WordPressテーマ「Lightning」のコールツーアクション

「Lightning」はコールツーアクションが標準で実装されているテーマです。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。LightningのCAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

「Lightning」のコールツーアクション

WordPressテーマ「Lightning」

LightningのCAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

LightningのコールツーアクションはプラグインVk ExUnitをインストールすることで利用できるようになっています。WordPressダッシュボードからVk ExUnitをクリックして、Call to Actionにチェックをいれます。ダッシュボードに CAT が追加されるのでこちらをクリックします。Lightningのコールツーアクションは複数作成することができるのでページに合わせて効果的なCTAを表示させることができます。

コールツーアクションはただ設置すればよいというものでなく、ページに関連した製品やサービスページへの誘導になっていないといけません。

コールツーアクションの設定

編集できる内容としては、アイキャッチ画像を貼りつけたり、誘導ページへのリンクボタン、誘導文章を編集できます。

コールツーアクションは、ゴールである売り上げや成約に直結するものです。従って設置するだけでなく、効果がでているのか分析し、修正を加えることを念頭においておきましょう。


「Lightning」関連の記事

「VK All in one Expansion Unit」はLightningのプラグイン

「Lightning」は無料で高機能なWordPressテーマ

WordPress標準では「投稿」「固定ページ」の2系統しか使えませんが、ExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。


「VK All in one Expansion Unit」はLightningのプラグイン

WordPressテーマ「Lightning」のコールツーアクション

「Lightning」はコールツーアクションが標準で実装されているテーマです。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。


「Lightning」はコールツーアクションが標準で実装されているテーマです。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。LightningのCAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

WordPressテーマ「Lightning」のコールツーアクション