プラグイン

Insert Pages(WordPressプラグイン)は共通する文章を埋め込む

更新日:

「Insert Pages」は、共通する文章(コンテンツ)を複数のページにショートコードで埋め込むことができるプラグインです。製品やサービスページに共通する文章や画像などのページを作り、他のページに埋め込めばメンテナンス性が向上します。また、コンテンツにリンクを設置することで、内部リンク効果も期待できるのでSEO対策にも利用価値があります。

Insert Pagesの概要

「Insert Pages」はショートコードを使って任意のコンテンツ(ページ、投稿、カスタム投稿)などを埋め込むことができるプラグインです。

  • Insert Pages
  • https://ja.wordpress.org/plugins/insert-pages/
  • 無償
  • ページの挿入では、ショートコードを使用して他のコンテンツに任意のコンテンツ(例えば、ページ、投稿、カスタムポストタイプ)を埋め込むことができます

Insert Pagesの使い方

「Insert Pages」をインストールすると記事編集画面に「Insert Pages」ボタンが表示され、クリックするとショートコードが埋め込まれます。埋め込むページのスラッグと表示する内容を指定します。

埋め込みボタンをクリックすると編集画面にショートコードが埋め込まれます。

WEBサイト内でブログを利用して集客をしている場合など、記事に関連した製品やサービスページに誘導したいことがあります。こんなとき、誘導ページへのリンクコンテンツを作り、複数のページに埋め込むことでランディングページの効果を上げることができます。メインコンテンツに埋め込むことで、サイドバーやフッターに配置するよりも目につきやすくなります。

Insert PagesでCTA(コールツーアクション)を作る

Insert Pagesを使ってCTA(コールツーアクション)を作ることができます。固定ページなどにページを作り、投稿などのページ下部にInsert Pagesのショートコードを埋め込めば手軽にCTA(コールツーアクション)を作ることができます。複数のページに埋め込んだ場合など、修正が一度で済むので大変重宝します。また、サイト内の投稿すべてに共通して埋め込みたいならテンプレートファイルにショートコードを埋め込むことで可能になります。

Insert Pagesの設定

設定の内容は、ショートフォーマット(ページを埋め込むためのショートコードにページスラグかページIDを利用するかを選ぶ)、挿入の為のラッパー、insertメソッド、TinyMCEのフィルタとなっています。

Insert Pagesのインストール

Insert Pagesをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Insert Pagesで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

ご利用の環境によってはInsert Pagesをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

-プラグイン

Copyright© エス・ティ・セブン有限会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.