「Customify」をカスタマイズする方法

更新日:

「Customify」をカスタマイズする方法

WordPress公式テーマ「Customify」のテーマカスタマイザーは多岐にわたってカスタマイズすることができるようになっているので、ショップ、ビジネスエージェンシーなどのあらゆるタイプのWebサイトを構築できるテーマです。企業、ポートフォリオ、教育、大学ポータル、コンサルティング、教会、レストラン、医療などにも向いています。また、Customifyは、WooCommerce、OrbitFox、Yoast、BuddyPress、bbPressなどの主要なプラグインと互換性があります。

「Customify」

「Customify」をカスタマイズする方法

「Customify」は、SEO、速度、および使いやすさを念頭に置いて構築され、高速、軽量、応答性、および非常に柔軟なWordPressテーマです。 WYSIWYGヘッダー&フッタービルダー(WordPressカスタマイザー内)で想像力を解き放ちます。 テーマは、Elementor、Beaver Builder、SiteOrigin、Thrive Architect、Divi、Visual Composerなどのお気に入りのページビルダーのいずれかで機能します。

  • ショップ、ビジネスエージェンシーなどのあらゆるタイプのWebサイトが構築可能
  • 名称は
  • 「Customify」【テーマ・ディレクトリ】
  • インストール数は40000+(2020年4月4日)
  • PHPは5.6以上
  • Customifyをインストールするにはダッシュボードから外観 → テーマ → 新規追加 → Customifyで検索しインストールを開始します。

「Customify」のカスタマイザー

Customifyのカスタマイズは多岐にわたって設定できるようになっています。下記のようにかなり細部に渡ってカスタマイズできるのは他の公式テーマに見られない特徴です。

ヘッダー
  • ロゴとサイトアイデンティティ
  • ヘッダー上
  • ヘッダーメイン
  • ヘッダー下
  • メニューサイドバー
  • メニューアイコン
  • 検索アイコン
  • 検索ボックス
  • メインメニュー
  • ボタン
  • ソーシャルアイコン
  • HTML1
  • テンプレート
配置
  • 全般
  • サイドバー
  • ページヘッダー
ブログ
  • ブログ投稿
  • 1つのブログ投稿
  • 検索結果
設定
  • Global Colors
  • 背景
タイポグラフィ
  • 基本設定
  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • コンテンツ
フッター
  • テンプレート
  • フッターサイドバー1
  • フッターサイドバー2
  • フッターサイドバー3
  • フッターサイドバー4
  • フッターサイドバー5
  • フッターサイドバー6
  • フッターメイン
  • フッター下
  • 著作権表示
  • ソーシャルアイコン

「Customify」で使いたいプラグイン

ネットショップとは

ネットショップとはインターネット上でモノやサービスを売るウェブサイトのことです。ネットショップをスタートする場合はメリットとデメリットを見据えておくことをお勧めします。

【メリット】

  1. 販売エリアが広がる
  2. 開店するためのコストが低い
  3. 24時間営業できる

【デメリット】

  1. 集客が難しい
  2. 価格競争になることがある
  3. 顧客の固定化が難しい

テーマのカスタマイズ

カスタマイズは大きく分けて機能とデザイン性になります。どちらも手段が複数ありますので、事前に理解して取り組まれるとよいでしょう。特にテーマのコードを直接編集する方法はリスクも高いので、よく理解されている方以外にはおすすめできません。

カスタマイズ手段

  1. 管理画面からテーマカスタマイザーを使ってカスタマイズ
  2. ページビルダー等のプラグインを利用する
  3. テーマのコードを直接編集する

テーマカスタマイザーでカスタマイズ

テーマカスタマイザーは、テーマによって内容は異なっていますが、基本的な項目、メニューや、ウィジェット、フォントや色、レイアウトなどを変更することができます。テーマによってはスライダーや動画に関する設定ができるものもあります。スタイルシートは追加CSSに必要なものだけ追加することができます。(全てのページに出力されるのであまり使わないCSSは追加しない方がページを軽くすることができる)

「Customify」をカスタマイズする方法

テーマカスタマイザー例

プラグインを利用する

プラグインを利用するのも一つの手段です。Page Buider by SiteOriginElementor Website Builderを利用すれば、かなり大掛かりなカスタマイズができるようになります。

「Customify」をカスタマイズする方法

「Page Builder(ページビルダー)」はレイアウト作成に威力を発揮するプラグインです。HTMLやCSSのスキルがなくてもページを作成することが可能です。文章・画像やウィジェットをドラッグアンドドロップで自由に配置することができるのです。

「Customify」をカスタマイズする方法

Elementorは、ドラッグ&ドロップでページを作成することができます。直感的に操作することができます。また、Elementorでは最大6カラムにもすることができます。しかし、ブログ記事の作成が面倒です。デザイン性の高いページを作成したいとなると、Elementorの編集画面を使っての作業となるので、時間がかかります。

まとめ

WordPress公式テーマ「Customify」のテーマカスタマイザーは多岐にわたってカスタマイズすることができるようになっているので、ショップ、ビジネスエージェンシーなどのあらゆるタイプのWebサイトを構築できるWordPressテーマです。企業、ポートフォリオ、教育、大学ポータル、コンサルティング、教会、レストラン、医療などにも向いています。また、Customifyは、WooCommerce、OrbitFox、Yoast、BuddyPress、bbPressなどの主要なプラグインと互換性があります。

「Customify」をカスタマイズする方法

-テーマ

Copyright© WordPreeの使い方 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.