WordPressテーマ「Lightning」をカスタマイズする方法

更新日:

WordPressテーマ「Lightning」をカスタマイズする方法

「Lightning」の特徴は、同時に開発されている無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」が利用できる多機能なWordPressテーマであること。今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。WordPress標準では「投稿」「固定ページ」の2系統しか使えませんが、ExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。

Lightning

LightningのプラグインVK All in One Expansion Unit

VK All in One Expansion UnitをLightningにインストールして有効化すると以下のことができるようになります。

  • トップページにPR Blockを設置できる
  • ウィジェットエリアに会社情報やロゴを表示できる
  • 子ページを自動で一覧表示できる
  • お問い合わせ先情報を表示できる
  • コールツーアクションを一括挿入でき、ページごとに表示内容を変更できる

Lightningのテーマカスタマイザー

WordPressのテーマをカスタマイズする最も簡単な方法は、標準搭載されているカスタマイザーを使用することです。(ログインしている状態で)サイトを閲覧し、画面上部にある管理バー内の「カスタマイズ」をクリックするか、管理画面で、「外観」 > 「カスタマイズ」をクリックする方法です。

Lightningのカスタマイザーの内容は以下のようになっています。カスタマイズ機能が豊富に用意されていて、テンプレートファイルをカスタマイズしなくてもよいほど充実しています。

サイト基本情報 サイトのタイトル(WordPressで既に設定していれば変更の必要はなし キャッチフレーズ サイトアイコン 512 × 512pX
メニュー Lightningのメニューは以下の3つがデフォルト、位置はヘッダー部とフッター部の指定ができます。
  • HeaderNvigation
  • FooterNvigation
  • FooterSiteMap
ウィジェット Lightningのウィジェットは豊富に用意されていてテンプレートファイルのカスタマイズをしなくてもデフォルトで十分利用できます。
  • サイドバー(トップページ)
  • サイドバー(共通上部)
  • サイドバー(共通下部)
  • トップページコンテンツエリア上部
  • フッター上部
  • フッターウィジェットエリア1
  • フッターウィジェットエリア2
  • フッターウィジェットエリア3
Lghtningデザイン設定
  • デザインスキンよって簡単にデザインを変更できる
  • 280 × 60 のロゴ画像が使える
  • トップページを1カラムにする
  • トップページデフォルトの投稿リストや固定ページを表示しない
  • 投稿詳細ページで最終更新日を表示しない
  • 投稿詳細ページで投稿者名を表示しない
Lightningトップページスライドショー 1900 × 600pxのスライド画像をスライドさせて表示することができる。
Lightningトップページ PR Block トップページにPR したいページへのリンクと画像を簡単に設置できる。

WordPressテーマディレクトリのテーマは審査に適合しないと登録できないのでその点では安心して利用することができます。企業のサイトにも適したデザイン、コールツーアクションの実装、様々なニーズに対応できる公式テーマの一つといえるでしょう。

テーマの着せ替え

比較的簡単に着せ替えることが可能で、新しいテーマをインストール&アップロード後有効化すればとりあえずWEBサイトにはなっています。注意したいのは、検索エンジンからの流入を重視している場合、着せ替え後一定期間で流入がダウンすることがあります。着せ替え後のコンテンツの修正が多岐にわたっている場合などはこの現象が顕著に表れることもあります。変更後はアクセス状況に注目し、どんなページ変化が生じているかを分析した方がいいかもしれません。

Lightningで使いたいプラグイン

テーマのカスタマイズ

カスタマイズは大きく分けて機能とデザイン性になります。どちらも手段が複数ありますので、事前に理解して取り組まれるとよいでしょう。特にテーマのコードを直接編集する方法はリスクも高いので、よく理解されている方以外にはおすすめできません。

カスタマイズ手段

  1. 管理画面からテーマカスタマイザーを使ってカスタマイズ
  2. ページビルダー等のプラグインを利用する
  3. テーマのコードを直接編集する

テーマカスタマイザーでカスタマイズ

テーマカスタマイザーは、テーマによって内容は異なっていますが、基本的な項目、メニューや、ウィジェット、フォントや色、レイアウトなどを変更することができます。テーマによってはスライダーや動画に関する設定ができるものもあります。スタイルシートは追加CSSに必要なものだけ追加することができます。(全てのページに出力されるのであまり使わないCSSは追加しない方がページを軽くすることができる)

WordPressテーマ「Lightning」をカスタマイズする方法

テーマカスタマイザー例

プラグインを利用する

プラグインを利用するのも一つの手段です。Page Buider by SiteOriginElementor Website Builderを利用すれば、かなり大掛かりなカスタマイズができるようになります。

WordPressテーマ「Lightning」をカスタマイズする方法

「Page Builder(ページビルダー)」はレイアウト作成に威力を発揮するプラグインです。HTMLやCSSのスキルがなくてもページを作成することが可能です。文章・画像やウィジェットをドラッグアンドドロップで自由に配置することができるのです。

WordPressテーマ「Lightning」をカスタマイズする方法

Elementorは、ドラッグ&ドロップでページを作成することができます。直感的に操作することができます。また、Elementorでは最大6カラムにもすることができます。しかし、ブログ記事の作成が面倒です。デザイン性の高いページを作成したいとなると、Elementorの編集画面を使っての作業となるので、時間がかかります。

まとめ

「Lightning」の特徴は、多機能なテーマであること。今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。プラグインExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。

WordPressテーマ「Lightning」をカスタマイズする方法

-テーマ
-

Copyright© WordPreeの使い方 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.