「Jetpack by WordPress.com」はWordPressのSEOツールがパックされている

「Jetpack by WordPress.com」はWordPressのSEOツールがパックされている

「Jetpack」はトラフィックやSEOツールがパックになっています。「Jetpack」は元々WordPress.comで提供していたものをインストール型でも利用できるようにしたものです。

「Jetpack」の概要

「Jetpack」はトラフィックやSEOツールがパックになっています。WordPress.comで提供していたものをインストール型でも利用できるようにしたものです。サイトの管理をより簡単にしてくれる機能が詰まっています。その他にも サイトの管理をより簡単にしてくれる機能が詰まっています。訪問者の統計情報、セキュリティサービス、画像配信の高速化、そしてトラフィック増加促進などの機能が管理を助けてくれます。インストールして有効化するとダッシュボードにJetpackが追加されるので利用したい機能を有効にすれば設定できます。

「Jetpack」の概要

  1. Jetpack【プラグイン・ディレクトリ】
  2. サイトの管理、統計情報やセキュリティ
  3. ライセンス無償
  4. インストール数5百万+
  5. WPバージョン5.1以上
  6. 検証バージョン5.2.2
  7. PHPバージョン5.6以上

「Jetpack」の機能

「Jetpack」の機能

  • 【Beautiful Math】方程式や数式をできるマークアップ
  • 【Gravatar ホバーカード】名前、プロフィール情報、写真や連絡先を表示
  • 【JSON API】アプリケーションサービスが安全にサイトと通信できるようにする
  • 【Markdown】一般的な文字や記号を使ってリンク、リストなどを投稿に追加できる
  • 【Photon】WordPress.comのCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)から画像を読み込みサイトを高速化
  • サイトの統計情報とアナリティクス
  • Facebook、Twitter、LinkedIn、Tumblr、Reddit、WhatsApp での自動共有
  • 【有料】Google、Bing、Twitter、Facebook、WordPress.com 用の検索エンジン最適化ツール
  • 【有料】AdSense、Facebook 広告、AOL、Amazon、Google AdX、Yahoo の長所を取り込んだ広告プログラム

「Jetpack」のインストールや更新時エラーの対処

「Jetpack」をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名で検索 → インストール → 有効

インストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、ログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

エラーが発生した時の回復方法

プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

「Jetpack」のまとめ

「Jetpack」はトラフィックやSEOツールがパックになっています。元々はWordPress.comで提供していたものをインストール型のWordPressでも利用できるようにしたものです。その他にもサイトの管理をより簡単にしてくれる機能が詰まっています。訪問者の統計情報、セキュリティサービス、画像配信の高速化、そしてトラフィック増加促進などの機能が管理を助けてくれます。インストールして有効化するとダッシュボードにJetpackが追加されるので利用したい機能を有効にすれば設定できます。

プラグインとは

機能を拡張するためのツールです。WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

メリットとデメリット

導入メリットは以下のものでしょうか。

  • 必要な機能を簡単に導入することができる
  • 管理画面だけで柔軟に対応できる
  • 難易度の高いコーディングをしなくてすむ
  • アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれる

導入には次のようなデメリットもあります。

  • 数が多くなると、サイトが重くなる
  • 数が多くなると、管理しきれなくなる
  • 他と競合したり、バグがあったりするものもある
  • サポートが途中で終わるものもある