FileBirdはWordPressの画像をフォルダ管理できるプラグイン

FileBird はバーチャルフォルダ内で画像ファイルを仕分けする仕組みとなっています。プラグインを導入しても、プラグインを削除しても、記事にも画像ファイルにも全く影響が無いということになります。

FileBird の概要

FileBird はドラッグアンドドロップでファイルをアップロードしたりフォルダに一括移動したりできます。ドラッグアンドドロップでフォルダやサブフォルダを整理できます。メディアファイル(画像やPDF等)が多くなると過去にアップロードしたファイルを見つけるのに一苦労です。 FileBird でフォルダ分けしておけば見つけやすく、表示を早くすることもできます。

FileBird の概要
FilBird
プラグインの名称 File Bird
ダウンロードダウンロード
バージョン4.9.2
最終更新日5日前(2021年9月14日)
有効インストール数100,000+
WordPressバージョン3.0以降
検証済み最新バージョン5.8.1

FileBird の使い方

FileBird の使い方
FileBird

FilBird をインストールして有効化するとメディア管理画面の左側にフォルダが追加表示されるようになります。

最初はフォルダがないので新規追加をクリックして新しいフォルダを作成します。あとは右側の画像やその他のメディアファイルをフォルダにドラッグアンドドロップで整理するだけです。

FileBird の設定

Each user has his own folders?

複数ユーザーでメディアを管理したい場合のみ関係のあるオプションです。画像ファイルのフォルダ分けを、ユーザーごとに行いたい場合はONにします。

Clear all data

各種設定やフォルダ分けに関するデータを初期化します。

Import from old version

バージョン3.9以前からデータを引き継ぐためのオプションです。

API key

開発者向けのAPIを発行します。


Attachment Taxonomies

Attachment Taxonomiesを使えばメディアファイルをカテゴリーやタグで分類できます。WordPressは画像などのメディアを一覧で管理することができるのですが、多くなってくると探すのに一苦労します。Attachment Taxonomiesを使えばカテゴリーやタグで分類することができるので探しやすくすることができます。