VK All in one Expansion Unit Lightning以外でも使えるWordPressプラグインの使い方

VK All in one Expansion UnitはLightning以外でも使えるWordPressプラグイン

VK All in one Expansion Unit は株式会社ベクトルが提供するテーマ Lightningから機能を分離されたものですが、他のテーマでも利用することができる統合型多機能プラグインです。VK All in one Expansion Unit は株式会社ベクトルが提供するテーマLightningから機能を分離されたもので、他のテーマでも利用することができる統合型多機能プラグインです。

VK All in one Expansion Unit の概要

WordPress.org VK All in one Expansion Unit
バージョン9.69.2.0
最終更新1週間前
有効インストール100000+
WordPressバージョン5.3.0
検証バージョン5.8.2
PHPバージョン7.0
VK All in one Expansion Unit の概要 2021年12月現在

VK All in one Expansion Unit の使い方

VK All in One Expansion UnitをLightningにインストールして有効化すると以下のことができるようになります。

VK All in one Expansion Unitの使い方
VK All in one Expansion Unit の使い方
  • トップページにPR Blockを設置できる
  • ウィジェットエリアに会社情報やロゴを表示できる
  • 子ページを自動で一覧表示できる
  • お問い合わせ先情報を表示できる
  • コールツーアクションを一括挿入でき、ページごとに表示内容を変更できる

VK All in one Expansion Unit でカスタマイズ

「Lightning」は今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。WordPress標準では「投稿」「固定ページ」の2系統しか使えませんが、ExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。

「Lightning」をカスタマイズ

「Lightning」をカスタマイズするにはテーマのカスタマイザーを利用するか、同時に開発されている無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」を利用することが安全で近道だと思います。「Lightning」は今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単にカスタマイズする事ができます。WordPressテーマ・ディレクトリから利用できるテーマですがそのカスタマイズ性は秀逸と言えます。

VK All in one Expansion Unit でカスタム投稿

VK All in one Expansion Unit でカスタム投稿

VK All in one Expansion Unit は株式会社ベクトルが提供するテーマ Lightningから機能を分離されたものですが、他のテーマでも利用することができる統合型多機能プラグインです。VK All in one Expansion Unit は株式会社ベクトルが提供するテーマLightningから機能を分離されたもので、他のテーマでも利用することができる統合型多機能プラグインです。

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインとは機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)
メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他と競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれるサポートが途中で終わるものもある
プラグイン導入のメリット・デメリット

WordPressは幅広くCMSとして幅広く利用されていますが、利用時には以下の点を考慮したサーバーを利用したいものです。

  • WordPressをかんたんセットアップできる独自機能
  • サイトコピー機能で、ワンクリックでサイトの複製ができる
  • 移行ツールで他社サーバーからの乗り換えができる
  • WordPress移行代行サービス等の安心できるサポートがある

【PR】