSEOに関わる方なら意識されていることでしょう。しかし、何を判断基準にして低品質コンテンツを見つけ出せばよいのか困ってしまいます。そこで、Search Console を使って判断する方法をご紹介したいと思います。

1.検索クエリがない

ページに検索クエリ(キーワード)がない。これは、ページ内の検索クエリが検索エンジンに最適化されていない場合と検索に利用されていない場合が想定されます。自サイトが検索クエリがどうなっているかは Search Console の検索パフォーマンスで知ることができます。

Googleで利用された検索クエリで表示された回数やクリックされた回数、平均掲載順位などを知ることができるようになっています。狙ったキーワードの表示回数やクリックがすくない場合はページタイトルやコンテンツのインテントを再考した方がいいかもしれないです。

公開後数か月経過しても表示回数とクリック数値が伸びないページは低品質コンテンツと評価されている可能性が高いと想定されます。書き直すか削除を検討すべきかもしれません。

2.情報の需要がない

SEOを理解し対策もされていて、なおかつ検索エンジン上位にも表示されているが、訪問者がないページなどは情報の需要がないと考えるべきです。公開すべきページと捉えている場合や他の方法を使ってアクセスを狙うのなら問題ないと思いますが、検索エンジンからの流入が目的ならば低品質と考えることも必要です。理由は、検索エンジンはユーザーが求める情報を優先して検索結果に表示することを基本に考えるからです。

コンテンツSEOで製品やサービスのページを検索エンジンに上位表示させて露出を多くするためには、ユーザーがー本当に欲しがっている、製品やサービスの情報にすることです。検索エンジンは製品やサービスが書かれたページが、ユーザーが必要としているかどうかを判断し順位を決めています。ユーザーが本当に必要としている情報をサイト全体に配置し、ユーザーからの信頼を獲得するようにしてこそ、ビジネスに繋がる可能性が高くなるのです。