「Twenty Seventeen」は2017年の公式デフォルトテーマ

「Twenty Seventeen」はWordPress公式ディレクトリから利用できる2017年のデフォルトWordPressテーマです。カスタマイズできるのは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。ウイジェットエリアは「ブログサイドバー」「フッター1」、「フッター2」となっています。

「Twenty Seventeen」の概要

「Twenty Seventeen」は2017年の公式デフォルトテーマ

「Twenty Seventeen」 トップページは2カラム、固定ページをトップページに指定しない場合ページ先頭から more タグまでが抜粋表示されます。moreタグを記述しないとページ全体が抜粋されるので、記事公開時には注意が必要です。記事ページは1カラムで構成することもサイドメニューを配置することもできます。


  • Twenty Seventeen【テーマディレクトリ】
  • 固定ページ・ブログともに2カラムでシンプル(1カラムもできる)
  • 有効インストール数は100万以上
  • WordPressバージョン4.7以降

WordPressテーマディレクトリより引用

Twenty Seventeen は、没入感のあるアイキャッチ画像と繊細なアニメーションを用いて、サイトに命を吹き込みます。ビジネスサイトにフォーカスをあて、ウィジェット、ナビゲーション、ソーシャルメニュー、ロゴ等はもちろんフロントページの複数のセクションを目立たせます。カスタム配色で非対称のグリッドの個性を出し、投稿フォーマットでマルチメディアコンテンツを際立たせます。2017年のデフォルトテーマは、多くの言語において、どんな才能に対しても、どのようなデバイスでも、うまく動作します。

Twenty Seventeen公式ページより引用

「Twenty Seventeen」のカスタマイザー

ダッシュボードからできるTwenty Seventeenのカスタマイズは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。カスタマイズの編集はダッシュボードより、「外観」→ 「カスタマイズ」と進みます。

サイト基本情報 サイト基本情報では、「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を編集できます。「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を非表示にすることもできるようになっています。また、「サイトアイコン」もここで指定します。サイズは512 x 512 です。
色は「ライト」、「ダーク」、「カスタム」からセレクトできます。また、ヘッダーテキストの色もここで指定するようになっています。
ヘッダーメディア 「ヘッダーメディア」には動画か画像を表示させることができます。動画を表示させるには.mp4型式のファイルを指定します、画像はアップロード後切り抜きフィットさせることが可能です。
メニュー ページ先頭部の「Heder Navigation」とソーシャルリンクメニューがカスタマイズできます。
テンプレートファイル一覧 デフォルトのカスタマイズで足りない部分は以下のテンプレートファイルをカスタマイズすることになります。
  • index.php
  • 404.php
  • archive.php
  • comments.php
  • functions.php
  • header.php
  • page.php
  • serch.php
  • serchform.php
  • sidebar.php
  • single.php

「Twenty Seventeen」のウィジェット

ウィジェットエリアは「ブログサイドバー」、「フッター1」、「フッター2」となっています。固定ページにはサイドバーエリアがないので、固定ページを利用するにはフッター1とフッター2に共通させたいものを配置することが必要になります。

  • ブログサイドバー
  • フッター1
  • フッター2

Twenty Seventeen はアイキャッチの使い方が非常に特徴的で非表示にされているサイトも多いようです。好き嫌いはわかれるかもしれませんがインパクトのあるページを作りたい方にはお勧めかもしれません。

「Twenty Seventeen」で使いたいプラグイン

WordPressのテーマとは

Webサイト全体のテンプレートのことです。テーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。そのため、テーマを変更すれば複雑な処理を行うことなく、Webサイトのデザインや構成、機能などを変えることができます。

テーマに含まれる複数のファイルは「テンプレートファイル」と呼ばれ、ページごとにファイルが分かれていて、表示内容を決めることができます。WordPressの基本的なメインコンテンツは、「index.php(トップページ)」、「single.php(個別記事)」、「page.php(固定ページ)」、「search.php(検索結果)」、「archive.php(過去記事一覧)」などのテンプレートファイルを結合させることで構成されています。

テーマは、インターネット上で無料ダウンロードできるものから、有料で販売されているものもあります。よりサイトの構成にこだわりたい場合は、自分で作成したテーマをアップロードして適用することも可能です。

テーマの着せ替え

比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

無料にはない有料テーマのメリット

テーマは、インターネット上で無料ダウンロードできるものから、有料で販売されているものもあります。よりサイトの構成にこだわりたい場合は、自分で作成したテーマをアップロードして適用することも可能です。

中でも有料テーマは無料テーマにはないデザイン性の高さや機能の充実があげられます。

  • デザイン性が高くなる
  • 業種・目的に合ったテーマを選びやすい
  • カスタマイズをしなくても使える
  • プラグイン・ウィジェットが充実している
  • 記事の装飾機能が充実している
  • 記事の作成に集中できる
  • 無料テーマよりもSEOが強い

まとめ

「Twenty Seventeen」はWordPress公式ディレクトリから利用できる2017年のデフォルトWordPressテーマです。カスタマイズできるのは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。ウイジェットエリアは「ブログサイドバー」「フッター1」、「フッター2」となっています。