WordPress テーマ

Twenty Seventeenは2017年のデフォルトテーマ

更新日:

「Twenty Seventeen」はWordPress公式テーマディレクトリから利用できるテーマです。カスタマイズできるのは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。ウイジェットエリアは「ブログサイドバー」「フッター1」、「フッター2」となっています。

「Twenty Seventeen」 トップページは2カラム、固定ページをトップページに指定しない場合ページ先頭から more タグまでが抜粋表示されます。moreタグを記述しないとページ全体が抜粋されるので、記事公開時には注意が必要です。記事ページは1カラムで構成することもサイドメニューを配置することもできます。

Twenty Seventeen

Screenshot of ja.wordpress.org

Twenty Seventeen テーマ・ディレクトリ

Twenty Seventeen は、没入感のあるアイキャッチ画像と繊細なアニメーションを用いて、サイトに命を吹き込みます。ビジネスサイトにフォーカスをあて、ウィジェット、ナビゲーション、ソーシャルメニュー、ロゴ等はもちろんフロントページの複数のセクションを目立たせます。カスタム配色で非対称のグリッドの個性を出し、投稿フォーマットでマルチメディアコンテンツを際立たせます。2017年のデフォルトテーマは、多くの言語において、どんな才能に対しても、どのようなデバイスでも、うまく動作します。 Twenty Seventeen公式ページより引用

カスタマイズ

ダッシュボードからできるTwenty Seventeenのカスタマイズは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。カスタマイズの編集はダッシュボードより、「外観」→ 「カスタマイズ」と進みます。

サイト基本情報 サイト基本情報では、「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を編集できます。「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を非表示にすることもできるようになっています。また、「サイトアイコン」もここで指定します。サイズは512 x 512 です。
色は「ライト」、「ダーク」、「カスタム」からセレクトできます。また、ヘッダーテキストの色もここで指定するようになっています。
ヘッダーメディア 「ヘッダーメディア」には動画か画像を表示させることができます。動画を表示させるには.mp4型式のファイルを指定します、画像はアップロード後切り抜きフィットさせることが可能です。
メニュー ページ先頭部の「Heder Navigation」とソーシャルリンクメニューがカスタマイズできます。
テンプレートファイル一覧 デフォルトのカスタマイズで足りない部分は以下のテンプレートファイルをカスタマイズすることになります。
  • index.php
  • 404.php
  • archive.php
  • comments.php
  • functions.php
  • header.php
  • page.php
  • serch.php
  • serchform.php
  • sidebar.php
  • single.php

ウィジェット

ウィジェットエリアは「ブログサイドバー」、「フッター1」、「フッター2」となっています。固定ページにはサイドバーエリアがないので、固定ページを利用するにはフッター1とフッター2に共通させたいものを配置することが必要になります。

  • ブログサイドバー
  • フッター1
  • フッター2

Twenty Seventeen はアイキャッチの使い方が非常に特徴的で非表示にされているサイトも多いようです。好き嫌いはわかれるかもしれませんがインパクトのあるページを作りたい方にはお勧めかもしれません。

おすすめテーマ

企業向けWordPressテーマ

企業向けWordPressテーマをテーマディレクトリからとりまとめてみました。

オンラインショップ向けWordPressテーマ

WordPressのテーマにはオンラインショップ向けテーマが揃っています。これらを上手に使うことができれば、低コストでショップを開くことが可能になります。

-WordPress, テーマ
-

Copyright© WordPressの使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.