WordPressのインストールの手順と注意点

この記事はプロモーションが含まれています。

多くのレンタルサーバにはWordPressインストール機能が付加されているので手動でインストールする機会は少ないと思いますが、何らかの不具合が生じて、WordPressを再インストールしたいときに利用したいこともあります。インストール機能では新規に環境を構築しなければならないので時間もかかり大変です。データがエクスポートされていて画像等もバックアップされている場合はかなり作業を軽減することができます。

WordPressのインストール手順

手動インストール手順は大まかに下記のようになります。(新しいサーバーに初めてWordPressをインストールされる場合は、公式サイトWordPress.org 日本語を読んでおきましょう)

  1. サーバーにデータベースを作成する(データベース名、ユーザー名、パスワード、データベースのホスト名をメモしておきましょう。WordPressのインストールに必要です。
  2. 公式サイトからZipファイルをPCにダウンロードする
  3. ZIPファイルを解凍する
  4. FTPを使ってサーバな回答したWordPressをアップロードする
  5. WordPressのインストール

サーバー側の要件

PHP 7.4 以上(レンタルサーバーのコントロールパネル・管理ページ等で確認)

MySQL 5.7 以上または MariaDB 10.3 以上

インストールの注意点

手動でインストールする間に準備しておかなければいけないことがあります。まず、ダウンロードやアップロードを行うためのFTPソフト、レンタルサーバのデータべスを作成することです。

  1. FTPソフトを用意する
  2. WordPressのZIPをダウンロードしておく
  3. データベースを作成

あとは以下の項目を入力してインストールの実行ボタンをクリックします。

  • データべス名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • データベースのホスト名
  • テーブル接頭語