WordPressプラグイン

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

投稿日:2018年1月23日 更新日:

WordPressの「抜粋」には何を書けばいいのでしょう。「抜粋」に書かれた文章はディスクリプションとしてページに反映されます。その為、ディスクリプションは、60文字~120文字前後でわかりやすく記述します。そして、コピーは厳禁です、全ページ異なる「抜粋」を書くようにします。コピーは重複コンテンツとみなされ、検索エンジンに評価を落とされてしまいます。オリジナルのしっかりとしたページの説明文を記述します。

<meta name="description" content="ページの説明文">

ディスクリプションとは、ソース内のhead部分に下記のように記述された部分を示します。検索エンジンにページがどのような内容を持っているのかを伝える役割をしています。

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

「WordPress抜粋(ディスクリプション)」の書き方

Googleはなるだけ多くのページにディスクリプションを記述しキーワードを含めることを推奨していました。これは、ディスクリプションにキーワードを含めることでランキングで優位になるとされていたのですが、現在では、Googleからは順位評価には効果がないことが公表されています。ディスクリプションは検索エンジンの検索結果にて「タイトル」の下にスニペットとして表示されるので、インデックスからユーザーの流入を増やす魅力的な文章作りに力をいれたほうがよさそうです。

▶ 「抜粋」を記述しないとどうなるのか

では、「抜粋」を記述しないとどのようになるのでしょう。「抜粋」を記述しない場合はほとんどのテーマで自動抜粋が行われます。ページの先頭より一定の文字数で自動的に抽出される仕組みにされているわけです。注意点は自動抜粋を利用する場合、ページ先頭部にショートコード等を配置していると適切な文章になっていないことがあることです。ブラウザでソースを確認することを忘れないでください。

▶ 「ディスクリプション」が必ずスニペットになるわけではない

「ディスクリプション」をソースから削除するとどうなるのでしょう。Googleは自動的にキーワードにページ内から抜粋して関連する文章を表示します。ディスクリプションは常に同じ文章が表示されるのではなく、クエリによってページ内からGooGleが自動的に抜粋し、クエリにふさわしい文章として表示しされているのです。

ディスクリプションについて「Matt Cutts氏」のコメント

サーチコンソールでディスクリプションの重複を確認することができます。注意点はテーマやSEO関連のプラグインを導入することにより、ディスクリプションが重複してしまったりすることもあるのでソースを確認は欠かせません。

Googleのスパムチームの「Matt Cutts氏」がブログでディスクリプションについて説明しています。

「Meta description」が各ページ個別化していることはもちろんいいし、なんならMeta descriptionが重複しているよりも入っていないほうがマシだ。事実、僕(Matt Cutts 氏)のブログもMeta descriptionは入ってないしね。

Google Webmasters – YouTube

本来の Meta description の役割は、検索結果に概要を伝えることです。ディスクリプションが重複するくらいなら入れないほうが良いといっていますが、そうなると検索結果のサイト概要は何が表示されるのでしょう。答えは「重複するくらいなら、Googleがサイト内の情報から作成する自動スニペットに任せたほうがよい」といっているようです。

ディスクリプションは検索エンジンによっても取り扱いは異なります。上記はGoogleに対して現在適応されるものと判断してください。今後Googeleにおいても取り扱いの変更は十分あり得ます。

ディスクリプションは、Googleなどの検索エンジンで検索結果のスニペットとして引用される部分で、SEOでは重要視されています。WordPressでは抜粋として各ページに設定できるようになっていますが、記述しなくても自動的にページの先頭部から作成されます。


「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

サイトマップを作成してくれるプラグインのリスト

サイトマップ

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

Easy Google AdSense(WordPressプラグイン)は学習して広告が自動的に最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。このプラグイ…

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

検索エンジン最適化(SEO)に使えるプラグインのリスト

SEO

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

Shortcodes by Angie Makes(WordPressプラグイン)のポストリスト

Shortcodes by Angie Makes

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

アクセス解析ができるWordPressプラグインリスト

アクセス解析

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

WordPressサイトをバックアップできるプラグインのリスト

バックアップ

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

Advanced Ads(WordPressプラグイン)はAdSenseやアフィリエイトのコードを貼りつける

Advanced AdsはAdSenseやアフィリエイトの広告コードを貼りつけることができるWordPressプラグインです。A…

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

Dashboard Notepad(WordPressプラグイン)はダッシュボードにメモを残せる

Dashboard Notepad はダッシュボードにメモを残せるようにしてくれるプラグインです。サイトを複数のメンバーで編集す…

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

What’s New Generator(WordPressプラグイン)は更新情報を記事内にショートコードで表示

What’s New Generatorの概要 【名称】What’s New Generator 【機能…

「抜粋」を編集することができるWordPressのプラグイン

アフィリエイトサイトのページビュー(PV)を増加させるプラグイン

アフィリエイトではアクセスアップ(訪問者)は収益確保の必須条件と言えますが、PV(ページ閲覧数)も極めて重要です。せっかく訪問し…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

WordPressサイトをバックアップできるプラグインのリスト

目次1 バックアップ1.1 WordPress Importer(WordPressプラグイン)はデータをインポートできる 1.2 BackWPup(WordPressプラグイン)は自動でバックアップ …

Head, Footer and Post Injections(WordPressプラグイン)はGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼り …

List category posts(WordPressプラグイン)はカテゴリーとタグで記事一覧を表示する

List category postsはカテゴリーとタグで記事一覧を表示するプラグインです。List category postsを使えば、WordPressの投稿や固定ページにカテゴリやータグごとに …

Recent Posts Widget Extended(WordPressプラグイン)は新着記事をサムネイル一覧表示

Recent Posts Widget Extendedは新着記事をサムネイル付きで一覧表示してくれるWordPressプラグインです。標準の最近の投稿などは細かくカスタマイズできなかったりするのでR …

Duplicator(WordPressプラグイン)はサイトを丸ごとコピーできる

Duplicatorは、WordPressのサイトを丸ごとコピーできるプラグインです。サイトを移行する場合などに、Duplicatorは、移行先のデータベースだけを用意すれば、新しいサーバは空でOK