WordPressプラグイン

「Welcart e-Commerce」WordPressプラグイン・カート・ネットショップ

更新日:

WordPressプラグイン「Welcart e-Commerce」は日本でトップシェアのe-commerceシステムWordPressプラグインです。ウェルカート(Welcart)はオンラインショップを作るための柔軟性を備えたすべての機能を備えています。オリジナルのショップをWordPressで簡単に作成できます。テンプレートのデザインや拡張機能は、必要なモノだけStoreから購入して追加したり、変更したりできます。

Welcart e-Commerce(WordPressプラグイン)

「Welcart e-Commerce」WordPressプラグイン・カート・ネットショップ

Welcart e-Commerce プラグイン・ディレクトリ

ネットショップでは絶対不可欠な、会員機能やクレジット決済設定がWelcartなら最初から標準でついてきます。※決済代行サービス会社と別途契約が必要となります。WordPressの強みであるSEOがショップに活かせます!専用テーマはレスポンシブデザインに対応している為、スマホからのお買い物にも効果的です。

  • テーマディレクトリ
  • インストール数は20,000+
  • WordPress4.8以上が必要です
  • 5.3.2で検証されています
  • 日本語を含む3つの言語に対応

あらゆるタイプの製品(物理、デジタル、ダウンロードコンテンツ)を販売することができます。商品数、商品写真数、カテゴリ数に制限はありません。アイテムはSKUで管理できます。Welcartには価格と出荷設定のオプションが多数用意されています。ウェルカートの公式ページを通じて16の決済サービスを利用することができます。 (ソニー支払い、ペイパル、ソフトバンク決済など)

Welcartには無料の標準テンプレートがあります。デザインやレイアウトは自由にカスタマイズすることができます。Welcartの全てのデザインテーマはWordpress標準に準拠しています。下記のリンクから無料のレスポンシブテーマ(Welcart Basic)をダウンロード可能です。

「Welcart e-Commerce」WordPressプラグイン・カート・ネットショップ

Welcart e-Commerceの初期設定

Welcartをインストールしたらまず初期設定を行います。

  • 基本設定
  • 配送設定
  • メール設定
  • システム設定
  • 営業日設定
  • クレジット設定

商品登録

  • 商品マスター
  • 新規に商品を追加
  • 画像登録(商品画像の登録・削除はサイドメニューの「メディア」を利用)

EC-CUBE ECサイト向けオープンソース

「EC-CUBE(イーシーキューブ)」は、株式会社イーシーキューブのEC構築パッケージを誰でも無料で利用・改変できる「オープンソース」として公開したものです。ダウンロードは無料。必要な機能は揃っているので、すぐに開店することができます。改変も自由なので、カスタマイズをすれば、オンライン予約やカスタムオーダーなど、ASPサービスでは実現できない様々な販売形態のサイトを作ることもできます。さらに、物流・決済・広告などネットに留まらないリアル領域の各種EC周辺サービスととの無限の組み合わせによって、独自のショッピングプラットフォームを構築することができます。

WordPressのプラグインとは

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。 WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。 WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

Welcart e-Commerceのインストールや更新時エラーの対処方法

プラグインはインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによっては利用できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトが表示されなくなったりすることもあります。

【メンテナンスモードが消えない】

更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

「.maintenance」を削除

更新中は「.maintenance」というファイルが作成されメンテナンスモードに入ります。更新が成功しているのに解除されない場合はこのファイルを削除してやれば解除されサイトが表示されるようになります。 まず、FTPソフトを使ってWordPressをインストールしたフォルダにアクセスします。次に、「.maintenance」というファイルが作成されているはずなのでこのファイルを削除します。これで作業は終了しメンテナンスモードが解除されました。

  1. FTPソフトでWordPressインストールフォルダにアクセス
  2. ルート直下の「.maintenance」を削除する
  3. WordPress管理画面からは操作できない

【プラグインを削除】

「.maintenance」ファイルがないのにサイトが表示されない場合はプラグインを削除してみることです。但し、複雑な設定をしていて影響をしているのか確信が持てない時や複数のプラグインを更新中にエラーが発生して、どれかわからない場合はいきなり削除するのではなくフォルダ名を変更するとよいでしょう。

WordPressインストールフォルダに格納されています。例えば、「WP-Maltibyte Patch」ならば「/wp-content/plugins/wp-multibyte-patch/」となっています。この「/wp-multibyte-patch/」を「/wp-multibyte-patch-back/」とかに変更して状況が改善されるかを確認し、不要と確定した場合に削除するとよいでしょう。

  • FTPソフトでWordPressフォルダにアクセス
  • プラグインフォルダ名を変更してみる
  • エラーの原因プラグインが確定したら削除する
  • WordPress管理画面からは操作できない

プラグインのメリットとデメリット

導入メリットは以下のものでしょうか。

  • 必要な機能を簡単に導入することができる
  • 管理画面だけで柔軟に対応できる
  • 難易度の高いコーディングをしなくてすむ
  • WordPressのアップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれる

導入には次のようなデメリットもあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他のプラグインと競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある

-WordPressプラグイン
-,

Copyright© プラグイン & テーマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.