WordPressプラグイン

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

投稿日:2017年12月22日 更新日:

「Insert Pages」は、共通する文章(コンテンツ)を複数のページにショートコードで埋め込むことができるプラグインです。製品やサービスページに共通する文章や画像などのページを作り、他のページに埋め込めばメンテナンス性が向上します。また、コンテンツにリンクを設置することで、内部リンク効果も期待できるのでSEO対策にも利用価値があります。

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

Insert Pagesの概要

「Insert Pages」はショートコードを使って任意のコンテンツ(ページ、投稿、カスタム投稿)などを埋め込むことができるプラグインです。

  • Insert Pages
  • https://ja.wordpress.org/plugins/insert-pages/
  • 無償
  • ページの挿入では、ショートコードを使用して他のコンテンツに任意のコンテンツ(例えば、ページ、投稿、カスタムポストタイプ)を埋め込むことができます

Insert Pagesの使い方

「Insert Pages」をインストールすると記事編集画面に「Insert Pages」ボタンが表示され、クリックするとショートコードが埋め込まれます。埋め込むページのスラッグと表示する内容を指定します。

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

埋め込みボタンをクリックすると編集画面にショートコードが埋め込まれます。

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

WEBサイト内でブログを利用して集客をしている場合など、記事に関連した製品やサービスページに誘導したいことがあります。こんなとき、誘導ページへのリンクコンテンツを作り、複数のページに埋め込むことでランディングページの効果を上げることができます。メインコンテンツに埋め込むことで、サイドバーやフッターに配置するよりも目につきやすくなります。

CTA(コールツーアクション)ページを作る

Insert Pagesを使ってCTA(コールツーアクション)を作ることができます。固定ページなどにページを作り、投稿などのページ下部にInsert Pagesのショートコードを埋め込めば手軽にCTA(コールツーアクション)を作ることができます。複数のページに埋め込んだ場合など、修正が一度で済むので大変重宝します。また、サイト内の投稿すべてに共通して埋め込みたいならテンプレートファイルにショートコードを埋め込むことで可能になります。

Insert Pagesの設定

設定の内容は、ショートフォーマット(ページを埋め込むためのショートコードにページスラグかページIDを利用するかを選ぶ)、挿入の為のラッパー、insertメソッド、TinyMCEのフィルタとなっています。

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

Insert Pagesのインストール

Insert Pagesをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Insert Pagesで検索 → インストールボタンをクリック → 有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

ご利用の環境によってはInsert Pagesをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

プラグインに関連する記事

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

Insert Pagesは共通する文章を埋め込む

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Google Analytics Dashboard for WPはGoogle Analyticsをダッシュボードに表示してくれる

「Google Analytics Dashboard for WP」は、WordPressのダッシュボード上にGoogle Analytics(グーグル・アナリティクス)のアクセス解析レポートを表示 …

Crayon Syntax Highlighterは記事にHTMLソース等を表示する

Crayon Syntax Highlighterは、記事にHTMLソースなどを綺麗に表示することができます。企業のサイトでは、Crayon Syntax Highlighterはあまり利用されること …

Autoptimizeはスクリプトを集約し高速表示してくれる

「Autoptimize」はWordPressのプログラムソースコードを最適化してページの表示速度を高速化してくれるプラグインです。WordPressはシステム的にページを掃き出すため、プラグインのイ …

Shotcodes Ultimateのコンテンツ(ショートコード)の使い方

「Shotcodes Ultimate」のコンテンツグループには、見出し、仕切り、スペーサー、ハイライト、ラベル、DropCap、フレーム、テーブル、パーマリンク、Rss Feed、ダミーテキスト、ダ …

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル一覧表示

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル付きで一覧表示してくれるWordPressプラグインです。標準の最近の投稿などは細かくカスタマイズできなかったりするのでR …