BackWPup WordPressをバックアップするWordPressプラグインの使い方

BackWPup

BackWPup

BackWPup は自動で定期的にWordPrssのバックアップを取ってくれるプラグインです。このプラグインをインストールすればサイトのバックアップをとることができます。HTMLで記述しているWEBサイトでは一般的にローカルPCでページを作成しFTPソフトを使ってWEBサーバにアップロードするので自然とローカルPCにコンテンツが残っていますが、WordPressはWEBサーバ上で編集するためバックアップがありません。

BackWPup の概要

HTMLで記述しているWEBサイトでは一般的にローカルPCでページを作成しFTPソフトを使ってWEBサーバにアップロードするので自然とローカルPCにコンテンツが残っていますが、WordPressはWEBサーバ上で編集するためバックアップがありません。また、WordPressはWEBサーバ上に専用のフォルダが形成されテーマやプラグインが格納され、SQLデータベース連携されます。そのためフォルダとデータベースをバックアップすることが必要です。バックアップをする方法としてはWordPressはプラグインを利用する、手動でデータベースやフォルダを操作するなどがあり、サイトのボリュームや更新頻度などで決めることが望ましいといえます。

そこで、自動で定期的にバックアップしてくれるプラグインでトラブルに備えておきましょう。バックアップの注意点は、容量が大きすぎると、処理に時間がかかり、制限に引っかかって、タイムアウトエラーになってしまう事があります。

WordPress.org BackWPup
バージョン3.10.0
最終更新4日前
有効インストール700000
WordPressバージョン3.9以上
検証バージョン5.8.2
PHPバージョン5.6以上
BackWPup の概要 2021年12月現在

※ BackWPup は自動で定期的にWordPrssのバックアップを取ってくれます。

BackWPupの使い方

BackWPup のバックアップは使用にあたって制限事項と注意点があります。

  • WordPress 3.2 以上
  • DBバックアップ機能を利用する場合:PHP 5.3.3 以上 + MySQLi が必須。(機能を利用しない場合は、PHP 5.2.6 以上)
  • レンタルサーバーのCPU占有率の制限や、PHPの最大実行時間の制限を考慮する
  • 容量が大きすぎると、処理に時間がかかり、制限に引っかかって、タイムアウトエラーになってしまう事を考慮する

バックアップの保存先

バックアップファイルの保存先は下記から選択することができます。

  • メール(バックアップファイルが大きなるとエラーになります)
  • FTPサーバ(WordPressインストールフォルダ内)にバックアップできる
  • クラウドサービスにバックアップできる

バックアップの復元

BackWPup には復元の機能は未だ実装されていません、手動で復元することになります。事前に「データベース」と「サーバ上のファイル」をダウンロードしておきます。あとは以下のステップで作業します。

  • サーバ上のファイルを復元(バックアップファイルを解凍後、FTPソフトを使ってアップロードします)
  • データベースの復元(データベースのインポート)

BackWPup のインストール

「BackWPup」をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加と進みます。

「Page Builder」のインストール
Page Builder のインストール

検索 → BackWPup で検索 → インストール → 有効化すれば利用できるようになります。

エラーの対処

プラグインはインストール時や更新時にエラーを起こしてしまうことがあります。エラーによってはサイトが表示できなくなるだけではなく、WordPressにログインできなくなったりWEBサイトを利用できなくなったりすることもあります。

プラグインのエラーが発生した時の回復方法

プラグインの更新中は自動的にメンテナンスモードになりサイトにアクセスできなくなります。更新が終了すれば自動的にメンテナンスモードが解除されアクセスできるようになっています。更新中に何らかの原因で失敗してしまうとメンテナンスモードが解除されずアクセスできないといった状態になるわけです。対処としては次の2つが代表的なものになっています。

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインとは機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)
メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他と競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれるサポートが途中で終わるものもある
プラグイン導入のメリット・デメリット

Promotion

DeeBoard 〜買い切り3万円のGA4レポート〜

ECサイト用レポートなら収益や注文率まで分かる!

商品別、性別、年齢別、デバイス別、曜日別、地域別の売上分析や、
商品詳細ページの表示回数×カート追加数の分析などが可能です。