WordPressテーマ

WordPressテーマ「Lightning」コールツーアクションを解説

更新日:

Lightningにはコールツーアクションが標準で実装されています。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。

WordPressテーマ「Lightning」のコールツーアクション

WordPressテーマ「Lightning」コールツーアクションを解説

Lightning

CAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

LightningのコールツーアクションはプラグインVk ExUnitをインストールすることで利用できるようになっています。WordPressダッシュボードからVk ExUnitをクリックして、Call to Actionにチェックをいれます。

ダッシュボードに CAT が追加されるのでこちらをクリックします。Lightningのコールツーアクションは複数作成することができるのでページに合わせて効果的なCTAを表示させることができます。

コールツーアクションはただ設置すればよいというものでなく、ページに関連した製品やサービスページへの誘導になっていないといけません。

コールツーアクションの設定

編集できる内容としては、アイキャッチ画像を貼りつけたり、誘導ページへのリンクボタン、誘導文章を編集できます。

コールツーアクションは、ゴールである売り上げや成約に直結するものです。従って設置するだけでなく、効果がでているのか分析し、修正を加えることを念頭においておきましょう。

WordPressテーマ「Lightning」で使いたいプラグイン

テーマの着せ替え

比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

有料テーマのメリット

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

WordPressのデメリット

WordPressは世界的にも高いシェアを持っていますが、やはりデメリットもあります。

  • 静的サイトに比べ表示速度が遅い
  • セキュリティに弱い:シェアが大きいからこそハッカーの標的になりやすい
  • エラーが起きやすい:プラグインなどの互換性に注意が必要
  • サポートがない:無料で使えるためサポートデスクがない

-WordPressテーマ
-

Copyright© プラグイン & テーマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.