Wp-Insertは記事にAdSense広告コードを挿入できるプラグイン

「Wp-Insert」は、記事にAdSense広告コードを挿入できるプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。メールマガジンやお問い合わせなどCTAなども挿入させることができます。

「Wp-Insert」の概要

「Wp-Insert」の概要
  • Wp-Insert【プラグイン・ディレクトリ】
  • 記事に広告コードを挿入できる
  • 必須WordPressバージョン4.1.0以上
  • 検証済みバージョン5.2.2
  • 英語

Wp-Insertの使い方

インストールし有効化、ダッシュボードのWp-Insertから設定をします。投稿に広告を表示する場合は、まず広告を表示する位置を決め、広告コードを貼りつけていくという手順になります。

広告コードを挿入できる位置は以下のようになっています。

  • 記事の上部(Above Post Content)
  • 記事の中央(Middle Post Content)
  • 記事の下部(Below Post Content)
  • 記事の左回り込み(Left of Post Content)
  • 記事の右回り込み(Right of Post Content)
  • ウィジェット指定(Ad Widgets)
  • PHPコード指定(In Theme Ads)
Wp-Insertの使い方

「Wp-Insert」に関連する記事

「Wp-Insert」に関連する記事

 

「AdSense Invalid Click Protector」はAdSenseの無効なクリック、アカウントを通常とは異なる無効なクリック操作やクリック爆弾から保護するのに役立つプラグインです。Google AdSenseの規約に従い、Googleはこれらの無効なクリック操作やクリック爆弾に対して一切の責任を負わず、常にAdSense掲載者に責任を負わせます。広告配信の制限やアカウント停止・削除のリスクにさらされているのです。

続きを読む

 


「Wp-Insert」に関連する記事

 

「Easy Google AdSense」は機械学習して広告を自動的に最適化してくれるプラグインです。「Easy Google AdSense」を使用すると、AdSenseの広告やコードをサイトのさまざまな部分に手動で追加する必要がなくなります。

続きを読む

 


「Wp-Insert」に関連する記事

 

「Head, Footer and Post Injections」はGoogle AdSense 審査コードを貼りつけることができます。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとアップデート時に更新されてしまうこともあります。また、テーマを着せ替えたときに変更を忘れてしまうことも考えられます。Head, Footer and Post Injectionsを利用すればこの面倒な作業から解放されます。

続きを読む

 

「Wp-Insert」のインストールや更新時エラーの対処

「Wp-Insert」をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → 「Wp-Insert」で検索 → インストール → 有効


プラグインはインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

プラグインのエラーが発生した時の回復方法

「Wp-Insert」の更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

「Wp-Insert」のまとめ

「Wp-Insert」は、記事にAdSense広告コードを挿入できるプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。メールマガジンやお問い合わせなどCTAなども挿入させることができます。

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

機能を拡張するためのツールです。WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

導入には次のような注意点もあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある