WP Maintenance Modeはメンテナンス中を表示するプラグイン

「WP Maintenance Mode」は、サイトのメンテナンス中を表示してくれます。「WP Maintenance Mode」は、サイトを全体にわたって修正をかけたり、リニューアルしたいときなど「メンテナンス中」であることを表示してくれます。

「WP Maintenance Mode」の概要

WP Maintenance Mode の概要

WP Maintenance Modeを有効にすると、サイトはメンテナンスモードで動作し、管理者権限を持つユーザーは、フロントエンドを含むブログに完全にアクセスできます。メンテナンス中であることを訪問者に知らせるためのメンテナンスページを追加するか、新しいウェブサイトのための公開予定ページを追加できます。また、マルチサイトインストールでも動作します(ネットワークからの各ブログには独自のメンテナンス設定があります)。

  • WP Maintenance Mode
  • 「メンテナンス中」メッセージを表示してくれる
  • ライセンス → 無償
  • 必須WordPressバージョン → 3.5
  • 検証済みバージョン → 4.8.3
  • 言語 → 日本語含む17国語
  • アクティブインストール → 500,000 +

WP Maintenance Mode の使い方

「WP Maintenance Mode」で「メンテナンス中」のメッセージを表示するには、設定からメンテナンスモードを有効化します。操作は、ダッシュボード → 設定 → 「WP Maintenance Mode」と進み、一般タグの状態を有効化にします。メンテナンスモードが有効化されている状態でサイトにアクセスすると「メンテナンス中です」のメッセージが表示されます。この文章は自由に変更することができます。

「WP Maintenance Mode」の使い方

WP Maintenance Mode の設定

「WP Maintenance Mode」の設定は「一般」「デザイン」「モジュール」とタブでグループ化されています。「一般」はメンテナンスモードを有効にするかどうか、「デザイン」は表示する内容をデザインすることができ、「モジュール」では公開するまでのカウントダウン・ソーシャルネットワークを表示・問い合わせを表示・Googleアナリティクスを使用するかなどを設定することができます。

設定項目内容
一般
  • 【状態】— 有効化するとメンテナンスモード
  • 【検索エンジンボットをバイパス】— メンテナンスモード中はクロールをバイパスする
  • 【管理者画面にアクセス可能な権限】 — Editer,Author,Comtributor,Subscriberから選択、管理者は常にアクセスできます。
デザイン「メンテナンス中」にサイトにアクセスがあった場合に表示させるページをデザインします。
モジュール
  • 公開までのカウントダウンを表示
  • ソーシャルネットワークを表示
  • 問い合わせを表示
  • Googleアナリティクスを使用する

WP Maintenance Mode とあわせてメンテナンスに使いたいプラグイン

WP Maintenance Mode のインストールや更新時エラーの対処

「WP Maintenance Mode」をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名で検索 → インストール → 有効

インストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、ログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

エラーが発生した時の回復方法

更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

「WP Maintenance Mode」は、サイトをメンテナンス中であることを表示してくれます。「WP Maintenance Mode」は、サイトを全体にわたって修正をかけたり、リニューアルしたいときなど「メンテナンス中」であることを表示してくれます。編集作業は通常通りダッシュボードからログインすれば問題なくできます。

プラグインとは

機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

メリットとデメリット

導入メリットは以下のものでしょうか。

  • 必要な機能を簡単に導入することができる
  • 管理画面だけで柔軟に対応できる
  • 難易度の高いコーディングをしなくてすむ
  • アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれる

導入には次のようなデメリットもあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他と競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある