Gutenbergでタグを使いやすくチェックボックスにカスタマイズ

Gutenbergのタグはタグ名を直接入力する仕様になっていて、使いがっては少し不便です。カテゴリーのようにチェックボックスで入力出来れば操作性が向上します。タグは関連する記事を複数のカテゴリーに渡って紐づけできる機能で、サイトの内の回遊率アップにも貢献できます。テーマに関連の記事を表示できる機能がある場合タグで関連つけて、サムネイル表示すると訴求もアップできます。

シンプルですが、適切な入力が迅速に行えるとはいいがたいものになっています。テーマに簡単なコードを追加するだけでカテゴリーと同様の使い勝手を実現することができます。

ダッシュボードから、外観 → テーマエディタ → function.phpを開きます。コードの内容はテーマによって異なりますが、<? php 内にコピーして追加すれば稼働します。操作に慣れていない場合はバックアップを取ることを忘れずに作業してください。


function _re_register_post_tag_taxonomy() {
	
	$tag_slug_args = get_taxonomy('post_tag'); // returns an object
	$tag_slug_args -> hierarchical = true;
	$tag_slug_args -> meta_box_cb = 'post_categories_meta_box';
	
	register_taxonomy( 'post_tag', 'post',(array) $tag_slug_args);

}
add_action( 'init', '_re_register_post_tag_taxonomy', 1 );

上記のコードを追加すればページ編集モードでのタグは使いやすくなりましたが、記事一覧での絞り込み検索には対応できません。下図のようにタグによる絞り込みを行うには同様にコード追加してカスタマイズします。

追加するコードは以下のようになります。

function add_post_tag_filter() {
global $post_type;
if ( $post_type == 'post' ) {
wp_dropdown_categories( array(
'show_option_all' => 'タグ一覧',
'orderby' => 'name',
'hide_empty' => 0,
'selected' => get_query_var( 'tag' ),
'name' => 'tag',
'taxonomy' => 'post_tag',
'value_field' => 'slug',
) );
}
}
add_action( 'restrict_manage_posts', 'add_post_tag_filter' );
function reset_post_tag_filter() {
if ( isset( $_GET['tag'] ) && '0' == $_GET['tag'] ) {
unset( $_GET['tag'] );
}
}
add_action( 'load-edit.php', 'reset_post_tag_filter' );
TaxoPress

「TaxoPress」を使用すると、タグ、カテゴリ、およびすべてのWordPress分類用語を作成および管理できます。「TaxoPress」プラグインを使用すると、新しい分類法を作成して、任意の投稿タイプに追加できます。

xili-tidy-tags

「xili-tidy-tags」はタグをグループ分けしてウィジェット(サイドバー等)表示してくれます。デフォルトではタグはランダムに表示され、まとまりがなく解りずらいと言えます。「xili-tidy-tags」を利用すればタグをグループ分けしてくれるので見やすくなります。

Cool Tag Cloud

「Cool Tag Cloud」はカテゴリーやタグを見やすく表示してくれます。デフォルトではテキスト表示だけのことも多く少し目立ちません、「Cool Tag Cloud」を使うとデザインしてくれ目につくようにしてくれます。