Lightning(テーマ)のコールツーアクション

Lightning(テーマ)のコールツーアクション

Lightning はコールツーアクションが標準で実装されているテーマです。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。LightningのCAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

Lightningのコールツーアクション

Lightning(テーマ)のコールツーアクション

Lightning

WordPress.orgLightning
バージョン14.13.5
最終更新2021年12月9日
有効インストール60000+
WordPressバージョン5.6.0
開発者サイトLightning | 無料で使えるWordPress公式ディレクトリ登録テーマ
推奨プラグイン VK All in One Expansion Unit
Lightning の概要 2021年12月

Lightningの特徴は、同時に開発されている無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」が利用できる多機能なWordPressテーマであること。今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。WordPress標準では「投稿」「固定ページ」の2系統しか使えませんが、ExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。

コールツーアクション

LightningのCAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

LightningのCAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

LightningのコールツーアクションはプラグインVk ExUnitをインストールすることで利用できるようになっています。WordPressダッシュボードからVk ExUnitをクリックして、Call to Actionにチェックをいれます。ダッシュボードに CAT が追加されるのでこちらをクリックします。Lightningのコールツーアクションは複数作成することができるのでページに合わせて効果的なCTAを表示させることができます。

コールツーアクションはただ設置すればよいというものでなく、ページに関連した製品やサービスページへの誘導になっていないといけません。

コールツーアクションの設定

編集できる内容としては、アイキャッチ画像を貼りつけたり、誘導ページへのリンクボタン、誘導文章を編集できます。

コールツーアクションは、ゴールである売り上げや成約に直結するものです。従って設置するだけでなく、効果がでているのか分析し、修正を加えることを念頭においておきましょう。

Lightning はコールツーアクションが標準で実装されているテーマです。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。LightningのCAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

WordPressテーマ

WordPressのテーマとは、サイト全体のテンプレートのことです。テーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。そのため、テーマを変更すれば複雑な処理を行うことなく、デザインや構成、機能などを変えることができます。テーマは、インターネット上で無料ダウンロードできるものから、有料で販売されているものもあります。自分で作成したテーマをアップロードして使用することも可能です。

WordPressテーマの種類

WordPressには大きく分けると有料テーマと無料テーマの2種類があります。一般的には無料テーマは無償で利用でき、開発者のサイトなどからダウンロードすることで利用できるようになっています。無料で利用できるテーマには、wordpress.orgのテーマディレクトリからダウンロードできる公認テーマもあります。

WordPress公認テーマ

wordpress.orgのテーマディレクトリには役10,000に及ぶテーマがあり自由に選ぶことができます。公認テーマはwordpressによって審査され、安心して利用することができるといえます。半面、デザインや機能は育て上げる面もあり初心者にはハードルが高いかもしれません。サポートはありませんのでwordpress.orgやネットから情報か自力で解決しなければなりません。

無料テーマ

無料とは思えないほど機能やデザインが充実しているテーマもあります。ただ、無料がゆえに途中で更新がストップしたり、開発が終了されることもあります。無料テーマは開発者の宣伝目的や有料版へのステップとして提供されていることもあると認識しておきましょう。

有料テーマ

デザインや機能面に優れサポートも充実しているのが有料テーマの強みです。10000円~20000円前後で入手することができ、WordPressを使って収益を考える副業やビジネスをしたい方にはこちらがよいかもしれません。

テーマの更新

テーマの更新には、機能の追加・変更などのほかに、セキュリティ向上や不具合の修正なども含まれるため、常に最新の状態にアップデートしておくことです。

テーマを更新すると、カスタマイズは初期化してしまいます。更新する度にカスタマイズし直すのは手間がかかるので、「子テーマ」の利用が推奨されています。子テーマを作る理由はテーマを直接カスタマイズしてしまうと、テーマのバージョンアップによって変更した内容が上書きされてしまうからです。子テーマは、親テーマの機能やスタイルを引き継いでいます。子テーマにカスタマイズを加えておけば、テーマを更新した後もカスタマイズした状態をそのまま引き継げます。