WordPressプラグイン

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

投稿日:2017年12月22日 更新日:

「Child Pages Shortcode」は固定ページの子ページを親ページに一覧表示してくれるプラグインです。企業サイトでは商品やサービスの一覧を表示して見やすくアピールし、目的ページに誘導したいことがよくあります。ページにリンクを設置する作業は結構大変ですが、「Child Pages Shortcode」を使うと固定ページに簡単なショートコードを入力するだけで子ページの一覧を出力することができます。商品やサービスを一覧で表示できるのでわかりやすくレイアウトすることができるのです。

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

Child Pages Shortcodeの概要

商品やサービスを一覧で表示してそれぞれ関連のページに誘導したい時などに利用できるプラグイン「Child Pages Shortcode」、子ページを設定し、親ページにショートコードを記述しておけば一覧表示をしてくれます。アイキャッチ画像をサムネイル表示してくれるので視覚的にもわかりやすい構造を取ることができます。

  • Child Pages Shortcode
  • 子ページを一覧表示する 商品やサービスい一覧を簡単に構成することができる
  • https://wordpress.org/plugins/child-pages-shortcode/
  • ライセンスは無償

「Child Pages Shortcode」の使い方

Child Pages Shortcodeは固定ページに製品やサービスを分類して構成している場合に適しています。公開済みのページに対してこのプラグインを適用させる場合、固定ページを親・子の関係に構成していない場合は「パーマリンク」の変更が発生しますので、利用には注意して下さい。

親ページ内に子ページを2,3列と並べて表示することができます。

【Child Pages Shortcodeの表示例】

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

Child Pages Shortcodeのショートコード

[child_pages id=”XXXXXX”]

デフォルト表示 ショートコードを張り付けた固定ページのIDを親ページとして子ページの一覧が表示されます。

[child_pages width=”33%”]

枠の横幅を33%に指定(ディフォルトは50%)して一覧を表示する。

[child_pages size=”thumbnail”]

任意のサムネイル画像のサイズ名称を指定できます。デフォルトは”thumbnail”で、”large”、”medium”、”post-thumbnail”となっています。

[child_pages disabled_excerpt_filters=”1″]

抜粋表示をOFFにします。

利用時にはスマートフォンなどでは表示領域が狭いのでリンクボタンが接近しすぎていないかなどの表示確認を行って下さい。

固定ページに製品やサービスを展開している場合には有効なプラグインです。親ページと子ページを適切に構成しておけば自動で並べてくれます。

固定ページに投稿を表示したいなら、ページに他の投稿記事を表示するプラグインなど利用するとよいでしょう。

Child Pages Shortcodeの機能

  • ショートコード[child_pages]を埋め込むと子ページを表示できる。
  • デフォルトのHTMLテンプレートをカスタマイズすることができる。
  • ページを “抜粋”することができる

Child Pages Shortcodeのインストール

Child Pages Shortcodeをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Child Pages Shortcodeで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

ご利用の環境によってはChild Pages Shortcodeをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

プラグインに関連する記事

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

Child Pages Shortcodeは子ページを一覧表示する

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

RSS AntennaはRSSフィードを表示してくれる

RSS Antennaは更新情報をウィジェットや投稿・固定ページに表示してくれるWordPressプラグインです。自動で配信される更新情報はxml形式で出力されブラウザで表示すると人にはわかりずらいも …

Shortcodes by Angie Makes Elementsの使い方

Shortcodes by Angie Makesの「Elements」にはButton、Font Awesome Icon、Heading、Highlight、Spacing、Clear Float …

Shotcodes Ultimateのコンテンツ(ショートコード)の使い方

「Shotcodes Ultimate」のコンテンツグループには、見出し、仕切り、スペーサー、ハイライト、ラベル、DropCap、フレーム、テーブル、パーマリンク、Rss Feed、ダミーテキスト、ダ …

Post Type Switcherは投稿タイプを変更できる

WordPressのプラグインPost Type Switcherは、固定ページを投稿に、投稿を固定ページに入れ替えることができます。WordPressのページの種別は投稿(Post)と固定ページ(P …

Shotcodes Ultimateはショートコードで記事を装飾できる

「Shotcodes Ultimate」は記事を装飾できるようにしてくれるプラグインです。インストールして有効化すれば、編集画面に「ショートコードを挿入」ボタンがビジュアル・テキスト両編集モードに示さ …