Twenty Seventeen をテーマカスタマイザーとプラグインでカスタマイズする方法

Twenty Seventeen をテーマカスタマイザーとプラグインでカスタマイズ

Twenty Seventeen は公式ディレクトリから利用できる2017年のデフォルトテーマです。カスタマイズできるのは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。ウイジェットエリアは「ブログサイドバー」「フッター1」、「フッター2」となっています。Twenty Seventeen のトップページは2カラム、固定ページをトップページに指定しない場合ページ先頭から more タグまでが抜粋表示されます。

Twenty Seventeen の概要

Twenty Seventeen のトップページは2カラム、固定ページをトップページに指定しない場合ページ先頭から more タグまでが抜粋表示されます。moreタグを記述しないとページ全体が抜粋されるので、記事公開時には注意が必要です。記事ページは1カラムで構成することもサイドメニューを配置することもできます。

※Twenty Seventeen の概要(WordPress.orgより)

WordPress.orgTwenty Seventeen
バージョン2.8
最終更新2021年7月22日
有効インストール900000+
WordPressバージョン4.7
PHPバージョン5.2.4
Twenty Seventeen の概要 2022年1月現在

Twenty Seventeen のテーマカスタマイザー

Twenty Seventeen は、固定ページ・ブログともに2カラムでシンプル(1カラムにもできる)

ダッシュボードからできるTwenty Seventeen のカスタマイズは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。カスタマイズの編集はダッシュボードより、「外観」→ 「カスタマイズ」と進みます。

サイト基本情報サイト基本情報では、「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を編集できます。「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を非表示にすることもできるようになっています。また、「サイトアイコン」もここで指定します。サイズは512 x 512 です。
色は「ライト」、「ダーク」、「カスタム」からセレクトできます。また、ヘッダーテキストの色もここで指定するようになっています。
ヘッダーメディア「ヘッダーメディア」には動画か画像を表示させることができます。動画を表示させるには.mp4型式のファイルを指定します、画像はアップロード後切り抜きフィットさせることが可能です。
メニューページ先頭部の「Heder Navigation」とソーシャルリンクメニューがカスタマイズできます。
テンプレートファイル一覧デフォルトのカスタマイズで足りない部分は以下のテンプレートファイルをカスタマイズすることになります。

index.php
404.php
archive.php
comments.php
function.php
header.php
page.php
serch.php
serchform
sidebar.php
single.php
追加cssサイトの外観とレイアウトをカスタマイズするには、独自の CSS コードを追加しします。
Twenty Seventeen のテーマカスタマイザー

Twenty Seventeen のウィジェット

Twenty Seventeen のウィジェットエリアは「ブログサイドバー」、「フッター1」、「フッター2」となっています。固定ページにはサイドバーエリアがないので、固定ページを利用するにはフッター1とフッター2に共通させたいものを配置することが必要になります。Twenty Seventeen はアイキャッチの使い方が非常に特徴的で、非表示にされているサイトも多いようです。好き嫌いはわかれるかもしれませんがインパクトのあるページを作りたい方にはお勧めかもしれません。

Twenty Seventeen は公式ディレクトリから利用できる2017年のデフォルトテーマです。カスタマイズできるのは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。ウイジェットエリアは「ブログサイドバー」「フッター1」、「フッター2」となっています。

  • ブログサイドバー
  • フッター1
  • フッター2

WordPressテーマとは

Webサイト全体のテンプレートのことです。テーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。そのため、テーマをカスタマイズすれば複雑な処理を行うことなく、Webサイトのデザインや構成、機能などを変えることができます。

テーマに含まれる複数のファイルは「テンプレートファイル」と呼ばれ、ページごとにファイルが分かれていて、表示内容を決めることができます。基本的なメインコンテンツは、「index.php(トップページ)」、「single.php(個別記事)」、「page.php(固定ページ)」、「search.php(検索結果)」、「archive.php(過去記事一覧)」などのテンプレートファイルを結合させることで構成されています。これらのファイルを直接書き替えてカスタマイズすることもできます。

カスタマイズに使いたいプラグイン

公式テーマは審査後公認され無料で利用できるようになります。WordPressは基本部のみの配信のため拡張機能を利用したい場合はプラグインで機能を拡張させることになります。ただし、プラグインはテーマやサーバー等の環境によって利用できなっかたり、インストールや更新時にエラーになることもあるので導入前にバックアップを忘れずにしておきましょう。

また、プラグインは定期的に更新されバグ対応やセキュリティ対応がされるのですが、長期間更新されていないものもあるので注意が必要です。

Table of Contents Plusページ内のコンテンツの目次を作成
All in One SEO PackSEOを一括して設定
WP Multibyte Patchマルチバイト文字の修正(コンタクトフォームを利用するなら必須)
Duplicatorサイトを丸ごとコピーしてバックアップ
WP Maintenance Modeメンテナンス中であることを表示
Pz-LinkCard外部リンクをカード形式で表示
WP-Optimizeデータベースをクリーンアップ
Insert Pagesページ内に文章を埋め込む
RedirectionURLをリダイレクト
Broken Link Checkerリンク切れをチェックする
カスタマイズに使いたいプラグイン