WordPressプラグイン

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

投稿日:2017年12月14日 更新日:

WP Multibyte PatchはWordPressのマルチバイト文字の不具合の修正を行うプラグインです。WP Multibyte PatchはWordPressを日本語環境で正しく動作させるために必要な機能が含まれています。特に設定はする必要はなく、有効化しておけばよいプラグインです。WP Multibyte PatchはWordPressをインストールするとデフォルトでインストールされています。

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

WP Multibyte Patchの概要

  • WP Multibyte Patch
  • マルチバイト文字の不具合を修正をしてくれる
  • ライセンスは無償
  • 必須WordPressバージョン → 4.5
  • 検証済みバージョン → 4.9.1
  • 言語 → 日本語含む14ケ国語
  • アクティブインストール → 900,0000+
  • 最終更新 → ※常に変化しますので公式ページでご確認ください
  • 設定 → 特に設定は不要、有効化しておけばよい

WP Multibyte Patchの使い方

WP Multibyte Patchがマルチバイト文字(日本語)の不具を修正してくれる内容は次のようなものです。サイト内にお問い合わせフォームなどを設置する場合にはWP Multibyte Patchのインストールしておかないと文字化けを発生させてしまいます。

WP Multibyte Patchは以下のような機能を持っています。

  • 投稿抜粋の不具合
  • 文字数カウントの修正
  • メール送信の修正
  • ファイル名の文字化け修正

WP Multibyte Patchの設定

WP Multibyte Patchは特に設定の必要はなく、デフォルトで標準的な設定値が割り当てられるようになっているので、プラグインを有効化しておけばよいです。

WP Multibyte Patchの設定値を変更する必要がある場合は、wpmp-config-sample-ja.php を wpmp-config.php に変名し内容を編集してから下記のように配置してください。(WP_CONTENT_DIR を変更している場合はその中に置いてください。)

/wp-content/wpmp-config.php

WP Multibyte Patchのインストール

WP Multibyte Patchをインストールするにはダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → WP Multibyte Patchで検索 → インストールボタンをクリック → WP Multibyte Patch有効化ボタンをクリックし必要な設定を行います。

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

ご利用の環境によってはWP Multibyte Patchをインストールできないことやエラーになることもあります。エラーの対処方法はこちらをお読みください

プラグインに関連する記事

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれる

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れる

Speech bubbleは吹き出し会話風ページを簡単に作れるプラグインです。会話内容を記述したショートコードを埋め込むことで簡単に会話風ページを作ることができます。 Speech bubbleの概要 【名称】Speech bubble 【機能】吹き出し会…

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできる

Attachment Taxonomiesはメディアをカテゴリー分けできるプラグインです。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカ…

WP Multibyte Patchはマルチバイト文字の修正パッチ

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替える

Content Aware Sidebarsはカテゴリーごとにサイドメニューを切り替えてくれるプラグインです。Content Aware Sidebarsをインストールするメリットは、ページボリュームが多いサイトでカテーゴリーも多種に至っている場合関連する…

-WordPressプラグイン

執筆者:

関連記事

Shortcodes by Angie MakesのColumns(カラム・列)の使い方

Shortcodes by Angie MakesのColumns(カラム・列)を利用すればCSS(スタイルシート)を使わなくてもページを2や3列に分割するレイアウトをデザインすることができます。もち …

Intuitive Custom Post Orderは記事を並び替えることができる

Intuitive Custom Post Orderは記事の順番をドラッグ&ドロップの簡単な操作で並び替えることができるようにしてくれるプラグインです。固定ページはページ属性の並び順によって並び替え …

Easy Table of Contentsは目次を自動で作ってくれる

Easy Table of Contentsは投稿や固定ページに「見出しタグ h1 ~ h6」を元に自動で「目次」を作成して表示してくれます。Easy Table of Contentsは目次を投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプにも挿入することが出来ます。

Slimstat Analyticsはアクセス解析をしてくれる

「SlimStat Analytics」は、強力なリアルタイムの解析ができるWordPressプラグインです。サーバー内に設置し単体で動作します。訪問者の情報(参照元・移動経路・検索キーワード・端末環 …

Easy FancyBoxは画像を拡大ポップアップすることができる

Easy FancyBoxは記事の中の画像をポップアップしてくれるWordPressプラグインです。製品などの画像を拡大表示して表示したいことがあります。JavaScriptなどを利用する方法もありま …